SF

映画「ジェミニマン」感想・評価:51才と23才二人のウィル・スミスの戦いの結果は

サマリー


★★★☆☆(お薦め)

2019年10月日本公開のアメリカ制作SFサスペンス
監督 アン・リー(グリーン・デスティニー、ライフ・オブ・パイ、ジェミニマン)
出演 ●ウィル・スミス(バッドボーイズシリーズ、インデペンデンス・デイ、メン・イン・ブラックアイ,ロボットアイ・アム・レジェンド、スーサイド・スクワット)
●メアリー・エリザベス・ウィンステッド(遊星からの物体Xファーストコンタクト、ダイハード4.0、10クローバーフィールド・レーン
●クライヴ・オーエン(キング・アーサー、クローサー、トゥモロー・ワールドラスト・ナイツヴァレリアン千の惑星の救世主ANONアノン
●ベネディクト・ウォン(オデッセイドクター・ストレンジアナイアレイション-全滅領域-アベンジャーズ/エンドゲーム

『ジェミニマン』本予告

 

ハリウッド・トップレベルの「ドル箱俳優」ウィル・スミスを主役に据えても残念ながら全米でも中国でもコケてしまった(80億円の赤字)。監督、俳優、アクション共に一級品だが「クローン」と言う題材が飽きられたのか。

ジェミニとは「ふたご座」のことで、51才と23才の二人(双子)のウィル・スミスの戦いだ。当然23才の彼はクローンと言う設定だ。

ウィル・スミス扮するヘンリーは2Km先の動く標的を撃ち抜く伝説のスナイパーだ。彼は引退時、知ってはならない秘密を知ってしまう。そして彼に送られた刺客こそがクローンの「ジュニア」だ。

このストーリーでは先が読めてしまって、わざわざ映画館に行く必要がないと踏まれたか。映画とは先の読めない意外性が勝負だ。最近の目の肥えている観客は凡庸なストーリーに金は払わない。

僕としては楽しく見させてもらった。51才と23才のウィル・スミスを一人で演技する。最先端のCG画像は驚くほどリアルで本当に彼の息子が出ているのではないかと錯覚させられる。中途半端なSFサスペンスにややうんざりしたがもうひとひねり欲しかったね。

話のスジを少し紹介すると。ヘンリー(ウィル・スミス)は過去70人以上を殺害してきたDIA(アメリカ国防情報局)の雇われスナイパーだ。彼の狙撃能力は天性のもので誰もまねできない。

最後の殺しも成功したものの、若干目標から弾がそれかろうじて首に当たった。51才になるヘンリーは引退の潮時と考える。ところが最後に殺害した男はテロリストではなく分子生物学者だということが分かった。

その事実を知ったためにヘンリーは狙われることになる。そして彼の監視役ダニー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)も巻き添えを食う。

二人は昔の友人バロン(ベネディクト・ウォン)を頼って、コロンビアに向かうがここでも特殊部隊に狙われる。ところがそこに一人、凄腕の殺し屋がいた。しかも彼はヘンリーの心が読めるように攻撃を仕掛けてくる。そいつの顔を見た時ヘンリーは一瞬、息が止まるほど驚いた。

そいつは若い時の自分そっくりなのだ。果たしてそいつは誰なのか、そして分子生物学者は何を研究していたのか・・・。

その後のストーリーとネタバレ

 

「作成中」

 

 

 

 

 

 

 

TATSUTATSU

 

 

関連記事

  1. SF

    映画「ドクター・ストレンジ」感想・評価‐魔法使いはハリポタでもう充分

    サマリー2017年日本公開のアメリカ SFスーパー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 海外ドラマ

    TVドラマ「エレメンタリー ホームズ&ワトソンinNY 第一シーズン」感想・評価…
  2. サスペンス

    映画「スカイスクレイパー」感想・評価:高さ1キロメートルの超高層ビルを狙ったテロ…
  3. ヒューマンドラマ

    映画「リスボンに誘われて」感想・評価:世界に100冊しかない本に出会った男がその…
  4. 邦画

    映画「秘密THE TOP SECRET」感想・評価‐殺人者の脳の中は恐怖の世界だ…
  5. コラム

    映画「アバウト・タイム」にみる充実した人生を送る為の時間の使い方
PAGE TOP