サスペンス

映画「ランボー ラスト・ブラッド」感想・評価:70才を過ぎても衰えない体力と情熱は必見だ

はじめに


★★★☆☆(お薦め)

2020年6月日本公開のアメリカ製作アクションドラマ
監督 エイドリアン・グランバーグ(ランボー ラスト・ブラッド
出演 ●シルヴェスター・スタローン(ロッキーシリーズ、ランボーシリーズ、クリードランボー ラスト・ブラッド
●パス・ベガ(ランボー ラスト・ブラッド
●アドリアナ・バラッザ(スペルランボー ラスト・ブラッド

【公式】『ランボー ラスト・ブラッド』6.26公開/本予告

 

勧善懲悪のもの凄くわかり易い映画だ。今回の敵は巨大なメキシコ人身売買組織。ランボーはご存じの通り「一人で軍隊だ」、巨大組織に立ち向かってゆく。かなりエグくてハチャメチャ、R15+指定だ。

メキシコ政府からクレームが来るほどメキシコ人を残虐な悪人として描いている。彼らは何も知らずに「ランボー」を怒らせてしまった。その結果は目に見えている。問題は巨大組織をどんな方法で壊滅させるかがこの映画の肝だ。

第一作目、映画「ランボー」は1982年に日本で公開され大ヒットを記録した。僕も映画館に駆けつけたがアクション映画としては類を見ないほど凄かった。この映画のスタントでシルヴェスター・スタローンはろっ骨を何本か骨折している。それほど打ち込んだドラマだから引き込まれる。

このシリーズは40年近く続き5作目になる、そして完結編だ。スタローンは実に74才。あのターミネーターの「シュワちゃん」とよく比較される。彼も72才でまだアクション映画「ターミネーター:ニュー・フェイト」に出演している。

話のスジを少し紹介すると。ベトナム戦争の退役軍人ジョン・ランボー(シルヴェスター・スタローン)はアリゾナ州の牧場で余生を過ごしていた。ビルマでの戦いから11年後だ。しかし、戦争の傷跡は癒えない。彼は牧場の地下に迷路を作って、普段そこで自分の魂を鎮めていた。

ジョンは家政婦のマリア(アドリアナ・バラッザ)とその孫娘ガブリエラ(イヴェット・モンレアル)と暮らすようになっていた。ガブリエラはジョンにとって今では自分の娘のような存在だ。

そんなガブリエラは本当の父親に会いたいと、友人からの情報を頼りにメキシコにこっそり渡ってしまう。ところが彼女は帰ってこない。慌てたジョンは彼女を探しに行くが人身売買組織に売り飛ばされていたことを知る。

ジョンはその組織に娘を返せと直談判したところ返り討ちにあう。運よくカルメン(パス・ベガ)に助けられ傷の手当てをしてもらう。彼女の妹も人身売買組織の犠牲になっていた。

ジョンは単身、奴らの売春宿を襲いガブリエラを救出する。しかし牧場に帰る車の中で彼女は息絶える。ジョンは怒り狂う。そして地下の迷路を要塞のように改装する。迷路のいたるところに罠を仕掛け戦争の準備を整える。

果たして、ジョンは巨大組織を壊滅することが出来るのか・・・。

その後のストーリーとネタバレ

「作成中」

 

 

 

TATSUTATSU

映画「クリード チャンプを継ぐ男」感想・評価‐大昔のロッキーを思い出して楽しかったね

涙が溢れるほど感動するお薦め映画ベスト20‐これを見るまでは死ねない

映画「ドクター・ドリトル」感想・評価:動物好きには必見、蟻んこからクジラ・ドラゴンまで大出演前のページ

関連記事

  1. サスペンス

    映画「誰よりも狙われた男」感想・評価‐殺人場面の無い静かなスパイ映画だ

    サマリー2014年に公開された、イギリス製作のスパイ映画、…

  2. サスペンス

    映画「フライト・ゲーム」感想・評価‐リーアム・ニーソンが飛行機の中の殺人鬼をあばく

    【サマリー】2014年公開のアメリカアクション映画、監督はジャウマ・コ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. ミュージカル

    映画「キャッツ」感想・評価:初めから最後まで歌と踊りだけでは飽きてしまう
  2. 歴史映画

    映画「観相師」感想・評価:恐ろしい未来を観てしまう天才的観相師、彼が見た未来とは…
  3. 邦画

    映画「いぬやしき」感想・評価:最強のロボットじじいと高校生どちらが勝つのか
  4. SF

    映画「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」感想・評価:世界中で大ヒットRP…
  5. カギ猫シロちゃん下界を見下ろす(お外は怖いけど興味しんしんだ)
PAGE TOP