海外ドラマ

海外ドラマ「MR.ROBOT/ミスター・ロボット シーズン3」レビューと徹底解説:撃たれたエリオットの再起と第二段階攻撃の阻止は可能か

サマリー


★★★☆☆(お薦め)

2015年から全米公開のハッカーを中心としたサイバー・サスペンス シーズン3
製作者 サム・イスマイル(MR.ROBOT/ミスター・ロボットMR.ROBOT/シーズン2MR.ROBOT/シーズン3MR.ROBOT/シーズン4
出演 ●ラミ・マレック(ナイトミュージアムシリーズ、MR.ROBOT/ミスター・ロボットMR.ROBOT/シーズン2ボヘミアン・ラプソディMR.ROBOT/シーズン3MR.ROBOT/シーズン4
●クリスチャン・スレーター(薔薇の名前、トゥルー・ロマンス、インタビュー・ウィズ・ヴァンパイアMR.ROBOT/ミスター・ロボットMR.ROBOT/シーズン3MR.ROBOT/シーズン4
●カーリー・チャイキン(MR.ROBOT/ミスター・ロボットMR.ROBOT/シーズン4
●ポーシャ・ダブルデイ(her/世界でひとつの彼女MR.ROBOT/シーズン4
●マルティン・ヴァルストロム(MR.ROBOT/ミスター・ロボットMR.ROBOT/シーズン4
●B・D・ウォン(MR.ROBOT/ミスター・ロボットMR.ROBOT/シーズン2MR.ROBOT/シーズン3MR.ROBOT/シーズン4ジュラシック・ワールドジュラシック・ワールド/炎の王国

シーズン3の予告編だ。

MR. ROBOT Season 3 "Democracy" Trailer [HD] Rami Malek, Christian Slater, Portia Doubleday

 

このドラマの主人公エリオット・オルダーソン(ラミ・マレック)は今の社会を腐りきった「クソ-社会(f・ソサエティ:f=fuck=クソ)」だと言う。そして僕たちは毎日クソを垂れ流しているだけだと・・・。

僕たち老人は平和で安定した社会を望む。しかし、若い人たちは心の底で「混沌とした社会」を望んでいるような気がする。サラリーマンになってしまえば先が見えてしまう。例えば平均年収700万円で40年間働いたとしよう。

生涯賃金は2億8000万円だ、退職金を入れてもせいぜい一生働いて3億円だ。でも、その多くはローンと生活費で消えてゆく。それならフリーランスになった方がいいのか。しかし、よほど自分に実力がなければフリーランスなんかでは食えない。

DNA(遺伝子)の研究が進んでいる。数学者、音楽家、プロスポーツマンなどはほとんどDNAだと言われている。さらに金持ちか貧乏人かを決めるのもDNAが大きな役割を担っている。つまり生まれた時点で自分の人生が既に決まっているということだ(100%ではないが)。

もちろん、努力や学習も重要だ。だから勉強しろと親は言う。当然、中には努力によってのし上がってゆく者もいるのも事実だ。映画「ジョーカー」や「パラサイト 半地下の家族」が大ヒットしている。今は、社会に不満が溜まっている。そのガスを抜いてくれるアンチヒーローがもてはやされる時代が到来した。

そういう意味ではこのドラマは多くの人に受け入れられている。そして先が全く読めない。制作者と僕たちの脳細胞のバトルだ。あなたは繰り返しドラマを見て伏線を拾い集め、その全貌・結末を予想してはどうか。

シーズン1、2については「MR.ROBOT/ミスター・ロボット」「MR.ROBOT/ミスター・ロボット シーズン2」を参考にしてほしい。もうすでにシーズン3、シーズン4まで放映されている。シーズン4が最終章になる。このドラマは製作者と視聴者の頭脳戦だ。見てる方は先読みが出来るのか、それとも予想のつかない展開で完全に翻弄されるのか、あなたの眼力が問われるかも。

ここに出て来るエリオット・オルダーソン(ラミ・マレック)は天才ハッカーだが精神が壊れかけている。彼は解離性同一性障害(かつては多重人格障害と呼ばれていた)を発症している。彼の父親の姿をしているMR.ROBOTは彼の人格の一部である。ここに出てくるエリオットも人格の一部かもしれない。何故なら毎回「やあ、君」と自分自身に問いかけているからだ。

MR.ROBOT(クリスチャン・スレーター)はハッカー集団「f・ソサエティ」のリーダーだ。彼は世界最強のコングロマリット(複合企業)E・コープのサーバー(金融データ)を破壊し、誰しもが持っている借金やローンをチャラにしようと考え実行する(5/9事件)。ところがこれによって社会は大混乱し予想外の展開となる。

さらにMR.ROBOTは「第2段階攻撃(第2ステージ)」を実行しようとする。つまりE・コープのビルに各支店から集まってくる紙のデーターもビルごと破壊してしまうことだ。これで完全にサーバーは復旧は不可能となる。ところがビルが破壊されれば多くの人が死ぬ。エリオットはこれを阻止しようとしてタイレル(マルティン・ヴァルストロム)に撃たれる。⇒ ここまでがシーズン2だ。

シーズン3のメイン・ゲストはダーク・アーミーに属する謎の男アービング(ボビー・カナヴェイル)だ。こいつは敵か味方かよく分からない。不可解な動きをして僕らを悩ませる。表面的にはひょうひょうとしている男だが嘘つきで屁理屈好きなクソ男だ。小説家を目指し題名「ビーチタオル」を執筆している。しかし、心の奥底に残虐性を秘めている恐ろしい奴だ。

アービングはエリオットを助ける。彼は病院のベッドで6日間も寝ていた。ところがホワイトローズ(B・D・ウォン)に洗脳されたアンジェラ(ポーシャ・ダブルデイ)がE・コープ、ニューヨークビルのHSMを破壊し。(HSM=鍵を守る金庫の役目をするハードウェア。これが壊されればシステムにマルウェアを送り込むことなどが出来てしまう。)

そしてこれによって全国71のビルが破壊され、多くの人々が亡くなる。E・コープは大損害を受けるが国際基準通貨「E・コイン」はだけは残る(この時点でドルは暴落している)。これがホワイトローズの目的だったのか。エリオットは完全に裏をかかれる。

果たしてエリオットはこのままで終わってしまうのかそれとも理想の社会づくりを目指してホワイトローズと対峙するのか。

シーズン3の見どころ

シーズン3では大きな展開が予想される。エリオットの父親の姿をしているMR.ROBOTとは何者なのかが徐々に明らかになる。彼はエリオットの最大の弱点であり、最大の庇護者でもある。

そしてエリオットの恋人、アンジェラの本当の父親も明らかになる。さらにホワイトローズとE・コープのCEOプライスとの関係。E・コープのCEOでさえ人形のように操るホワイトローズとは何者なのか。

中国はコンゴを併合しようと国連に働きかける。そして併合してしまう。コンゴは石油と鉱物に恵まれた国だ。開発次第では将来、中国のドル箱となる。

シーズン2まではエリオットが主導権を取っていた。ところがこのシーズン3ではダーク・アーミーにやられっぱなしだ。彼は「5/9事件」を元にもどそうと奮闘する。

しかし、それだけではホワイトローズを潰すことは出来ない。エリオットは最終的にホワイトローズから何を奪おうとしているのか?エリオットの最後の戦いとは・・・。その相手とは王様ごっこをしている一握りの大富豪たちなのか・・・。

とにかく話が前後・左右に飛ぶので一連の流れを掴むのに苦労する。しかも、作者の突飛なストーリー展開に悩まされる。「赤い手押し車」第2ステージの作戦名だ。そしてステージはこれで終わってしまうのかそれとも第3ステージはあるのか。

ネタバレ

撃たれたエリオットはアービングに助けられる。彼は6日間も寝込み、起きたところそこにはアンジェラがいた。アンジェラはホワイト・ローズとミスター・ロボットに洗脳され、母を殺したE・コープに復讐しようとしていた。

エリオットはFBIとE・コープに作ったバックドアを閉めようとする。そしてバックドアを閉めるのに成功するがどうもおかしい、簡単すぎる。彼は「5/9事件」を起こしたことによって社会はより混沌としてしまった。ホワイトローズの目論見通りになってしまったのか?

エリオットは自問自答し、「5/9事件」を元にもどそうとアンジェラを使ってE・コープに入社する。「赤い手押し車」が第2ステージの作戦名だ。これは各支店からニューヨーク本社ビルに送り込まれてくる書類をビルごと破壊する計画だ。

エリオットはこの第2ステージつまり「第2段階攻撃」を阻止しようとしたがこれを知ったアンジェラに解雇される。9月29日がビルの爆破予定だ。アンジェラはアービングの指示を受けE・コープ23階のHSM(Hardware Security Module)を壊す。そしてマルウェアを送り込むことによって無停電電源装置の安全制限を無効化する。

これによってバッテリーが発熱し水素ガスがビルに充満する。エリオットは23階HSMがアンジェラによって壊されたことを知る。慌てた彼は地下室に急ぎ水素が充満した部屋に消化ガスを噴射させて爆発を食い止める。

E・コープニューヨークビルの破壊は食い止めたが、全国71のビルが爆発炎上する。エリオットは全体が見えていなかったこのだ。死者は推定4000人にものぼる。これがテロリスト、ホワイトローズの目的だったのだ。

同時にこの日「中国のコンゴ併合が国連で可決される」。アメリカは棄権し通過を黙認した。タイレルはFBIに拘束される。しかし、彼はテロリストによる「第3段階攻撃」の情報と引き換えに釈放される。この「第3段階攻撃」はダークアーミーが仕組んだもので空港がターゲットになっていた。

「f・ソサエティ」のモーブリーとトレントンがこれを仕組んだように見せかけられていた。二人は拳銃で頭を撃ちぬかれ、自殺したように偽装された。タイレルにも悲劇が起こっていた、自分が幽閉されている間に妻が殺されていたのだ。幼い息子は乳児院にあずけられていた。

E・コープのCEOプライスは自社が大規模なテロにあい放心状態だ。チャン国家安全部長(ホワイトローズ)は中国の承認によってE・コインが国際基準通貨になったとプライスに告げる。チャンはE・コープなどどうなってもいいと考えている。彼は「中国のコンゴ併合」とE・コインの「国際基準通貨承認」が真の目的だ。

E・コープ全国71のビル破壊に関わってしまったアンジェラは放心状態だ。誰の慰めも彼女を癒すことはできない。エリオットも大量の麻薬を摂取して自殺しようとしたがトレントンの弟に助けられる。

トレントンは自分がPCの端末に戻らないときにはメールがエリオット(MR.ROBOT)に自動送信されるようにセットしていた。そのメールをエリオットが開封する。

E・コープのサーバーはハッキングされ暗号化されている。誰もが解読不明だ。しかし、暗号キーが入手できればサーバーは元に戻る。

FBIに押収されたロメロのファイルがセンティネル(FBIの証拠管理システム)にある。このファイルを何とかして盗み出したい。しかし、世界が誇るセキュリティーレベルの高いセンティネルをハックするのは不可能だ。

ダーリーンはFBIのドミニク(相性ドム)に近づきFBIのIDを盗もうとして捕まる。彼女は事情を説明するがドムの上司サンディアゴは納得しない。サンディアゴがついに正体を現した彼はダークアーミーの手先だった。ダーリーンもドムも隠れ家に連れて行かれる。

エリオットはアービングにホワイトローズに会わせろと直談判する。しかし、現れたのは彼の部下だった。第3段階攻撃の詳細をエリオットのPCからUSBに移す。ところがこれはエリオットの罠だった。

エリオットはレオンによって隠れ家に連行される。そこにはダーリーンもドム、サンディアゴもいた。しかしサンディアゴはアービングに残虐に殺される。そしてスパイをドムに家族の安全を引き換えに、引き継がせる。

ホワイトローズの部下が現れエリオットを殺そうとする。ところがエリオットはダークアーミーのネットワークに侵入し、悪事を公表すると脅かす。それを監視カメラから見ていたホワイトローズはエリオットを許す。

はしごを外されたホワイトローズの部下は自殺する。エリオットは彼女との約束通り、ワシントン・タウンシップでやっている計画をコンゴに移送する(イランに向けた援助物資と偽って)。

エリオットはドムのIDを使ってセンティネルに侵入し、ロメロのファイルを取り出す。これは5/9攻撃(E・コープのサーバー破壊)後、暗号化キーを出力させてロメロのファイルに隠したものだ。それをやったのはエリオットでありMR.ROBOTでもあった。

暗号化キーを解読用キーに変換する。エリオットは解読用キーをE・コープの復旧チームに送る。これで5/9を無かったことに出来る。

ホワイトローズに洗脳されたアンジェラはE・コープのCEOプライスによって保護されていた。彼女はプライスの娘だった。アンジェラはプライスに向かってホワイトローズに見せられたものを世間に暴露してやると食って掛かる。そんなことをすればお前を守れないとなだめる。

エリオットは5/9をチャラにした。彼は「頂点に立つ一握りの支配者たちを倒す」と宣言する。これにはMR.ROBOTも賛成だ。彼の分裂した精神の再統合だ「チーム・エリオット」が始動する。

問題点の回答

1.エリオットとホワイトローズとの関係は(ホワイトローズはエリオットを天才と崇拝している)?
⇒ エリオット(MR.ROBOT)をリーダーとする「f・ソサエティ」とホワイトローズは5/9攻撃、9/29攻撃で協力し合う。しかしエリオットはホワイトローズをリーダーとするダーク・アーミーの恐ろしさが分かってくる。

2.E・コープのCEOプライスとチャン国家安全部長との関係そして「ダーク・アーミー」ともつながっているのか?
⇒プライスはチャン国家安全部長(ホワイトローズ)の後押しでE・コープのCEOになれたようだ。

3.タイレルが電話で話していたジェームズとは?
⇒アービングのことか?

4.タイレルの妻ヨアンナが雇っている殺し屋は、そして彼女の正体は?
⇒不明だ。彼女は痴情のもつれから拳銃で撃たれ死ぬ。

5.ロメロは誰に何故殺されたのか?(単に流れ弾に当たっただけらしい)
⇒単に流れ弾に当たったようだ。

6.ホワイトローズは何故ドミニクを殺さずに生かしたのか?
⇒偶然なのか、それとも理由があるかは不明。

7.エリオットはタイレルを殺したのか(生きているらしい)、落ちていた薬きょうは何を意味するのか?
⇒エリオット(MR.ROBOT)はタイレルを撃とうとしたが弾が発射しなかった。拳銃の故障、薬きょうだけが転がる。

8.ホワイトローズはアンジェラを殺さず何故拘束したのか?
⇒アンジェラはプライスの娘であり、彼女はプライスに対する切り札として使おうと考えたようだ。

9.ドミニクは何故「f・ソサエティ」組織の全貌を知っていたのか、誰が彼女にリークしたのか?
⇒不明、単に地道な捜査結果なのか。

10.ドミニクはダーリーンに何故「f・ソサエティ」の捜査状況を明かしたのか?
⇒5/9攻撃の首謀者の確保か?

11.刑務所で一緒のレオンとは何者なのか?
⇒プロの殺し屋。ダーク・アーミーに雇われているがフリーになることもある。

12.チャン国家安全部長とホワイトローズは同一人物か?
⇒同一人物。ホワイトローズの「ダーク・アーミー」は中国系ハッカー集団「Tick」をモデルにしているのか?

13.エリオットの目標とホワイトローズの目指す方向は異なっているのか?
⇒5/9攻撃までは手を組んでいる。9/29攻撃からは完全に分かれている。9/29攻撃は当初エリオットの案であったが彼は実施したくなかった。これによって多くの人が亡くなった。

14.最終的にはアメリカと中国の戦いになるのか?
⇒「f・ソサエティ」と「ダーク・アーミー」の戦いはあるが国家間の戦いまでは至っていない。しかし、中国がE・コインを承認し、ドルは暴落。国際金融競争は現実世界でも行われている。

まとめ

けっこう人気があるのにシーズン4で終わってしまう。物語は徐々に収束してゆく。この間に主役のラミ・マレックが大躍進だ「ボヘミアン・ラプソディ」でアカデミー賞主演男優賞をかっさらってしまった。

これで彼の人気もうなぎのぼりだ。007の最新作に悪役として出演している。もうすぐ公開だよ。シーズン4で終わってしまうのは惜しいが、何年かのち、再スタートするような気がする。

このシリーズはラミ・マレックもクリスチャン・スレーターも役者だけでなくプロデューサーとしても参加している。彼らとサム・イスマイルがもう一度組んでほしいね。物語はまだ続ける要素はかなりある。現在「米中貿易戦争」の真っただ中だ。

だから、こんな物語はタイムリーともいえる。ストーリーをじっくり考えて再リリースを待っています。

TATSUTATSU

海外ドラマ「MR.ROBOT/ミスター・ロボット シーズン2」レビューと徹底解説:エリオットの真の目的が明らかになるそれは何か?

海外ドラマ「MR.ROBOT/ミスター・ロボット」感想・評価‐視聴者もダマすつかみどころのないドラマだ

辰々のフェルミのパラドックスを映画で徹底解説する:宇宙人は本当にいるのか何故姿を現さないのか前のページ

映画「1917命をかけた伝令」感想・評価:伝令兵士の過酷な一日をワンカットで表現した戦争映画次のページ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. SF

    映画「アンドロメダ・・・ロバート・ワイズ監督」感想・評価‐細菌パニック映画の古典…
  2. ベストテン

    世界の往年の映画男優ベスト30:あなたの好きな俳優すべてみせます
  3. SF

    映画「アデライン、100年目の恋」感想・評価‐29才で永遠に歳を取らなくなってし…
  4. サスペンス

    映画「追憶の森」感想・評価‐大コケ原因は森の中の単調で退屈な二人芝居
  5. ホラー

    映画「死霊館」感想・評価:幽霊ハンター、ウォーレン夫妻が体験した最も恐ろしい事件…
PAGE TOP