ミステリー小説

ミステリー小説「夕方フレンド」いつも夕方になると不思議な女性がやってくる

ストーリー


夕方フレンド テーマ曲

James Taylor & Carole King – You've Got A Friend (BBC In Concert, 11/13/71)

 

僕は典型的なサラリーマンだ。朝起きて朝食を食べ、歯磨きと顔を洗ってスーツを着込みアパートを出る。満員電車に揺られ会社に向かう。そして会社で社畜のように働き、定時には帰宅する。こんな生活を5年ほど続けている。

生活は安定しているものの、あまりにも平凡すぎて人生がつまらなく感じることもある。しかし、僕には他の人が持ってない特殊な能力がある。僕は実は「見える男」なのだ。

最初にこの能力に気づいたのは僕のお婆ちゃんだ。おばあちゃんも僕ほどではないが「少し見える」力を秘めている。僕が幼稚園くらいの時、公園やお寺、墓地で何かと話しているのをしばしば目撃している。

映画「さんかく窓の外側は夜」の予告編をどうぞ。この映画では「幽霊」が見える男が出てくる。ご参考に。

映画『さんかく窓の外側は夜』本予告(60秒)

 

お婆ちゃんは僕が「霊」を見ていると分かったそうだ。しかし、この能力は歳を取れば普通は消失してゆく。ところが僕に限ってはこの能力が消失するどころか、強くなっているような気がする。

町を歩くとあちらこちらで「霊」を目撃する。彼らは半透明で人間の中に紛れ込んでいる。中には「悪霊」が取り憑いている人をしばしば見かける。「霊」たちは僕が見えるのを知っているから寄ってくる。たまっちゃもんじゃない。勘弁してほしい、僕はすぐに逃げる。

ところで最近、僕のアパートに夕方訪ねてくる女性がいる。僕が会社から帰ってしばらくすると必ずドアをたたく。20代半ばくらいの女性だが、物凄く生意気だ。名前をアケミと言う。

ずかずか上がり込んで、おせんべいをボリボリ食う。おせんべいのかけらをテーブルにまき散らすから、やめてくれと頼むのだけど応じる様子はない。

さんざん僕の素性を尋ねておいて一時間ほどで帰ってゆく。そんなことが3日程続いた。4日目にお礼をすると言うことで「映画デート」に誘ってくれた。ところがこれが「遊星からの物体X」というちびりそうなホラーだ。おかげで暫くスパゲティーが食えなくなってしまった。

5日目に彼女は祈祷師のお婆ちゃんハツと一緒にやってきた。簡単な祭壇を部屋の中に設け、その後ろに僕を座らせる。そしてローソクと線香をつける。

お婆ちゃんは僕の額に御札を貼り、念仏を唱える。一連の儀式が終わると僕に向かって「あんたはもうすでに死んでいる」「成仏しなさい」とびっくりするようなことを言う。

そんなことは信じられない。毎日会社へ行って普通の生活をしているのに・・・。アケミは僕に写真を見せる。リビングにうつぶせに倒れている僕だ。それに僕の名前が書いてあるお墓もある。

彼女は「急性の心不全でポックリいったよ」と言う。そして突然死した者の中に「自分の死を認識できないやつらが時々いる」と追い打ちをかける。そんなことを言われても到底信じることは出来ない。

あんたがいるからこの部屋に誰も住み着かない、迷惑だよと声を荒げる。でも信じられないものは信じられない・・・と突っぱねる。アケミはめんどくさそうに2つの鏡を取り出す。

1つは普通の鏡だ・・・問題なく僕がしっかり映っている。もう一つの鏡(霊が写る鏡)を見て愕然とした。そこに映っていたのは半透明の僕だった。アケミが鏡をのぞき込むと一目瞭然だ・・・アケミの横に半透明の僕が間違いなくいた。

これを見た瞬間、僕は自分の死を認識した。自分は既に死んでいたのだ。僕の体はふわりと線香に煙とともにアパート天井に登ってゆく。下では二人の話が聞こえて来る。

今回の除霊代50万にしようとか、次はこのアパートだとか・・・。その時、アケミが変なことを言い出す。「こいつを式神みたいにこき使って金儲けしよう」などと提案している。僕がゆうことを聞きやすいかららしい。

つまり、僕が悪霊となって、アケミが除霊する。そして除霊代をせしめる。僕は何度も悪霊役をやるのか・・・まあいいか、この世にまだ未練があるし、ごほうびに映画に連れて行ってもらおうっと。ベタベタな恋愛映画がいいな。

アケミは指を濡らして線香をつまんで消す・・・・天井まで上がった僕はそれ以上、上がれずそこに漂う。僕は中途半端のままだ。

あとがき:僕は5年前に心臓の手術を行った。その時自分の心臓が11時間も止まっている。当然のことだがその間は人工心肺が動いて体中に血液を送っている。

手術が終わり、麻酔から目が覚めた時、空気中を漂うようなフワフワした感触があった。もう僕は本当は死んでしまって幽霊のようになってるのかと考える。

大手術の後遺症は次々出てきて、僕を苦しめる。手術後5年経っても、回数は少なくなったがいまだに現れる。それほど生死を賭けた手術なんだと今更ながら思う。でも、最も大きな後遺症はこの幽霊になったようなフワフワ感かもしれない。「僕の心臓手術体験記」を参照にしてね。

TATSUTATSU

映画「さんかく窓の外側は夜」感想・評価:除霊コンビのシリーズ化を思わせるような内容に違和感

映画「遊星からの物体X」感想・評価:細胞単位の地球外知的生命体に乗っ取られる人間の中身がグロい

ミステリー小説「四畳半の押し入れに現れるUFO」我々は知らないうちに多くの宇宙人に遭遇している

以下のミステリー小説も見てね。

僕のドッペルゲンガー体験

僕の金縛り体験記

連鎖する惨劇

丑三つ時に現れる老ネコの謎

クリスマスの雪女

幽霊が見える男

生まれた時に人間の寿命は決まっている

僕の心臓手術体験記

緑の少年

真夜中の鏡の怪

死相が顔に現れる

死者が誘う夜の海水浴場

夢と現実が直結する時

ミステリー小説「四畳半の押し入れに現れるUFO」我々は知らないうちに多くの宇宙人に遭遇している前のページ

ミステリー小説「今日は地球最後の日」誰もがこの日を免れることは出来ない次のページ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

アーカイブ

最近の記事

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. カギ猫シロちゃん靴下コレクター(僕の靴下どこに隠したの)
  2. ヒューマンドラマ

    「スノーデン」映画の感想と解説:一般市民の監視を暴露した彼は英雄か犯罪者か
  3. 海外ドラマ

    海外ドラマ「エレメンタリー ホームズ&ワトソンin NY シーズン4」感想・評価…
  4. SF

    映画「メイズ・ランナー:最期の迷宮」感想・評価:迷宮の秘密が明らかになるそしてト…
  5. ヒューマンドラマ

    映画「あなたを抱きしめる日まで」感想・評価:里子に出された息子に一目逢いたい、心…
PAGE TOP