注目の記事 PICK UP!

海外ドラマ「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」感想・評価‐上質でアメリカの暗部をえぐる刑事ドラマだ

サマリー


テレビドラマとは思えないほど豪華で見応えのある刑事物語だ。

映画でも主役を張れる、マシュー・マコノヒーとウディ・ハレルソンがW主演を務める・・・・これだけでも凄い。

海外ドラマ「TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ <ファースト・シーズン>」予告編

 

テレビドラマと映画の垣根が限りなく低くなっている昨今だね。最近ではケビン・ベーコンの「ザ・フォロイング」、マット・ディロンの「ウェイワード・パインズ」などが有名だ。

Matthew-McConaughey-640x360

物語は悪魔崇拝といけにえの少女、児童誘拐と幼児性愛者など重苦しいアメリカの暗部が描かれているからけっしてスタイリッシュなカッコイイ刑事ドラマではない。

かえって主役たちの人間としての堕落した部分がエピソードとして描かれる。

でも二人とも品行方正で良き人間ではないが、犯罪者に対しては人生をかけてでも、どんな手段を使ってでも鉄槌を振り下ろす。

ここがこのドラマの「胆(キモ)」であり、全米で大ヒットを記録した要因ではないだろーか。

灰色でざらざらした感触を持ったドラマだが、観てるうちにどんどん引き込まれる。出来れば8時間ぶっ通しで見ることをお薦めする。

92c0e8fa

「TRUE DETECTIVE」とは「本当の刑事」あるいは「真の刑事」と言う意味になるのかな。舞台は1995年のルイジアナ州バーミリオン郡、ここで悲惨な猟奇殺人事件が起こる。

被害者は娼婦で、頭に鹿の角で作られた冠をかぶせられ、背中には不可解なシンボル、そして小枝で作った三角錐のような置物があった。

ラスト・コール(マシュー・マコノヒー)とマーティン・ハート(ウディ・ハレルソン)の二人の刑事が犯人捜査を担当する。

o0600036013032118227

そして二人は犯人と思われる男たちを追いつめ殺害する。これにて一件落着したものと思われたが、同じような犯罪が17年後に発生する。

二人の刑事は既に警察を辞めているが、その内の一人コールはアラスカからルイジアナに舞い戻り独自に調査を続けていく。

恐ろしい犯罪には権力者や聖職者がかかわっているようだが果たして、真の犯人は別にまだいるのか、あるいは模倣犯なのか・・・・・。

20160403235313

ここに出てくる二人の刑事が個性的だね。マシュー・マコノヒー扮するコールは刑事としては優秀だが、独善的で誰にも心を開かない嫌われ者だ。

娘を交通事故で亡くし、妻とも離婚している。4年間にわたる麻薬の潜入捜査で心身ともにボロボロになっている。しかも彼には幻覚が見えたり、共感覚(ある刺激に対して、異なる種類の感覚を持つ知覚現象:例えば音に色を感じたり、形に味を感じたりする)も有している。

maxresdefault

また、ウディ・ハレルソン扮するハートは表向きは人望が厚く署でもトップレベルの優秀な刑事だ。家庭でも妻と二人の娘の良き父親を演じている。

ところが、裏では浮気性で若い愛人にのめり込んでいる。それに喧嘩っ早く怒ったら何をするか分らない、キレたら最後、誰にも止められない。

こんな二人が合うはずがない、お互い相棒同士だが水と油ほど性格が異なり、常に衝突する。

story_ph_06

そして二人は2002年のある出来事で完全にキレて大ゲンカしてしまう。コールはこれ以来署を辞め、アラスカに引きこもる。

また、ハートもそれから何年か後に刑事を辞めて私立探偵になる。

16

完全に途切れた二人だが、この二人を鉢合わせたのは再び起こった猟奇事件なんだね。二人は警察の要請によって捜査に協力してゆくのだが・・・・・警察はコールを容疑者の一人として疑い始める。

結末は予想もつかない展開を見せる。

ヒントを1つ言っておくと、最後はケンカ別れした相棒が熱い友情で結ばれてゆくところで幕切れとなる・・・つまりハッピイエンドなんだね。

CeDbRA2UMAA3luP

2014年にアメリカのケーブルテレビ(HBO)で放映されたドラマの第一シーズンだね。原作・脚本が小説家ニック・ピゾラットによるもので、キャリー・フクナガが監督をしている。フクナガはこの作品でエミー賞ドラマ部門の最優秀監督賞を受賞している。

その他、エミー賞では多くの部門が受賞しているし、ゴールデングローブ賞でも多数の部門でノミネートされている。

1409027318_cary-joji-fukunaga-true-detective-article
キャリー・フクナガ監督

主演はマシュー・マコノヒー(コンタクト、リンカーン弁護士、インターステラー追憶の森)、ウディ・ハレルソン(チアーズ、ナチュラル・ボーン・キラーズ)である。

ところでマシュー・マコノヒーと言えば、今最も脂がのった俳優だね。彼は往年の大スター ポール・ニューマンの若いころにそっくりだ・・・これも彼の魅力の一つかな。

i320
ポール・ニューマン(1925年生まれ)

8065345427547740101_0_t_300
マシュー・マコノヒー(1969年生まれ)

海外ドラマ「TRUE DETECTIVE」はシーズンごとに主役や内容が入れ替わる。2015年には第二シーズンが終了している。

第二シーズンのタイトルは「TRUE DETECTIVE/ロサンゼルス」となっており、主な俳優はテイラー・キッチュ(ジョン・カーター、バトルシップ、ローン・サバイバー)、コリン・ファレル(マイノリティ・リポート、アレキサンダー、トータル・リコール)、レイチェル・マクアダムス(アバウト・タイム誰よりも狙われた男リトルプリンス星の王子様と私)、ヴィンス・ヴォーン(ザ・セル)となっている。

第一シーズンが凄かったので、果たして第二シーズンの評判はどうかな・・・僕はまだ観てないけど。
(どうも、大コケしてるような感想を耳にしている?)

TATSUTATSU

true_detective2
第二シーズン「TRUE DETECTIVE/ロサンゼルス」

 

 

TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ 〈ファースト・シーズン〉 コンプリート・ボックス (4枚組) [Blu-ray]
マシュー・マコノヒー
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-04-20

 

TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ 〈セカンド・シーズン〉 コンプリート・ボックス(4枚組) [Blu-ray]
コリン・ファレル
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-05-18

 

 

関連記事

  1. 海外ドラマ「SCORPION/スコーピオン」感想・評価‐ユニークなストーリーで面白そうだ

  2. 海外ドラマ「12モンキーズ」感想・評価:殺人ウイルスをまき散らしたのは誰か未来・現代・過去を探し回る…

  3. 海外ドラマ「SS-GB/エスエス・ゲーベー」感想・評価:ナチスに占領された英国における刑事物語

  4. 海外ドラマ「シャーロック・ホームズの冒険 まだらの紐」感想・評価:原作に忠実なジェレミー・ブレットの…

  5. TVドラマ「ドクター・ハウス最終章」感想:長い間楽しませてくれました残念

  6. 海外ドラマ「SHERLOCK/シャーロック シーズン4」感想・評価:史上最強の犯罪者ユーラスとは何者…

  7. 海外ドラマ「アブセンシア~FBIの疑心~」感想・評価:6年間失踪していたFBI女捜査官が突如現れる彼…

  8. 海外ドラマ「マイノリティ・リポート」感想・評価‐ガッカリな出来で打ち切られるね

  9. TVドラマ「THE BLACKLIST/ブラックリスト1-3」感想・評価‐少しずつスピーディな展開に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

樹木希林さん追悼映画

グロイお薦め映画

最近の記事

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

特集記事:お薦め ベストテン

特集記事:ホラー特集