注目の記事 PICK UP!

映画「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」感想・評価‐過去に戻ることの出来る男の恋愛ドラマ

サマリー


映画『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』予告編

2014年日本公開のイギリス・アメリカ合作映画で、監督はリチャード・カーティス(ラブ・アクチュアリー)、主演はドーナル・グリーソン(ハリー・ポッターシリーズ、スターウォーズ/フォースの覚醒エクス・マキナ)、レイチェル・マクアダムス(誰よりも狙われた男リトルプリンス)である。

内容はSF恋愛コメディで、とぼけた演技のドーナル・グリーソンとチャーミングな女性を演じるレイチェル・マクアダムスが実にいい、観ていて楽しい。また、音楽も最高だ。

時間を過去にさかのぼる事が出来る男が、一目ぼれの彼女を何とか自分のものにするために奮闘する。そして人生を共に過ごすことによってかけがえのない時が流れてゆく。

彼は特殊能力を持っているが故に、かえって時間のありがたみが分る。毎日いいことばかりでは無いがそんな一日一日を味わい尽くすように生きる。

「人生とは何か」を考えさせられる映画であり、そして観終わった後、心が温かくなるお薦めの秀作です。

ストーリー

ストーリーを少し紹介すると、21才の誕生日にティム(ドーナル・グリーソン)は父さん(ビル・ナイ:アイ・フランケンシュタイン)から、我が家系の男は「過去に時間をさかのぼることが出来る特殊能力」を持っていることを打ち明けられる。

ティムは最初、父さんの冗談かと思っていた。過去にさかのぼることは簡単で、暗いところに入ってこぶしに力を入れ、ただ念じるだけでいい。

ティムはクローゼットに入り、父さんを信じ試してみた。目をあけたら確かに時空を超え、大みそかの夜に戻っていた。父さんから、この能力を使うときには気を付けろ、私利私欲で無く本当に必要なときに使えと言われる。

ティムは昨日フラれた初恋の彼女シャーロット(マーゴット・ロビー)に時をさかのぼり再挑戦してみた。彼女にはやっぱりフラれた、特殊能力は彼女の意思まで変えることは出来なかったようだ。

ティムは家を出てロンドンの法律事務所で働くことになった、そして父さんの友人のハリー(トム・ホランダー)宅に居候する。

恋人が欲しいティムはある日ジェイ(ウィル・メリック)と変わったバーに行く、そこは真っ暗な暗闇バーだった。顔は見えないが正面に座った二人組の女性と仲良しになる。

外に出たところ、話し相手になってくれたメアリー(レイチェル・マクアダムス)はとてもきれいで、ティムは夢中になる、そして彼女の電話番号を聞く。

ところが彼はハリーの窮地でその特殊能力を使ってしまったため、メアリーとの出会いが吹っ飛んでしまった。もう彼女と出会うことは出来ないのか。

ふと朝刊を観ていた時に、モデルのケイト・モス写真展の広告が載っていた。彼女はケイト・モスが好きなことを思い出し、写真展に通い詰める。

でも彼女がなかなか来ない、諦めようとしていた時、やっと彼女が現れる。ティムは彼女と友人を一緒にお茶に誘うが、彼女には彼氏がいることが分かる。

うろたえるティムは特殊能力を使い、メアリーが彼氏と出会う少し前にさかのぼり、彼女と知り合いになる。そして愛し合うようになる。

ティムは町で偶然、初恋のシャーロットに会う、彼女から食事に誘われ楽しい時を過ごす。帰りがけに彼女から誘惑されそうになるが彼は急いでメアリーのもとに帰る。

そしてティムはメアリーにプロポーズする。彼は赤ちゃんが出来たことから彼女を両親に紹介し、直ぐに結婚式を行うことになった。

あいにく結婚式当日は大嵐だが、過去に戻って日取りの変更はしない。大荒れの天気でも人生最良の日であることには変わりない、彼は記憶にとどめたいと考える。

そして可愛い女の子ポージーが生まれた、ティムはもう過去に戻ることはないと考えていた。ところが、子供のパーティに呼んだ、彼の妹キット・カット(リディア・ウィルソン)が交通事故にあい病院に担ぎ込まれる。

原因は、彼女の彼氏ジミーとケンカで、酒を飲んで車を運転していたらしい。ティムは妹のことを思い、過去に戻る、そして薄情なジミーとの出会いが無いように仕組む。果たしてキット・カットは幸せな人生を送ることが出来るのであろうか。

ネタバレ

キット・カットは自分を落ちこぼれだと思っている、ティムはもう過去に行く必要が無いと考えたが、妹の為に一肌脱ぐ。

ティムとキット・カットはともに過去に戻る、そしてジミーとの出会いの場面で彼女はジミーを殴り倒す、そして現在に戻って見ると幸せなキット・カットになっていた。

ところが、何とティムの子供ポージーは男の子に代わっていた。彼はあわてて父さんの所に行く。

彼は父さんから、子供が生まれる前に戻ってはいけないと言われる、精子と卵子の出会いが微妙でどんな子供が生まれるか分らないとのことであった。結局キット・カットは自分で人生を切り開いていくしかないようだ。

ティムに二人目の子供が生まれる。そんな幸福の絶頂期に父さんが癌で余命が短いと母(リンゼイ・ダンカン)から言われる。

父さんはティムに幸せになる為の二つのアドバイスをする、一つ目は・・・・「普通の生活をしなさい」、そして二つ目は・・・・「普通の過ごし方で一日をやり直してみなさい」というものであった。

一回目の日常は気がかりなことがあったりして、生きる素晴らしさに気付けないことがある、でも同じ日を繰り返せば、人生の楽しさ・素晴らしさに必ず気づく。つまり、思い返せば悪い日もいい日になる。

父さんは亡くなってしまったが、ティムは過去に戻ればいつでも父さんに会える。何回も何回も会っている。

ところがメアリーは突然3人目の子供が欲しいと言い出す。ティムは子供が生まれればもう二度と父さんに会えないとちゅうちょする。

でも彼はいつまでも過去にしがみ付いてもしょうがない、きっと父さんも喜んでくれるに違いないと、オーケーする。彼は最後に父さんに会いに行く。

そして父は息子に最後のお願いとして、息子が小さいころに戻って一緒に散歩がしたいと言う。

それ以来、ティムはもう過去には戻っていない。でも一つだけ大きな発見をした、それは「今日の一日を人生最後の日だと思って過ごすことである」そうすれば素晴らしい人生が待っている。

レビュー

映画全体に色々なジョークが盛り込まれ、とっても洒落たドラマになっている。それに音楽も素晴らしい、それぞれの場面を盛り上げてくれる、映画音楽も大変重要だね。

映画の中には、色々な教訓が盛り込まれていて、時々「はっ」とするね、この映画もそうだね。

最後に、この映画では「人は誰しも人生と言う時間を旅している、その旅が素晴らしいものになるよう、ベストを尽くすしかない・・・」と言っている。

僕も今日から実践しようかな・・・・・。「映画 アバウト・タイム にみる充実した人生を送る為の時間の使い方」を参考に。

辰々

映画「アバウト・タイム」にみる充実した人生を送る為の時間の使い方

 

関連記事

  1. 映画「ドリーム」感想・ネタバレ-有人宇宙船計画を成功させた3人の陰の天才

  2. 映画「オンリー・ザ・ブレイブ」感想・評価:アメリカ人なら誰でも知っている森林消防隊の悲劇

  3. 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」映画の感想・評価:主人公の人生を変えた大きな出来事とは

  4. 映画「グッド・ウィル・ハンティング」感想・評価‐疲れたサラリーマンにはドリンクより効く

  5. 映画「リスボンに誘われて」感想・評価:世界に100冊しかない本に出会った男がその中に見たドラマとは

  6. 映画「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」感想・評価‐ドイツ軍の暗号を解読した男は神…

  7. 映画「グッド・ライ~いちばん優しい嘘~」感想・評価‐南スーダンの悲劇に心が痛む

  8. 映画「二ツ星の料理人」感想・評価‐料理には無限の可能性を感じさせるね

  9. 映画「鑑定士と顔のない依頼人」感想・評価:女性恐怖症の主人公が愛した女の正体とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

樹木希林さん追悼映画

グロイお薦め映画

最近の記事

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

特集記事:お薦め ベストテン

特集記事:ホラー特集