注目の記事 PICK UP!

映画「パワー・ゲーム」感想・評価:大御所を揃えながらも、IT業界を舞台にした大コケドラマ

サマリー


映画『パワー・ゲーム』予告編

2014年公開のアメリカサスペンス映画、監督はロバート・ルケティック、出演はリアム・ヘムズワース(ハンガー・ゲームシリーズ)、ゲイリー・オールドマン(裏切りのサーカスロボコップ猿の惑星:新世紀ドラキュラ)、アンバー・ハード(ラム・ダイアリー)、ハリソン・フォード(スター・ウォーズシリーズ、ブレードランナー、インディ・ジョーンズシリーズ、アデライン)である。

原作はジョゼフ・フィンダーの「侵入社員」で、巨大IT企業の熾烈な技術競争において、産業スパイにされた青年の苦悩と恋愛、友情をスタイリッシュに描いたドラマである。これだけ凄い俳優を揃えているのに、ドラマは冴えないどころがつまらない。

9f72497c61bd1b64eb3c0be8b7a38767

主演のリアム・ヘムズワースは身長191センチメートルの大男で、とてもIT業界のインテリには見えない(頭を使うより肉体派俳優の方が向いている)、またストーリーも平凡で、大企業のCEO達が若者をダマしたつもりが、逆に若者に仕組まれてFBIに捕まってしまう。

大企業のCEOが自らこんな危ない橋を渡るはずもないし、IT技術が欲しければ技術者を高額でヘッドハンティングすればいいだけの話である。現実味が薄いのでサスペンス映画と言うよりは、青春恋愛映画として観た方がいいと思う。

paranoia-2013_85848

ライバル会社同士のカリスマCEOをハリソン・フォードとゲイリー・オールドマンが演じているのが見どころくらいかな、やはりもっとストーリーをひねって欲しかったね。ああそうそう、リチャード・ドレイファス(未知との遭遇、スタンド・バイ・ミー)も出ているね。

ストーリー

ストーリーを紹介すると、アダム(リアム・ヘムズワース)は巨大IT企業「ワイアット社」に勤める技術者であったが、なかなか目が出ず、自分への苛立ちのあまり、会社の経費を私的に使ってしまう。

このことが会社のCEOワイアット(ゲイリー・オールドマン)に知れることとなり、首を覚悟するが、彼はワイアットから極秘の仕事を依頼される。

その仕事の内容とは、ライバル企業「アイコン社」に入社し、新製品の情報を盗みだせというものであった。彼は仕方なくワイアットに従う。

dbccfabc8839c795a823f36e7ed75b0a

アダムはうまく「アイコン社」に入社し、幹部社員のエマ(アンバー・ハード)に近づき恋愛関係となる。彼女のIDを盗み企業情報を入手してワイアットに流す。

また、アダムが開発したIT技術が、CEOのゴダード(ハリソン・フォード)の目に留まり、幹部への道が約束される。

maxresdefault

ワイアットの話によると、彼はかつてゴダードを師と仰ぎ二人でコンビを組んでIT業界を席巻してきた。ところがゴダードは自分の地位がワイアットに脅かされるとみるや、彼を会社から追い出してしまった。

ワイアットは自分で会社を立ち上げ、「アイコン社」を追い上げるほどに成長している。そして「アイコン社」つまりゴダードに大きなダメージを与えようとしていた。

ワイアットはアダムが入手してくる情報には満足せず新製品スマートフォン「オキュラ」の情報を入手できなければ、お前を殺すと脅す。アダムは窮地に立たされる、果たしてどうなるのか、この後は映画を観て欲しい。

ネタバレ

jpg-r_640_600-b_1_D6D6D6-f_jpg-q_x-xxyxx

アダムは仕事を理由に夜間の「アイコン社」に出社する。そして停電を装い監視カメラの目をかいくぐり、最も警備の厳しい、情報保管庫に侵入する。

そして新製品のスマートフォン「オキュラ」を盗もうとしたところに、突然ゴダードが現れる。すべて彼の仕組んだワナだったのだ。

maxresdefault

そしてアダムに向かって、ゴダードはワイアットに「明日私の所に来い」と伝えろと本社ビルから追い出す。アダムはワイアットの秘書がゴダードとつながっているのではないかとピンとくる。

ゴダードが出した条件とは、「ワイアット社」の株をすべて半値で私によこせと言うものであった。つまり彼は「ワイアット社」を乗っ取るつもりであった。彼はワイアットの作ったプロセッサーが欲しかったのである。

el-poder-del-dinero-paranoia-imagen-24

ワイアットは刑務所に入るよりましだと、しぶしぶ書類にサインする。この一部始終をFBIが盗聴していた、アダムはFBIと手を組んでいたのである。

結局、ゴダード、ワイアット、アダムはインサイダー取引、産業スパイ、司法妨害などの罪で刑務所送りとなる。アダムは運よくFBIに情報提供したことによって、執行猶予となる。

彼は父の教えの通り、時間はかかるが会社を立ち上げ地道な仕事に励んでいた。そんなところにエマが現れ、彼はエマとよりを戻す。

レビュー

liam-hemsworth-amber-heard-paranoia

新聞でも、よくインサイダー取引や産業スパイの記事が載っている。IT業界は日進月歩だが、競争が非常に激しい、また特許紛争やヘッドハンティングも多い。

本来地道な作業をコツコツ積み上げる企業が成功してほしいが、でも今はそんな時代じゃないね、巨大資本・巨大ネットワークつまりパワーを持った会社が勝ち続け、それ以外は全て下請け企業になってしまうのかな。

この映画ではゲイリー・オールドマンやハリソン・フォードが腹黒く冷酷なCEOを演じているが、巨大企業を引っ張って行くには、きれいごとばかり言ってはいられないね・・・・・ただここまで冷酷ではないだろうがね。

辰々

 

パワー・ゲーム [DVD]

パワー・ゲーム [DVD] [DVD]

リアム・ヘムズワース
Happinet(SB)(D)
2015-05-02

 

関連記事

  1. 映画「イコライザー2」感想・評価:マッコールの敵は4人のイコライザーだ勝ち目はあるのか

  2. 映画「ザ・ゲスト」感想・評価‐スリリングな展開だが結末は今一

  3. 映画「マンハント」感想・評価:度派手なアクションと演出、もうストーリーなんてどうでもいい

  4. 映画「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」感想・評価:楊貴妃の死の真相は何だったのか

  5. 映画「ザ・コンサルタント」感想・評価‐伏線が結末の感動を呼ぶ殺し屋映画だ

  6. 映画「レッド・ドラゴン」感想・評価‐怪優エドワード・ノートンが凄くカッコイイ

  7. 映画「エクソダス:神と王」感想・評価:旧約聖書「出エジプト記」を描いた壮大なドラマだがやや物足りない…

  8. 映画「トゥームレイダー ファースト・ミッション」感想・評価:日本の神話「卑弥呼(ヒミコ)」の世界を滅…

  9. 映画「ガール・オン・ザ・トレイン」感想・評価‐理想夫婦の裏の顔は仮面夫婦

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

樹木希林さん追悼映画

グロイお薦め映画

最近の記事

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

特集記事:お薦め ベストテン

特集記事:ホラー特集