戦争映画

映画「ローン・サバイバー」感想・評価:映画じゃなくテレビドラマでもよかったんじゃない

サマリー


映画『ローン・サバイバー』予告編

2013年に公開されたアメリカ映画で、監督はピーター・バーグ、主演はマーク・ウォールバーグである。アメリカ海軍の特殊部隊ネイビーシールズの惨事を映画化した作品である。

奇跡の生還を果たした元隊員の手記「アフガン、たった一人の生還」が原作となっている。

ストーリー

ストーリーを少し紹介すると、タリバン幹部の動静をさぐるためにアフガニスタンの山岳地帯に4名の隊員が覇権された。

ところが任務の途中に羊飼い3名と遭遇し、この羊飼いを一旦は拘束したが、話し合いの末解放したことから悲劇が生まれる。

羊飼いに密告されたらしく、200名のタリバン兵に囲まれてしまう。絶体絶命状況から生還すべく戦いが始まる。

レビュー

映画に賛否両論あるものの、僕はこの単純なストーリーに時間と金をかけてまで映画にする必要があったのかどうか疑問に思う。

テレビドラマでもいいじゃないかと思う。

最初から生還者は主役のウォールバーグであることが分かっちゃっているので面白くない。

 

彼らを救助に来た輸送ヘリが本来武装ヘリのアパッチに護衛されて一緒に行動しなければならないのだが、単独で行動しタリバンに撃墜されてしまう。

多くの人命が一瞬で散ってしまい、この行動に何の意味があったのか良く分からない。(軍規を守っていればこんな悲劇はおきないはず。)

マーカス・ラトレル一等兵(ウォールバーグ)は追い立てられ、あわやと言うところで村人に助けられる。この村人たちははタリバンと敵対する。アフガニスタンにもいい人々がいることをアピールしたかったのか良く分からない。

映画では、全体を通し何を訴えたかったのか良く分からない。4人と200人では戦いの結果は分かっている。降伏する手立てもあったのではないか。

また降伏するくらいなら死を選ぶのがネイビーシールズのおきてなのか。テレビでガンガン宣伝していたので、これは期待出来そうな作品ではないかと思っていただけに、「なに、これ!」って感じでした。

かなり厳しい言い方をしましたが、映画を観ての正直な感想なのでご勘弁を。

TATSUTATSU

ローン・サバイバー [Blu-ray]

 

マーク・ウォールバーグ
ポニーキャニオン
2014-09-02

 

関連記事

  1. 戦争映画

    映画「ブラックホーク・ダウン」感想・評価‐戦争を疑似体験できる凄い映画だね

    【サマリー】2002年日本で公開されたアメリカ戦争映画、監督はリドリー…

  2. 戦争映画

    映画「ハクソー・リッジ」感想・評価-涙が止まらないヒューマンドラマだ

    サマリー2017年6月日本公開アメリカ戦争映画…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

最近の記事

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  1. カギ猫シロちゃん老犬ラブラドールを起こす(早く遊んでよね)
  2. 海外ドラマ

    海外ドラマ「インスティンクト-異常犯罪捜査-」感想・評価:ゲイの教授と勝気な美人…
  3. アニメ

    アニメ映画「攻殻機動隊 新劇場版」感想・解説‐電脳を犯されるウイルスと遠隔操作義…
  4. ラブラドール

    老犬ラブラドール ファミリーマートに行く(美味しいものあげるよ)
  5. ヒューマンドラマ

    映画「Onceダブリンの街角で」感想・評価:音楽の素晴らしさが感動を生む男と女の…
PAGE TOP