サスペンス

映画「ジェイソン・ボーン」感想・評価:長い間身をひそめていたボーンが何を求めて現れたのか


サマリー

20160824081823

2016年日本公開のアメリカ サスペンス・アクション映画
監督 ポール・グリーングラス(ボーン・スプレマシー、ボーン・アルティメイタム、キャプテン・フィリップス)
出演 マット・デイモン(グッド・ウィル・ハンティングプライベート・ライアン、 インターステラーグレートウォールオデッセイ
ジュリア・スタイルズ(ボーンシリーズ)
アリシア・ヴィキャンデル(エクス・マキナ、コードネーム U.N.C.L.E、リリーのすべて、二ツ星の料理人、ジェイソン・ボーン)
ヴァンサン・カッセル(ジェヴォーダンの獣、ブラック・スワン、トランス)
トミー・リー・ジョーンズ(逃亡者、メン・イン・ブラックシリーズ、ノーカントリー、リンカーン)

映画『ジェイソン・ボーン』日本版予告編

昨日、娘と一緒に観てきました・・・ボーンシリーズは大好きだ。

相変わらずのアクションシーンの連続とドラマの場面展開が早すぎて付いてゆけない、それにもの凄く目が疲れた・・・じじいには優しくない映画だ。

jasonbourne_add3

もし3Dで観たら映画酔いしてたかも知れない(臨場感を増すためだと思うが、アクション場面が瞬時に色々な視点に切り替わりる)。

内容については、ポール・グリーングラス監督特有のキレのいいスピーディなタッチでそれなりに見応えはあるが、「スプレマシー」「アルティメイタム」に似かよっている・・・しょうがないのかな。

bandicam202016-09-272007-16-25-821

男勝りで気性の激しい女性エージェント達の描き方もワンパターンだ。

でも、みんなボーンの味方になってくれる・・・もてる男はつらいね。

main

ボーン(マット・デイモン)はCIAの監視網から姿を消していた・・・彼はストリートファイター(素手で殴り合うゲーム)で金を稼ぎながら暮らしていた。

そんなところに昔の同僚ニッキー(ジュリア・スタイルズ)が現れる、彼女はCIAのサーバーをハッキングし、重要機密を握っていた。

b7d93298

彼女はボーンの父親リチャード・ウェブが「トレッドストーン計画(自分の記憶を抹消され・多くの偽の国籍を有する超A級の暗殺者を養成し、CIAの指示によって暗殺を行う)」に関わっていたことを知らせる。

ニッキーのハッキングに感づいたCIA長官デューイ(トミー・リー・ジョーンズ)は暗殺者アセット(ヴァンサン・カッセル)をアテネに派遣する。

jasonbourne_0915-1-760x6421

ボーンとニッキーは労使紛争の激しいアテネをバイクで逃走するが、彼女はアセットに狙撃され殺されてしまう。

女性エージェントのリー(アリシア・ヴィキャンデル)はボーンをCIAに呼び戻すべきと長官に進言する・・・そしてこの件の指揮を執る。

jason_bourne-matt_damon-002

ニッキーが入手した極秘情報には、ボーンの父親がテロに見せかけられて、レバノン・ベイルートで口封じのために殺されていたことも判明する・・・何故なのか。

jasonborne

ボーンはベルリンに飛びニッキーの同僚ディソルトに会って極秘情報を解読させる。そして父親を監視していた元CIA捜査官スミスの存在を知る。

jason-bourne-gallery-06

ボーンの父親リチャードは誰によって何故殺されたのか、また極秘情報の中にあった「アイアンハンド計画」とは何なのか・・・・謎は深まって行く。

ネタバレとレビュー

ボーンはスミスに会いにロンドンに行く、そして彼の口から意外な真実を聞く。

ボーンの父リチャードは息子を暗殺者にしたくなかったため「トレッドストーン計画」を暴露しようとしていた。

jason-bourne1

そのため、CIA長官デューイの指示のもと暗殺者アセットによって爆死させられる。

また、デューイは世界で15億人の顧客を有するディープドリーム社のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)を使って壮大な監視プログラム「アイアンハンド」を構築しようとしていた。

15debcd5-s

ディープドリーム社のCEOアーロン・カルーアはSNSは「自由であるべき・・誰にも監視させない」とCIAの陰謀を暴露しようとする。

デューイはアセットを使って、カルーアばかりでなく、自分の椅子をおびやかそうとする女性エージェントのリーまでも抹殺しようとする。

jason-bourne-2786580

それを察知した、ボーンはラスベガスで開かれるディープドリーム社のシンポジウム会場に乗り込む。

あわやカルーアが狙撃されるとき、ボーンはアセットに向かって発砲する。カルーアはキズを負ったが命に別状はなかった。

b879ec5c335f596f2652c66313a7b1db

ボーンはシンポジウに出席していたデューイを追い詰める。そして銃撃戦となり負傷したボーンは床にひざまずく。

デューイがボーンに銃口を向けたとき、入室してきたリーがデューイを射殺する・・・彼女は長官が自分を殺そうとしたことを知っていた。

jb

ボーンは最後の仕事、父のかたきアセットを車で追跡する。

ボーンは激しいカーチェイスの後、大破した車から逃げ出すアセットと肉弾戦となり彼を殺害、父親のかたきを取る。

リーはジェイソン・ボーンをCIAに復帰させようとするが、彼にはその気はなくどこかに去って行く。

gxktaqy

今回悪役をやっている、トミー・リー・ジョーンズは日本のCMでおなじみ「宇宙人ジョーンズ」のイメージが強く、僕には本物の悪役には見えなかった。

また、一匹狼の殺し屋ヴァンサン・カッセルはいい味出してる、味方でも誰でも殺してしまう不気味な男を熱演している・・・適役だ。

20161008_1857656

そして気の強い女性エージェント役アリシア・ヴィキャンデル・・・ニコリともしない出世欲丸出し女を熱演しているけど、最後はボーンを助けてしまう・・・やはり女性だ。

cjntlb3wgaaazxo

全体を通して硬すぎるドラマだ、恋愛エピソードを少し入れ込んで息抜きしないと、最後まで突っ走ったスジガキで息つく暇もなかった・・・あー疲れた。

20160917%e2%88%92bourne-th-th-thumb-950x632-36559

映画を観るのってこんなに疲れるもんかい、もし次回作作るんだったら休憩入れて欲しいね。

TATSUTATSU

 

 

映画「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」感想・評価‐93才ボケ老人ホームズ現る前のページ

映画「追憶の森」感想・評価‐大コケ原因は森の中の単調で退屈な二人芝居次のページ

関連記事

  1. サスペンス

    映画「誰よりも狙われた男」感想・評価‐殺人場面の無い静かなスパイ映画だ

    サマリー2014年に公開された、イギリス製作のスパイ映画、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. アニメ

    アニメ映画「時をかける少女」感想・評価‐大ヒットの秘密を分析してみる
  2. サスペンス

    映画「ハンターキラー潜航せよ」感想・評価:あまりに荒唐無稽のストーリーに期待を通…
  3. ヒューマンドラマ

    映画「アリスのままで」感想・評価‐自分が自分では無くなってゆく恐怖を感じる
  4. 邦画

    映画「Fukushima50(フクシマフィフティ)」感想・評価:事実をもとに作ら…
  5. SF

    映画「ターミネーター:ニュー・フェイト」感想・評価:シュワちゃんとリンダの老人パ…
PAGE TOP