SF

映画「ターミネーター:ニュー・フェイト」感想・評価:シュワちゃんとリンダの老人パワーに拍手喝采だ

サマリー


★★★☆☆(お薦め)

監督 ティム・ミラー(デッドプール、ターミネーター:ニュー・フェイト
原作・製作 ジェームズ・キャメロン(ターミネーター、ターミネーター2、エイリアン2、タイタニック、アバター、ターミネーター:ニュー・フェイト
出演 ●リンダ・ハミルトン(ターミネーター、ターミネーター2、ターミネーター:ニュー・フェイト
●アーノルド・シュワルツェネッガー(ターミネーターシリーズプレデター、トータル・リコール、エクスペンダブルズシリーズ、プレデターターミネーター:ニュー・フェイトターミネーター:新起動/ジェニシス
●マッケンジー・デイヴィス(ブレードランナー2049ターミネーター:ニュー・フェイト
●ナタリア・レイエス(ターミネーター:ニュー・フェイト
●ガブリエル・ルナ(ターミネーター:ニュー・フェイト

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』本予告【新たな運命編】11月8日(金)公開

 

アメリカ公開では出足がやや悪いと言われているがそんなに悪い作品ではない。料金の価値は充分ある。72歳のシュワちゃんと63歳のリンダが老体に鞭打ってのアクションシーンには涙が出る。年をとってもこれだけ稼げれば年金なんていらないね。

シリーズ最高の興行収入520億円をたたき出した「ターミネーター2」の正当な続編だ。だから事前に「ターミネーター」「ターミネーター2」を見ておけば分かりやすいが見なくても問題ない。ニュー・フェイトは「ターミネーター1、2」の懐かしいテイストと新たな試みを併せ持つハイブリッド作品と言える。

参考までに、「ターミネーター1、2」のあらすじを少し紹介しておくと。人工知能スカイネットが人類に反旗を翻した近未来、人類は滅びようとしていた。そこに救世主ジョン・コナーが現れる。彼は軍隊を組織しスカイネットを追い詰める。

スカイネットは過去にターミネーターT-800(アーノルド・シュワルツェネッガー)を送り込み、ジョン・コナー(エドワード・ファーロング)を産むことになるサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)を抹殺しようとする。

同じ未来から過去にジョン・コナーから送り込まれたカイル・リース軍曹(マイケル・ビーン)によってサラは守られる。しかし、カイルは亡くなってしまう。実はジョンの父親はカイルだったのだ。⇒「ターミネーター」

「ターミネーター2 3D」の予告編だ。今見ても凄い迫力。

『ターミネーター2 3D』予告編 ロングバージョン

 

サラ・コナーはジョンを産むが今度は未来から最新のターミネーターT-1000(ロバート・パトリック)が二人を殺害しにやってくる。ジョンは敵から捕獲したT-800を再プログラミングして二人を守らせるために過去に送る。二人は助かるがT-1000を倒したT-800も溶鉱炉の中に沈んでゆく。⇒「ターミネーター2」

そして今回の「ターミネーター:ニュー・フェイト」に続く。ニュー・フェイトとは「新たな運命」と言う意味だ。原題はDark Fate「暗い運命」になっている。監督は「デッドプール」のティム・ミラーだ。ジェームズ・キャメロンは「アバター2」が忙しく、製作にまわっている。

いままで出てきたターミネーターはT-800(一般的な金属骨格を持つAIロボット)⇒ T-1000(どんな形にも変身できるリキッドメタルAIロボット)⇒ T-3000(ナノマシンで作られたAIロボット)と進化してきた。

今回、最強の敵はREV-9(ガブリエル・ルナ)と呼ばれるカーボンメタルの骨格とリキッドメタルの体を持ったターミネーターだ。骨格と表皮が分裂し2体にもなれる。これに対し強化人間グレース(マッケンジー・デイヴィス)が立ち向かう。

話のスジを少し紹介すると。ジョン・コナーは生き延びたと思われたが過去からまた、ターミネーターT-800が現れ殺害されていた。それから22年後再びターミネーターREV-9が現れた。奴の目的は21歳の女性ダニー(ナタリア・レイエス)の殺害だ。

ダニーはメキシコシティの自動車工場で働いている。REV-9は容赦なく彼女を殺害しようとする。そこに現れたのが未来から来た強化人間グレースだった。グレースはダニーを連れて逃げるがREV-9に追い詰められる。

そこに現れたのが年老いたがまぎれもないサラ・コナーだった。窮地を救われた彼女たちはサラと一緒に逃げ回る。サラはグレースから未来は人工知能「リージョン」の反乱によって何十億の人間が犠牲になっていることを聞く。

そしてダニーが奴らに対抗できる唯一の救世主であることも知る。サラはある人物から「ジョンのために」と言う文面でターミネーターが現れる時間と場所の連絡が来るという。サラはそこに現れるターミネーターたちを破壊することに生涯を費やしてきた。

そのある人物とはテキサス州にいることが分かる。彼女らはREV-9に追われつつもテキサスに向かう。そしてそこで待っていたのは年老いたターミネーターT-800だった。彼は果たして敵なのか味方なのか・・・。

その後のストーリーとネタバレ

 

「作成中」

 

 

 

 

 

 

TATSUTATSU

 

関連記事

  1. SF

    映画「キング・アーサー」感想・評価‐新感覚ドラマと迫力ある映像・音楽に酔いしれる

    サマリー2017年6月日本公開のアメリカ・イギリス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. SF

    映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」感想・評価:火山噴火によって恐竜たちは絶…
  2. ベストテン

    お薦めバッドエンド映画ベストテン-後味が悪くて二度と見る気がおきない映画だ
  3. SF

    映画「ゼロ・グラビティ」感想・評価:素晴らしい映像だけどストーリーは荒唐無稽
  4. アニメ

    アニメ映画「CYBORG009 CALL OF JUSTICE第二章」感想・評価…
  5. SF

    映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」感想・評価‐ヒロインはジェダイかその父親…
PAGE TOP