ミステリー小説

ミステリー小説「君の縄(ナワ)」天から下がってくる縄をつかまえると天国に行けるのか

ストーリー

 


日々、暮らしにくくなっている昨今、何によりどころを求めればよいのか。何もしなければ時間だけが過ぎてゆく。かといって、自分にノルマを与えすぎるとメンタルに来てしまう。そんな時の箸休めに「寝る前の5分間で読むチョイ恐ミステリー」でものぞいてみて。

動画をどうぞ

「君の名は。」予告

 

僕は昨日、自分が死んだ夢を見た。自分が死ぬ夢には二つの解釈がある。一つ目は「夢が正夢となる不吉な前兆だ」。二つ目は「自分自身が生まれ変わり新たな出発を祝う良い夢だ」。どちらを選択するかは本人次第。

夢の内容は・・・僕は病院のベッドで寝ている。体は金縛りにあったように動かない。ベッドわきには妻や子供たちがいて、僕の顔を覗き込む。僕がふと、目を開けると「目の前に白い縄があった」。

その縄は天から降りてきたようだ。僕はとっさに縄を掴む。縄は天井を突き抜け上へ上へと登ってゆく。下を見ると僕の体があった。家族が皆、僕の顔を覗き込んでいる。体と魂が分離したようだ。

上から僕の体を見ると、足元に白髪のお婆さんがいた。お婆さんは不思議なことに天井の僕を見上げて微笑んでいる。僕を長い間見守ってくれていた「守護霊」なのか。さらに出入り口のドア付近に「黒づくめの男」がいた。

僕はどんどん上に登ってゆく・・・天国まで行くのか。次の瞬間、僕は大昔の実家にいた。狭い台所にあるちゃぶ台に集まって食事をしている。僕の前には若い両親とお爺さんがいる。美味しそうに湯豆腐を食べている。

懐かしくて涙が出そうだ。僕はランドセルを背負って小学校に行く。小高い丘を登って、幽霊屋敷とよばれていた廃墟の横を通って・・・。小学校の正門の前に文房具屋さんがある。ここで鉛筆とノートを買う。

校庭は少し小高いところにあり、横には小川が流れていた。放課後よく遊んだ場所だ。僕は小川を石でせき止め小さな池を作った。石を投げると草むらにいた「ガマガエル」に当たって、カエルが「グエッ」と泣いた。僕はカエルをいじめるつもりはなかったと後悔した。

次に、また場面が変わる。家から中学校に登校する。線路を横切る時、電車が通過した。そして中学校の校庭にいた。ここには誰もいないが一人でサッカーボールを蹴った。陽が傾いてきた、あたりは少しづつ暗くなってくる。グラウンドの片隅にあの「黒づくめの男」がいる。険しい目で僕を見ている。

僕はヤバいと家へと急ぐ。あれは誰なんだろうか、僕に好意をもっといるとは思われないし、敵意さえ感じる。家に帰っても誰もいなかった。確かにそうだみんな既に亡くなっている。僕は実家から海へと向かう。

お盆過ぎの海へは行くなと両親に言われていた。それはクラゲの大群が押し寄せ刺される、とか土用波に襲われるとの理由だ。本当は海に集まってくる亡霊たちに引きづりこまれるからだと僕は感じている。

でも、泳ぎたい欲求に負けて浅瀬で遊んでみる。海水浴は楽しい。時を忘れて魚たちと泳ぐ。よく考えてみると「海は僕ら生物を産んだ母親のようだ」でも油断すると「波に飲み込まれて死んでしまう」。「生」と「死」を併せ持つ不思議な存在だ。

地平線の向こうがオレンジ色に染まってくる。そろそろ戻らなくてはと思った時、かなり沖に来てしまっていた。しかも土用波が大きくうねる。おぼれそうになった僕の目の前に白い縄が下りて来る。

慌てて縄を掴む。縄は僕を天高く釣り上げる。このまま、天に昇ってゆくと思われたところにあの「黒づくめの男」が近寄ってくる。彼は大きなハサミを取り出し縄を切る。その時「男の顔」がしっかり見えた。

僕は絶叫を上げながら奈落の底に落ちてゆく、そして目が覚める。全身汗まみれだ。でも僕はまだ生きている。不思議な感覚だ、夢の中で死んでいたのに・・・現実には生きていた。

僕は夢を分析してみた。夢の中の「死」は穏やかで悪い気分ではない。天に昇ってゆく感覚は「快楽」さえ感じる。でも、これでいいのかとも思ってしまう。

そして、「黒づくめの男」とは驚くことに「自分」なのだ・・・はっきり分かった。天に昇ってゆく僕を阻止したのは自分自身だった。

夢の中に出てくる白髪のお婆さんは「守護霊」かもしれない。僕を見守り、寿命がくるまで寄り添ってくれる。でも「黒づくめの男」つまり、自分自身は「まだ死にたくない」と抵抗している。

「白」が天使「黒」は悪魔と誰が決めたのか・・・そんな取り決めなど無いはずだ。何故なら「生」と「死」は裏表だからだ。僕は2度ほど死にかけている。人間は生まれた時に「生物学的寿命」は決まっている。

心臓手術してくれた名医は、僕の心臓の弱さは生まれつきではないかと所見を述べた。だから現代医学が無ければ間違いなく55才の時に死んでいた。僕が今も生きているのは「現代医学」で生かされているからだ。

寿命とは不思議なもので、生まれながらに持っている「生物学的寿命」と外部要因による「運命」と二つある。元気な人でも「不慮の事故」で亡くなることがある。

僕は「生物学的寿命」を超えたように思う。「不慮の事故」さえなければもう少し生きられる。「寿命」とは不思議なものだ。ところで、あなたの後ろにある「縄」は「君の縄」なのか・・・。

TATSUTATSU

ミステリー小説「友引の夜」友を黄泉の国に引きづりこむ言い伝えは果たして本当なのか

ミステリー小説「晴天に幽霊を見た」あの世から迎えに来た女はいったい誰なのか

ミステリー小説「シャドーピープルとの遭遇」暗闇に引きづりこまれたら最後、もう戻れない

ミステリー小説「宇宙人の遺体を見つけた男」出土した木棺の中には2体の地球外生命体があった

ミステリー小説「守護霊と旅する男」彼は何処に向かって旅をするのか、旅はいつ終わるのか

ミステリー小説「細胞に刻まれた海の記憶」浜辺から見るオレンジ色の夕日・朝日、何故か心が奪われる

ミステリー小説「自分がエイリアンと気づくまで」夢の中の場所は別の惑星の上にいるようだ

ミステリー小説「幸運が見える男の悲劇」運は誰しも平等に持っている、運を独占することは自分自身を犠牲にすることだ

ミステリー小説「僕のUTAは君のUTA」死ぬまで独りぼっちは嫌だ、一緒にあの世に行きたい

ミステリー小説「宇宙虫は存在する」隕石によって運ばれる不思議な生命体が発見される

霊魂の存在と死後の世界をテーマにした映画ベストテン:魂や幽霊は必ず存在し常に僕らにシグナルを送っている

以下のミステリー小説も見てね。

僕のドッペルゲンガー体験

僕の金縛り体験記

連鎖する惨劇

丑三つ時に現れる老ネコの謎

クリスマスの雪女

幽霊が見える男

生まれた時に人間の寿命は決まっている

僕の心臓手術体験記

緑の少年

真夜中の鏡の怪

死相が顔に現れる

死者が誘う夜の海水浴場

夢と現実が直結する時

ミステリー小説「地球外生命体など存在しない」今までこれらを証明する確実な証拠がないのは何故だ前のページ

ミステリー小説「スナフキン症候群とは」世知辛い世の中にあって救いを求める対象とは次のページ

関連記事

  1. ミステリー小説

    ミステリー小説「僕のドッペルゲンガー体験」自分の分身と偶然出会えば死ぬ

    ストーリー「僕の実体験や知人から聞いた話をミステリー小説としてまと…

  2. ミステリー小説

    ミステリー小説「自殺する夢を見た」毒薬を飲んでも死ねない、何故なんだ

    ストーリー日々、暮らしにくくなっている昨今、何によりどころを求めれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

アーカイブ

最近の記事

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. SF

    映画「オデッセイ」感想・評価:火星に取り残された主人公は無事地球に戻れるのか
  2. ミステリー小説

    ミステリー小説「今年UFOと宇宙人の真実が暴かれる」この広い宇宙に高度な文明を持…
  3. ヒューマンドラマ

    映画「アリー/スター誕生」感想・評価:レディ・ガガの迫力にしびれブラッドリー・ク…
  4. ホラー

    映画「チェンジリング:1980年」感想・評価‐正統派ホラーの傑作だ
  5. ラブラドール

    老犬ラブラドールネネとカギ猫シロの拡大写真(近くで見てもかわいい)
PAGE TOP