注目の記事 PICK UP!

まるで戦場にいるような錯覚におちいるリアルな戦争映画ベストテン

 第11位 スターリングラード

136731_01


2001年日本公開のアメリカ・ドイツ・イギリス・アイルランド合作
監督 ジャン=ジャック・アノー(薔薇の名前、セブン・イヤーズ・イン・チベット)
原作 ウィリアム・クレイグ
出演 ジュード・ロウ(ガタカグランド・ブダペスト・ホテルA.I.シャーロック・ホームズの冒険
ジョセフ・ファインズ(恋に落ちたシェイクスピア)
エド・ハリス(アポロ13、スノーピアサー
レイチェル・ワイズ(ナイロビの蜂)

スターリングラード(2000) 予告編

第二次世界大戦、ソビエトの実在の狙撃兵ヴァシリ・ザイツェフ(ジュード・ロウ)を描いた戦争映画だ。

舞台は当時のスターリングラード(ヴォルゴグラード)、ナチス ドイツとの戦いに苦戦するソ連に救世主のごとく現れた狙撃兵ヴァシリ。

彼は次々とドイツ兵を殺害し、敗戦濃厚であったソ連軍を勇気づける。そしてソ連共産党の機関紙で宣伝され一躍 国の英雄となるんだ。

o0588026613180299093

ところがドイツ軍も負けてはいない、天才的狙撃手ケーニッヒ少佐(エド・ハリス)を投入する。

そしてヴァシリとケーニッヒの一騎打ちが始まる・・・・果たして勝つのはどちらか?

少し前に映画アメリカンスナイパーが大ヒットした。狙撃兵の苦悩を描いた映画だが、それにも劣らない臨場感が伝わってくる。

e0039835_20135477

ジャン=ジャック・アノー監督の緻密な演出と、悲惨な戦場が素晴らしい映像で描写される。

ドイツ軍のケーニッヒ少佐は実在の人物ではなく、ソ連の創作であると言われている。さてあなたはどう見るか。

第10位 ゼロ・ダーク・サーティ

161059_02

2013年日本公開のアメリカ映画
監督 キャスリン・ビグロー(ハート・ロッカー)
脚本 マーク・ボール
出演 ジェシカ・チャステイン(インターステラーオデッセイクリムゾン・ピーク
ジェイソン・クラーク(猿の惑星 新世紀ターミネーター新起動
ジョエル・エドガートン(エクソダス:神と王

映画『ゼロ・ダーク・サーティ』予告編

監督のキャスリン・ビグローは前作の「ハート・ロッカー」で第82回アカデミー賞で6部門を獲得している。

今回の作品も前作と同様 戦争をテーマにしており、とても女性監督とは思われない男くさい映像が随所に出てくる・・・サスペンス映画を観ているようで面白い。

この物語はアルカイーダの指導者ウサーマ・ビン・ラーディンを見つけ出し殺害するまでのいきさつをアメリカ中央情報局(CIA)の女性分析官マヤ(ジェシカ・チャステイン)の目を通して描かれている。

20130304225421

ウサーマ・ビン・ラーディンはパキスタンに潜伏していることはある程度分かっていたが、家族とともに大豪邸に住んでいるとは考えもつかなかった。

CIAは必死に彼の行方を捜索したがなかなか確かな情報は得られなかった。

たまたま彼の部下のその部下から有力な情報が得られ、ある邸宅が浮かび上がってくる。その邸宅を衛星画像などで何か月も監視したが動きは見られなかった。

20131210202041

マヤは上司を動かし、オバマ大統領の了解を得る。そしてゼロ・ダーク・サーティ(真夜中の0時半)にヘリコプター数機で屋敷を急襲する。

果たして思惑通り、彼はそこにいたのか?

ウサーマ・ビン・ラーディンの殺害は夜中にも関わらず、オバマ大統領の口から全米に報告された。そしてその後彼の遺体は水葬されたと言われている。

詳しいレビューは「ゼロ・ダーク・サーティ」を見てね。

第9位 フルメタル・ジャケット

132859_01

1988年日本公開のアメリカ・イギリス合作映画
監督 スタンリー・キューブリック(2001年宇宙の旅シャイニング
原作 グスタフ・ハスフォード
出演 マシュー・モディーン(スティーブ・ジョブズ
ヴィンセント・ドノフリオ(ジュラシック・ワールドセル
R・リー・アーメイ(セブン

フルメタル・ジャケット 予告編

スタンリー・キューブリック監督の「戦争そのものを映画にしたい」と言う熱意が伝わってくるような激しい映画だ。

前半後半と二部に分かれた構成になっている。舞台はベトナム戦争時で、前半はアメリカ海兵隊に志願してきた青年達が、ハートマン鬼軍曹(R・リー・アーメイ)に徹底的にしごかれる。

bb592dc1

鬼軍曹は新兵を殴る蹴るの体罰を加え、卑猥な言葉で激しく罵倒する。この言葉が卑猥すぎて翻訳するのも大変だったと思う。

この鬼軍曹のしごきに心の弱い者は精神に異常を来してゆく、そしてある新兵(ヴィンセント・ドノフリオ)が卒業式の夜に鬼軍曹を射殺し自分も自殺する。

20150812112207_1

第二部は一人前の海兵隊員になった若者達はベトナムの戦場に送られる。彼ら小隊は市街地へ敵の情勢を探りに出かけるが、運悪く小隊長も、分隊長も敵に殺されてしまう。

残ったジョーカー(マシュー・モディーン)達はこの難局をどうやって切り抜けてゆくのか・・・。

第8位 シン・レッド・ライン

132277_01

1999年日本公開のアメリカ映画
監督 テレンス・マリック(ツリー・オブ・ライフ)
原作 ジェームズ・ジョーンズ
出演 ジム・カヴィーゼル(パッション、PERSON of INTEREST)
ショーン・ペン(LIFE!、ザ・ガンマン)
エイドリアン・ブロディ(戦場のピアニスト、プレデターズグランド・ブダペスト・ホテル
ジョン・キューザック(アイデンティティー推理作家ポー最後の5日間

The Thin Red Line – Trailer – (1998) – HQ

太平洋戦争の激戦地ガダルカナル島の戦いを描いている。ここで日本軍と連合軍の熾烈な戦いが始まる。

この作品は第71回アカデミー賞7部門にノミネートされ、第49回ベルリン国際映画祭にて金熊賞を獲得した秀作だ。

137614558213113103803_sinnreddorainn1

そうそうたるメンバーが出演している。主演のウィット二等兵を演じるジム・カヴィーゼルはこの作品が初めての主演となり、その後の活躍が目覚ましい。

この映画は一般的な戦争映画と異なり、兵士一人ひとりの心情が伝わってくる。自然の風景は心が洗われるほどに美しく、高台の風景、空、海、ジャングル、川の流れ、風にそよぐ草木・・・そんな中で死闘が繰り広げられる。

original

上官と対立する部下、逃避行を選択する兵士・・・・戦争を賛美する映画ではなく、戦争の実態を淡々と表現する。

大ヒットはしなかったけど、たまにはこんな戦争映画を観ることをお薦めする。

第7位 フューリー

スクリーンショット-2014-12-01-17.14.261

2014年日本公開のアメリカ映画
監督 テヴッド・エアー
脚本 テヴッド・エアー
出演 ブラッド・ピット(12モンキーズセブン、マネー・ショート)
シャイア・ラブーフ(トランスフォーマーシリーズ、イーグル・アイ)
ローガン・ラーマン(ノア 約束の舟
マイケル・ペーニャ(アントマンオデッセイ

映画『フューリー』予告編

第二次世界大戦、連合国がドイツ軍に最後の戦いを挑んだ1945年が舞台になっている。

戦車と乗組員たちのドラマなんだ。戦争の悲惨さ残忍さが伝わってくる。

死体が起き上がってくるのを恐れて、死体にまでも弾を撃ち込む。敵兵の死体の上を平気で踏みつぶして進む戦車部隊・・・もうそこには人間の理性と言うものはない。

ba88ce0a51f26cf7

敵の少年兵を打ち殺すことをためらったため、戦車が1輌 犠牲となる。戦場では、やるかやられるかしかないことを新兵ノーマン(ローガン・ラーマン)は知る。

戦車長のコリアー軍曹(ブラッド・ピット)はフューリー(怒りあるいは復讐の女神)と名付けた戦車をこよなく愛している。乗組員は彼を含めて5人になる。

The Beetfield Battle with the Fury Tank in Columbia Pictures' FURY.

ドイツ軍の最強戦車ティーガーⅠと4台のシャーマン戦車との戦いが圧巻だ。1台の戦車にシャーマン戦車3台が破壊されてしまう。

フューリーはティーガーⅠをギリギリのところで葬る。仲間がいなくなっても任務は遂行しなければならない。目的の交差点に差し掛かったところ地雷によってキャタピラーが壊れ、立ち往生してしまう。

そこに300名のドイツ兵が交差点に向かって行進してくる、果たしてフューリーはどうなるのか。

この映画はブラッド・ピットがもの凄くかっこいい。部下には強い態度で臨むが、心の中はぼろぼろでやっと平常心が保たれている。

新米兵士ノーマンの視点で戦争が語られてゆく・・・・しかし彼は最後まで生き残り、自分の意志とは逆に英雄になる。戦争の残酷さが伝わる秀作だと思う。

詳しいレビューは「フューリー」を見てね。

 

第6位 ブラックホーク・ダウン

138509_01

2002年日本公開のアメリカ映画
監督 リドリー・スコット(ブレードランナーブラック・レインプロメテウスオデッセイ
脚本 ケン・ノーラン
原作 マーク・ボウデン
出演 ジョシュ・ハートネット(ブラック・ダリア)
ユアン・マクレガー(スター・ウォーズシリーズ、8月の家族たち
エリック・バナ(ローン・サバイバーNY心霊捜査官
オーランド・ブルーム(ロード・オブ・ザ・リングホビット
トム・ハーディ(インセプションマッドマックス裏切りのサーカスレヴェナント

Black Hawk Down (2001) – Official Trailer [HD]

何回観てもすごい映画だ、お薦めだ是非観てほしい。

リアリティを追及するためにCG(コンピューターグラフィックス)を多用している。でも映像を見ていると実写とCGはほとんど区別がつかない。ヘリコプターもCGらしい。

236636view004

1993年に実際に起こったソマリアでの「モガディシュの戦い」が描かれている。ソマリア内戦に超大国の多国籍軍が介入する。

当初は簡単な作戦で、和平に反対するアイディード将軍の副官2名を捕えるため、100名の特殊部隊をソマリアの首都モガディシュに投入した。そして一時間足らずで作戦は完了する予定だった。

ところが2機のヘリコプター ブラックホーク(UH-60)が敵の民兵が放ったロケット弾で撃ち落とされてしまう。

敵の真っただ中に取り残された兵士たちを助け出すために、新鋭部隊が投入されるが、おびただしい数の民兵との市街戦に持ち込まれ、アメリカ軍を中心とする多国籍軍は甚大な損害を出す。

S4Vjqgt

そもそも白昼堂々と市街地の中心にヘリコプターを乗り付けること自体がおかしい。民兵を過小評価し、圧倒的に有利な装備を持つ多国籍軍を過大評価したことが作戦の失敗につながった。

この作品はアカデミー賞に4部門ノミネートされ、2部門賞を獲得している。

詳しいレビューは「ブラックホーク・ダウン」を見てね。

第5位 アメリカン・スナイパー

166568_01

2015年日本公開のアメリカ映画
監督 クリント・イーストウッド(父親たちの星条旗、硫黄島からの手紙、ジャージー・ボーイズ、ハドソン川の奇跡
脚本 ジェイソン・ホール
原作 クリス・カイル「ネイビー・シールズ最強の狙撃手」
出演 ●ブラッドリー・クーパー(ハングオーバー、リミットレス、世界にひとつのプレイブック、二ツ星の料理人
●ジエナ・ミラー(アルフィー)

映画『アメリカン・スナイパー』予告編

この映画は前評判が高かったので、急いで娘を連れて劇場に出かけた。

素晴らしい映画だったが、この映画のモデルになったクリス・カイルは不慮の事故で38歳の若さで亡くなっている。したがってエンドロールは音のないまま画面が流れる・・・重苦しい時間帯だった。

決して後味のいい映画ではない、戦争を賛美しているとも思われない。まあ観る人が判断すればいいと思う。

title

モデルとなったクリス・カイルは4度のイラク戦争に従軍したネイビー・シールズ最強の狙撃手で公式には160人のイラク兵を射殺している。

彼が部隊の背後から兵士を守ってくれればこんなに心強いことはない。仲間からは「レジェンド」と呼ばれるのもうなずける。

しかし彼は狙撃する相手が敵か味方か判断するのにギリギリまで迷うことがある。さらに敵であれば女・子供も容赦なく撃たなければならない。

tab2-photo2

彼の心はこの重圧によって少しずつ蝕まれてゆく。そして本国に戻ってからPTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩ませられる。

このクリス・カイルを演じるのにブラッドリー・クーパーは重量感のある筋肉デブに変身している。また職業軍人と言っていいほどベテラン兵士になりきっている。

23212

彼の役者魂のすごさを感じる、また高齢のクリント・イーストウッドがこんなにリアリティの高い戦争ドラマを作り上げるなんて、彼のバイタリティーにも感心する。

まあじっくり観てほしい映画だ。

詳しいレビューは「アメリカン・スナイパー」を見てね。

 

第4位 地獄の黙示録

51EV591BM1L

1980年日本公開のアメリカ映画
監督 フランシス・フォード・コッポラ(ドラキュラ、ゴッドファーザーシリーズ、カンバセーション)
原作 ジョゼフ・コンラッド「闇の奥」
出演 マーロン・ブランド(波止場、欲望という名の電車)
ロバート・デュヴァル(M★A★S★Hマッシュ、クレイジー・ハート)
マーティン・シーン(ウォール街、ザ・ホワイトハウス)
デニス・ホッパー(イージー・ライダー、ブルーベルベット、スピード

地獄の黙示録特別完全版 日本版予告編 Apocalypse Now Redux Japan Trailer

もう30年以上前の古い映画になってしまったが、いまだに強烈なインパクトが残っている。

戦争映画としては不思議なドラマでサスペンス映画と言ったほうがいいのかも知れない。

戦争に取り付かれた異常で残虐な兵士・指揮官たちが出てくる。

舞台はベトナム戦争の後期、アメリカ陸軍空挺士官のウィラード大尉はある重要人物の殺害を軍上層部から命令される。

086d8a61

彼は部下たちと河川哨戒艇に乗り込み、川を上流に向かってゆく。その途中で色々な出来事に遭遇する。まさにディズニーランドのジャングルクルーズに乗り込んだように行く手には何が出てくるか分からない。

サーフィンをするためにベトコンの基地を襲撃し破壊する陸軍ヘリ部隊の司令官。

ジャングルの兵士の慰労のために突如現れた2名のプレイメイト。ステージに押し寄せた兵士達に恐怖を感じ、女たちは慌ててヘリコプターで非難する。

指揮官抜きで戦い続ける最前線の兵士達、そして麻薬に溺れてゆく哨戒艇の兵士。

ウィラード大尉が殺害を命じられたのは、元グリーベレーのカーツ大佐(マーロン・ブランド)であった。彼は軍の命令を無視してカンボジアのジャングルに独立帝国を築いていた。

ウィラード大尉はカーツ大佐に捕まり監禁されるが、果たして目的を達成することが出来るのか・・・。

この大作には若いころの、ハリソン・フォードやローレンス・フィッシュバーンが出ているから見逃せない。

カーツ大佐は何故軍紀違反を犯してまで独立帝国を築こうとしたのか・・・そして彼を殺しに来たウィラード大尉はカーツの心の奥底に何を見るのか・・・。

 

第3位 プラトーン

505e11788b133ba6d2004906524b12bc

1987年日本公開のアメリカ映画
監督 オリバー・ストーン(ウォール街、7月4日に生まれて、JFK、スノーデン
脚本 オリバー・ストーン
出演 チャーリー・シーン(メジャーリーグ、アライバル)
ウィレム・デフォー(誰よりも狙われた男グランド・ブダペスト・ホテルジョン・ウィック
トム・ベレンジャー(戦争の犬たち、山猫は眠らない)
フォレスト・ウィテカー(バンデージ・ポイント、96時間/レクイエム、ローグ・ワン
ジョニー・デップ(パイレーツ・オブ・カリビアン、トランセンデンスナインスゲートフロム・ヘルシザーハンズ

プラトーン Platoon 1986

今までの戦争映画は、対岸から眺めているような感じだったが、この映画は自分がまるで戦場に立っているような錯覚を受けるほど臨場感のあるトリ肌(鳥肌が立つほどすごい)映画だ。

実はオリバー・ストーン監督はベトナム帰還兵なんだ、だから自分の実体験をこの映画に全て注ぎ込んでいる。

20373view002

戦争は実にむごたらしいものであることをさらけ出す。アメリカ兵によるベトナム民間人への虐待のかずかず、そして仲間内での殺人や、麻薬汚染などきりがない。

舞台は1967年の南ベトナム、アメリカ合衆国陸軍に志願してきたクリス・テイラー(チャーリー・シーン)が新兵としてベトナムにやってくる。

ところがこの戦場は自分が予想していたものとは全く違う別世界であることを痛感する。

b4a16f1caa1d6d0d8a754214f07a2638

ここは鬼軍曹のバーンズ(トム・ベレンジャー)とまだ良心が残っているエリアス軍曹(ウィレム・デフォー)とが仕切る、ブラトーン(小隊)であった。

第59回アカデミー賞で作品賞・監督賞など4部門を獲得している。そしてこの映画はアメリカ国内でも、海外でも大ヒットを記録している。

この作品以降 戦争映画の描き方が特にリアルになったように思う。


フォレスト・ウィテカー

スターになる前のジョニー・デップが端役で出ている、さらにフォレスト・ウィテカーも若い・・・よく見ておいてね。

第2位 ハクソー・リッジ

2017年6月日本公開アメリカ戦争映画
監督 メル・ギブソン(監督作品:ブレイブハート、パッション、ハクソー・リッジ
出演 ●アンドリュー・ガーフィールド(ソーシャル・ネットワーク、アメイジング・スパイダーマン、沈黙-サイレンス-ハクソー・リッジ
●ヴィンス・ヴォーン(ザ・セルハクソー・リッジ
●サム・ワーシントン(ターミネーター4アバター、タイタンの戦い、ハクソー・リッジエベレスト3D
●ヒューゴ・ウィーヴィング(マトリックスシリーズロード・オブ・ザ・リングシリーズ、ホビットシリーズ、クラウド アトラス、ハクソー・リッジ
●テリーサ・パーマー(魔法使いの弟子、ハクソー・リッジ

『ハクソー・リッジ』本予告編

映画を観に行ったけど、涙が止まらなかった。お薦めと言うより、残酷な場面が多いけど見るべき作品だと思う。沖縄戦が舞台となっている。1945年5月のことで僕が生まれるかなり昔の出来事だ。

「ハクソー・リッジ」とはノコギリ(ハクソー)で垂直に切断したような崖(リッジ)のことだ。150mの絶壁を登るとそこで待ち受ける日本兵との壮絶な戦いが待っている。

日本名は前田高地、首里に向かって進軍するアメリカ軍をここで迎え討った。アメリカ軍の先発隊は6回崖を登って攻撃したが、全部撃退され、総崩れとなった・・・日本も死に物狂いだ。

そこに映画の主人公デズモンド・ドス(アンドリュー・ガーフィールド)が属する第77師団が後を受け継ぐことになる。

「ハクソー・リッジ」は血で血を洗う白兵戦(銃、銃剣、手りゅう弾、ナイフによる接近肉弾戦)で両軍とも大きな損害を出している。

デズモンドは衛生兵としてこんな激戦地で武器を持たず、負傷兵を次から次へと救出する。助からないと思われるような重傷兵や日本兵までも含まれていた。

彼は敵弾をかいくぐりながら75名もの負傷兵を救出している。この行いには驚嘆するし、「私は人を殺さない、人を助ける」との信念には頭が下がる。

彼は銃弾の雨の中をただ一人走り回るが、弾が当たらずに生還できたのは、何か超自然的な力(神か)が働いたのかもしれない。そんなデズモンドも最後には負傷してしまう。

彼は5月21日に戦場を去り、日本は8月15日の終戦を迎える。そしてデズモンドは10月12日にトルーマン大統領から「良心的兵役拒否者」として初めて名誉勲章を授与される。

彼の物語を通して、戦争とは何なのか、どうして人は人を殺さなければならないのかと素朴な疑問がわき起こってくる。まれにみる傑作だ・・・是非映画館へ足を運んでほしい。

詳しいレビューは「ハクソー・リッジ」を見てね。

 

第1位 プライベート・ライアン

116442_01

1998年日本公開のアメリカ映画
監督 スティーヴン・スピルバーグ(マイノリティ・リポートジュラシック・パークブリッジ・オブ・スパイ
脚本 ロバート・ロダット
出演 ●トム・ハンクス(ダ・ヴィンチ・コード、インフェルノ、クラウドアトラス、ハドソン川の奇跡
エドワード・バーンズ
●マット・デイモン(グッド・ウィル・ハンティングインターステラーオデッセイジェイソン・ボーン

プライベート・ライアン 予告編  (2)

この映画はけっこうグロい場面が多く、スティーヴン・スピルバーグ監督がリアルなシーンを追及した結果だと思う。特にノルマンディー上陸作戦では海辺で多数の兵士が撃ち殺され海が血で染まるシーンが生々しい。

b0217643_206755

普通のアットホームなスピルバーグ映画だと思って観ると、びっくりする。

さらにリアルさを求めたため主演のトム・ハンクスらは相当にきつい軍隊同様の訓練を受けさせられたエピソードが残っている。

このリアルさが受けたのか、この映画は世界中で大ヒットし、戦争映画の興行収入記録を塗り替えている。

saving-private-ryan02-810-538

ストーリーは一言で言うと、ライアン二等兵(マット・デイモン)の救出劇になる。

軍隊には、よく知らなかったがソウル・サバイバー・ポリシーと言うルールがあって、軍隊に所属している兄弟を全員 戦死させてはいけない決まりになっている。

ライアン二等兵の兄3人が戦死したため、彼を無事に祖国に送り届けるのが、ミラー大尉(トム・ハンクス)の使命になる。

o0800035613362946765

彼は苦労してライアン二等兵を探し出し、本部に帰還しようとするのだが、その途中で・・・敵の軍隊に遭遇する。

ライアン二等兵を救出するために多くの兵士が犠牲になるのはおかしいと感じるが、軍隊とは融通のきかない組織なんだと思う。

アカデミー賞11部門にノミネートされ、監督賞をはじめ5部門で受賞している。

まだ見てない人は一見の価値がある是非お薦めだ。あのヴィン・ディーゼルも出ているから見逃せないね。

 

まとめ

7b8a7ce9b3951d02c92c31d35fda1c93dd266ae6.56.2.9.2

戦争映画ベストテンをまとめてみた。過去の戦争映画は戦争を美化したり、英雄視したりするものが少なくなかったように思う。

ところが最近の風潮は戦争のリアリズムを前面に押し出し、視聴者に戦争とは何かを判断させるような映画が増えてきた。


戦争とはかっこいいものではなくて、勝者もいないことがよく分かる。いまだに世界各地で紛争が起こっているけど、いつまでたっても戦争は無くならないのかな、と考えさせられる。


今回、「ディアハンター」とか「ハンバーガー・ヒル」「硫黄島からの手紙」「ウインドトーカーズ」とか載せてない名作はまだまだ多い。またの機会に第二弾をまとめてみたい・・・・と思うけど、いつのことになるやら。

ああ、そうそう近日公開の「ハクソー・リッジ」も見てきたからね。

TATSUTATSU

映画[ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦]感想・評価‐残酷すぎてもう二度と見たくない

映画「ダンケルク」感想・評価‐クリストファー・ノーラン監督の戦争サスペンスドラマ

映画「ハクソー・リッジ」感想・評価-涙が止まらないヒューマンドラマだ

お薦めSFパニック映画ベスト20‐将来人類は滅亡するかも知れない

恐ろしい管理社会映画ベスト20‐ディストピア世界には生きたくない

 

 

 

関連記事

  1. 世界の往年の映画男優ベスト30:あなたの好きな俳優すべてみせます

  2. サイバー犯罪映画ベストテン:あなたの身近に迫りくる凶悪ハッカーから身を守れ

  3. 懐かしい日本の怪奇空想科学映画ベストテン!今見ても怖いよ、日本の特撮は凄かった

  4. フランシス・レイ映画音楽ベストテン‐心が洗われる美ミュージックを聴け

  5. 新海誠監督代表作ベストテン:「君の名は」につながる「言の葉の庭」「秒速5センチメートル」「星を追う子…

  6. カッコよくてリアルなお薦め刑事映画ベストテン:バイオレンス・アクション・グロさ満載

  7. 恐ろしい地球外生命体映画ベスト20‐宇宙人とのコンタクトは危険だ

  8. トラウマになるほとグロいお薦め映画ベスト80!悪夢で眠れないよ!

  9. みごとにはまるどんでん返し映画ベストテン!結末はないしょだよ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

樹木希林さん追悼映画

グロイお薦め映画

最近の記事

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

特集記事:お薦め ベストテン

特集記事:ホラー特集