SF

映画「インセプション」感想・評価:常識を覆す映像に酔いしれる夢の中で何をするのか

サマリー


2010年公開のアメリカ映画、監督はクリストファー・ノーラン、主役はレオナルド・ディカプリオである。

映画『インセプション』予告編

 

ディカプリオ ファンにはたまらない作品で、彼のカッコよさが全面に出ている。また、作品のアイデアが斬新でそれを映像化する技術もすばらしいの一語に尽きる。お薦め映画です、是非映像美を楽しんでほしい。

町が向うの端からこちらにめくりあがって来るシーンは実に有名になった・・・凄いね。そして渡辺謙が出演している。

ストーリー

ストーリーを少し紹介すると、主役のドム・コブ(レオナルド・ディカプリオ)は人の「夢」に入り込むことによってアイデアを盗み取る産業スパイである。

大企業の社長サイトー(渡辺謙)はライバル会社の社長の息子ロバート(キリアン・マーフィー)に都合の良い情報を「植え付ける」(インセプション)ことを依頼する。

その情報とは自分の会社を解体する方向に舵をきらせることであり、その考えを潜在意識に植え付ける。コブはこの難しい仕事を引き受ける。そして昔の仲間たちを呼び寄せチームを結成する。

最強のメンバーとは

アーサー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)・・・・・・・・・・コブの相棒

アリアドネ(エレン・ペイジ)・・・・・・・・夢の世界を構築する設計士

イームス(トム・ハーディ)・・・・・・・・・夢の中で他人に成りすます偽装師

ユスフ(ディリープ・ラオ)・・・・・・・・・・夢を安定させる鎮静剤を作る調合師

そして依頼主サイトー

彼らはうまくロバートの夢の中に潜り込んだ、ところが彼の夢の中には彼を守る護衛部隊がいた。

護衛部隊にコブたちは仕事を邪魔され苦戦する。そして夢の中での銃撃戦によってサイトーは負傷する。夢の中は各層に分かれており、最も深い層(少なくとも三層)に情報を植え付けなければ見破られてしまう。

また、夢の中には自殺したコブの妻モル(マリオン・コティヤール)が現れコブに取りつき、ことごとく仕事を邪魔する。果たしてこのミッションは成功するのかどうか観てのお楽しみである。

レビュー

夢の中の時間は現実と違って、ゆっくりと進むスローモーションのように。現実の世界で眠ることによって第一層の夢に落ちてゆく。

第一層の夢の中では車に乗っている、この車の中で眠ると第二層の夢はビルの中にいる。そしてこのビルの一室で眠ることによってさらに第三層の夢にはいってゆく。

第三層の夢は雪の中にそびえたつ要塞である。これらの夢は独立しつつ関連している。それぞれの層には起きている人間がいて、眠っている人間を管理・護衛している。

夢の中では、ここが夢か現実か判断出来ない、判断するためには「こま」を持って行く、夢の中では、こまは回り続ける。

負傷したサイトーは第三層の夢の中で死んでしまう。深い層で死んだ場合、現実に戻れなくなってしまう。つまり現実の世界では昏睡状態におちいることになる。

コブはサイトーの夢に潜り込み彼を救出しに行く・・・・・・この話が冒頭に出てくる。このシーンは実に面白い、サイトーは無事に戻れるのか?

cc7a5bd0

将来夢を操るようなことが現実に出来るようになるのかもしれない。夢は潜在意識のあらわれであり、眠ることによって脳が情報処理をしていると言われている。そして現実のつらい出来事を記憶の底にうめこんでしまう。そうでもしなければ毎日生きてゆけない。

夢ぐらい誰にも知られずに楽しく見たいものである。そういえば最近睡眠不足で夢らしい夢を見てないんだけど・・・・・。

TATSUTATSU

関連 渡辺謙出演 ゴジラ
    トム・ハーディ出演 ブラック・ホーク・ダウン  裏切りのサーカス    
キリアン・マーフィー出演 レッド・ライト トランセンデンス
クリストファー・ノーラン  インターステラー
    マリオン・コティヤール  リトルプリンス

 

インセプション [DVD]

レオナルド・ディカプリオ
ワーナー・ホーム・ビデオ
2011-07-20

 

 

関連記事

  1. SF

    映画「ライフLife」感想・評価‐火星の生命体は人類を破滅させる怪物か

    サマリー2017年7月日本公開のアメリカ・イギリス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  1. 海外ドラマ

    海外ドラマ「インスティンクト-異常犯罪捜査-」感想・評価:ゲイの教授と勝気な美人…
  2. 邦画

    映画「残穢(ざんえ)-住んではいけない部屋-」感想・評価:誰しも一生に一度は経験…
  3. ラブラドール

    老犬ラブラドール マクドナルドに行く(お姉ちゃんのポテトを買いに)
  4. サスペンス

    映画「ナイトクローラー」感想・評価‐ジェイク・ギレンホールが演じるルーは現代社会…
  5. 邦画

    映画「深夜食堂」感想・評価‐小林薫がマンガから抜け出てきたような映画だね
PAGE TOP