ミステリー小説

ミステリー小説「晴天に幽霊を見た」あの世から迎えに来た女はいったい誰なのか

ストーリー

 


 

日々、暮らしにくくなっている昨今、何によりどころを求めればよいのか。何もしなければ時間だけが過ぎてゆく。かといって、自分にノルマを与えすぎるとメンタルに来てしまう。そんな時の箸休めに「寝る前の5分間で読むチョイ恐ミステリー」でものぞいてみて。

幽霊は暗闇の中にいるものだが僕の場合は晴天の下で見た。しかも3回もだ。我々人間は精神状態がおかしくなると昼間でも「幻影」を見る。しかし、僕の場合「幻影」なんかではない生きているように見えた。

まず、一回目は町を歩いている時だ。春の温かい午前中繁華街を歩いていた。前から見知らぬ女性が歩いてくる。ふと、すれ違いざまに僕に微笑む。同時にかぐわしい香りが流れてくる。

僕はびっくりして彼女を覗き込む。平安貴族風の着物を羽織ったいでたちで僕の横を通り過ぎてゆく。僕は振り返って彼女を追いかけたい衝動に駆られる。あの微笑みには魔力がある。でも必死で自制心を保った。何事もなく前を向いて歩き続けた。

彼女の微笑みをどこかで見たような気がした。そして彼女の後ろをついてゆく何人もの男たちも見えた。ただ男たちの多くは透き通っているようにも見えた。この世の物ではないだろう。

二回目はいつもの公園で遭遇した。この日も天気がいい、広い公園をのんびりと散歩していた。散策道のわきにベンチがある。そこに和服姿の女性が座って本を読んでいた。僕がそこに通りかかると彼女が顔を上げて微笑んでくる。いつかの彼女だ。僕は彼女の横に座りたい衝動に駆られた。でも、何故かそこを通り過ぎた。

それから一年後、僕は徳島の「大塚国際美術館」を訪れた。ここは世界26か国の名画190点以上が原寸大の「陶板」として保存してある。国内でも有名なところだ。レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」の所に来た時、僕の少し前にいた洋服の女性が振り向いた。

彼女は微笑む。その微笑みがあの「モナ・リザ」にそっくり。三度目の遭遇だった。今度こそ彼女に会いたいと近くへ行こうとした時、肩を誰かに掴まれた。

振り返るとかなり前に亡くなった父だった。父は僕に何かを伝えたいようだ。彼女の方を見ると何処にもいない、また後ろの父も消えてしまった。

それから一か月後、僕は脳溢血で倒れた。でも偶然通りかかった老婦人が救急車を呼んでくれ、一命をとりとめた。老婦人は運ばれた病院の看護師によると亡くなった僕の母に特徴がよく似ていた。

後から考えると、「亡くなった両親」に助けられたような気がする。あのまま彼女についていったら何処に連れていかれたやら・・・冷汗が出る。

「モナ・リザ」の微笑みは多くの研究者を惹きつけその謎を解き明かそうとした。例えば、微笑みは「妊娠した女性の喜びを表している」と言う研究者がいる。

また、レオナルド・ダ・ヴィンチ自身を絵画に投影させたもの・・・或いは母の面影を絵画に込めたもの。さらに彼の理想の女性像を描いたものとも考えられる。彼の愛人説、女性の弟子を描いたものもある・・・きりがない。

「モナ・リザ」を見ていると本当に微笑んでいるのか、よく見ると微笑んでなんかいない。僕が「幻影」としてみた女性も微笑んでなんかいない。微笑んでいるように見えて、本当は僕を「黄泉の国」に連れて行こうとしていたのか。

脳は不思議な作用をすることが最近分かってきた。歳を取って目が弱ってくる。白内障や部分的網膜剥離などによって視野が欠ける。そうするとその欠けた部分を補うように「脳が幻影をみせる」。その「幻影」かもしれない。

視力が弱ってくると眼鏡に映った虚像を実物と勘違いすることがある。現在の僕がそうであるように、毎年視力が低下して来る。何かが僕の視野をかすめることが多くなってきた。

今回は天使の微笑み、或いは悪魔の微笑みを何とか回避できた。でもいつまでもこのままではいられない。いつかは「黄泉の国」に行かなくてはならないのだ。その時まで「モナ・リザ」は微笑んでいることにしておこうか。

TATSUTATSU

ミステリー小説「シャドーピープルとの遭遇」暗闇に引きづりこまれたら最後、もう戻れない

ミステリー小説「宇宙人の遺体を見つけた男」出土した木棺の中には2体の地球外生命体があった

ミステリー小説「守護霊と旅する男」彼は何処に向かって旅をするのか、旅はいつ終わるのか

ミステリー小説「細胞に刻まれた海の記憶」浜辺から見るオレンジ色の夕日・朝日、何故か心が奪われる

ミステリー小説「自分がエイリアンと気づくまで」夢の中の場所は別の惑星の上にいるようだ

ミステリー小説「幸運が見える男の悲劇」運は誰しも平等に持っている、運を独占することは自分自身を犠牲にすることだ

ミステリー小説「僕のUTAは君のUTA」死ぬまで独りぼっちは嫌だ、一緒にあの世に行きたい

ミステリー小説「宇宙虫は存在する」隕石によって運ばれる不思議な生命体が発見される

霊魂の存在と死後の世界をテーマにした映画ベストテン:魂や幽霊は必ず存在し常に僕らにシグナルを送っている

以下のミステリー小説も見てね。

僕のドッペルゲンガー体験

僕の金縛り体験記

連鎖する惨劇

丑三つ時に現れる老ネコの謎

クリスマスの雪女

幽霊が見える男

生まれた時に人間の寿命は決まっている

僕の心臓手術体験記

緑の少年

真夜中の鏡の怪

死相が顔に現れる

死者が誘う夜の海水浴場

夢と現実が直結する時

 

ミステリー小説「地球外生命体捕獲部隊は実在する」米軍の中に秘密裏に設けられた特殊部隊あなたは信じるか前のページ

ミステリー小説「ニトロを持って」夢と現実を行き来する老人症とは果たして病気なのか次のページ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

アーカイブ

最近の記事

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. ミステリー小説

    ミステリー小説「四畳半の押し入れに現れるUFO」我々は知らないうちに多くの宇宙人…
  2. ベストテン

    血も凍る日本のサイコパス映画ベストテン‐こんな人間が世の中にいると思うと眠れない…
  3. カギ猫シロちゃんスイカをお手玉(巨大猫の出現だ、ビックリ)
  4. アニメ

    アニメ映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」感想・評価:エヴァの呪縛から解き放たれ…
  5. ラブラドール

    老犬ラブラドール モスバーガーへ行く(長い歴史のあるお店だね)
PAGE TOP