サスペンス

映画「羊たちの沈黙」感想・評価‐無名のジョディ・フォスターがスターになったね

51FMW3DE9GL

【サマリー】

1991年公開のアメリカ映画、監督はジョナサン・デミ、主演はジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンスである。当時前評判が高く映画館に急ぎ駆け付けた。

映画は戦慄を覚える程素晴らしい出来栄えで今でも記憶に残っている。またこの映画に触発されトマス・ハリスの原作までも読んだ。

従来の定説を破り、女性FBI捜査官が主役で大ヒットする映画としては初めてでは無いだろうか。映像の中のジョディ・フォスターは20代で、演技が素晴らしいだけではなく美しさの絶頂期であったと思う。

更に、アンソニー・ホプキンスが犯罪精神医学の博士と殺人鬼の二面性をもったハンニバル・レクターと言う怪物を演じている。

この映画は主演男優賞(アンソニー・ホプキンス)主演女優賞(ジョディ・フォスター)監督賞(ジョナサン・デミ)他計5個のアカデミー賞を獲得している。

お知らせ:新しい映画ブログ辰々のお薦め映画とベストテン始めました。見に来てね。

images

【ストーリー】

ストーリーを少し紹介すると、若い女性を殺害し皮膚をはぎ取る連続殺人事件が発生する。

ねらわれた女性は少し太めで、死体の喉には蛾の蛹が押し込まれている。謎がなぞを呼び手がかりがつかめない、そしてさらに誘拐事件が起こる。

FBI行動科学課のクロフォード主任捜査官(スコット・グレン)はクラリス・スターリング(ジョディ・フォスター)を呼び寄せる。

彼は、監禁中の凶悪犯ハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)に連続殺人事件の犯人の行動分析を依頼するが拒絶されていた。

しかし、若い女性であればハンニバルが気を許すかもしれないとクラリスを派遣する。ハンニバルはクラリスの個人情報と引き換えに、少しずつ犯人への手がかりを話し始める。

果たしてクラリスは犯人を特定し、逮捕にこぎつけることが出来るのか観てのお楽しみである。

images

【レビュー】

ハンニバル・レクターは実に恐ろしく魅力的な囚人である。外見は紳士のようであり、非常に高い知能をもっている。

クラリスとハンニバルの心理戦が実に面白く、彼女は個人情報を話すうちに心の奥底にあるキズをハンニバルにつかまれてしまう。

ハンニバルはクロフォードらには、犯人の偽情報を流す。しかし、クラリスに対しては本当の犯人の情報を与える。

ハンニバルはクラリスを見て、小さいころ亡くなった妹のことを思い出したのかも知れない。・・・・・彼女には特別な感情を抱くように映画では表現されている。

クライマックスは二つある、一つはハンニバルの逃走である。体育館のような広い部屋に巨大なオリがあり、ハンニバルが逃走しないように何重にも警備が敷いてある。彼はここから逃走するが、その方法があまりにも衝撃的である。

二つ目は連続殺人犯バッファロー・ビルとクラリスの闇の中の対決である。メンガタスズメと言われる背中にドクロ模様のある蛾が飛び回る。

このシーンは手にあせを握る名場面である。

cap229

クロフォード主任捜査官は今回の映画でも、レッド・ドラゴンでも頼れる男に描かれている。クラリスは彼に憧れているようにみえる。

しかし、TVドラマ ハンニバルでは少し不気味で超ワンマンに描かれているのが面白い。

この映画の12年後にレッド・ドラゴンが作られている。しかしストーリーの流れは逆である。レッド・ドラゴンの最後で「羊たちの沈黙」につながるシーンが出てくる。

さらにTVドラマ ハンニバルはレッド・ドラゴンの前までのエピソードがテーマになっている。つまりどんどんさかのぼって物語が進行している。

最後に、この映画が作られた時点で、20年以上経ってから、まさかハンニバル主演のTVドラマが作られるとは思っていなかっただろうね。まあ、それほど凄い映画と言うことかな・・・・・・・・。

                               辰々

2010-2-26_2

気に入ったら押してね。                                        

TOP

羊たちの沈黙(特別編) [DVD]

ジョディ・フォスター
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2012-09-05

映画「レッド・ドラゴン」感想・評価‐怪優エドワード・ノートンが凄くカッコイイ前のページ

老犬ラブラドール モスバーガーへ行く(長い歴史のあるお店だね)次のページ

関連記事

  1. サスペンス

    映画「めまい」ヒッチコック 感想・評価‐改めてノバァクの魅力にはまる

    【サマリー】 1958年のヒッチコック監督の名作である。今から56年も…

  2. サスペンス

    映画「ブラック・レイン」感想・評価‐高倉健さんを悼む

    【サマリー】1989年のアメリカ映画で、監督はリドリー・スコット、主役…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

最近の記事

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  1. アニメ

    アニメ映画「この世界の片隅に」感想・評価‐戦時下の呉で懸命に生きるすずに涙
  2. ホラー

    映画「チェンジリング:1980年」感想・評価‐正統派ホラーの傑作だ
  3. SF

    映画「マイノリティ・リポート」感想・評価‐2054年モデルのレクサスが凄い
  4. サスペンス

    映画「ボーダーライン」感想・評価‐リアル過ぎてドラマであることを忘れてしまう
  5. ヒューマンドラマ

    映画「グッド・ライ~いちばん優しい嘘~」感想・評価‐南スーダンの悲劇に心が痛む
PAGE TOP