注目の記事 PICK UP!

アニメ映画「CYBORG009 CALL OF JUSTICE第三章」感想・評価‐結末は良かったね


サマリー

2016年公開のサイボーグ アニメ映画 第三章
総監督・脚本 神山健治(攻殻機動隊S.A.C.Individual ElevenSolid State Society笑い男事件、東のエデン、009RE:CYBORG
監督 柿本広大
原作 石ノ森章太郎
主題歌 MONKEY MAJIK
声の出演 河本啓佑(009:島村ジョー)
福圓美里(001:イワン・ウィスキー)
佐藤拓也(002:ジェット・リンク)
種田梨沙(003:フランソワーズ・アルヌール)
日野聡(004:アルベルト・ハインリヒ)
乃村健次(005:ジェロニモ・ジュニア)
真殿光昭(006:張々湖 ちゃんちゃんこ)
佐藤せつじ(007:グレート・ブリテン)
石谷春貴(008:ピュンマ)
杉崎亮(ギルモア博士)

第一章」「第二章」を参考にしてね。

『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』特別プロモーション映像
世界に危機が迫る時、彼らはいつもそこにいた 人類の未来に大いなる脅威が迫る。その時、立ち上がったのは、 人知れず平和のために闘い続けてきた9人のサイボーグ達だった。 数々のヒーローを生み出した天才マンガ家・石ノ森章太郎が生み出した永遠のヒーロー『サイボーグ009』が、フル3DCGアニメーションという新たな姿で 再誕(リボーン)する。 総監督は、『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズを手がけた神山健治。 神山は2012年に『サイボーグ009』を原作とした映画『009 RE:CYBORG』を 監督、同作はロングランを記録した。 監督は『009 RE:CYBORG』(演出)、『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』(助監督)を務めた柿本広大。 キャラクターデザインは『楽園追放 -Expelled from Paradise-』『キャプテン・アース』で注目を集めた俊英・齋藤将嗣が手がける。    009たちが立ち向かうのは、正体不明の異能者たち「ブレスド」。 新たな敵、新たな技術、新たなスタッフが新たな『サイボーグ009』の世界を加速させる! 【STAFF】 原作:石ノ森章太郎  総監督:神山健治 監督:柿本広大 キャラクターデザイン:齋藤将嗣 声の出演:河本啓佑 種田梨沙 福圓美里 佐藤拓也  日野聡 乃村健次 真殿光昭 佐藤せつじ 石谷春貴   アニメーション制作:SIGNAL.MD・OLM Digital, Inc.   製作:石森プロ・Production I.G 配給:東宝映像事業部 第1章:11月25日(金) 第2章:12月2日(金) 第3章:12月9日(金) 全章 2週間限定ロードショー 映画公式サイト:www.cyborg009.jp  映画公式Twitter:@cyborg009coj © 2016 「CYBORG 009」製作委員会 www.cyborg009.jp

『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』特別プロモーション映像

第三章の予告編だ。

『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』第2章次回予告
世界に危機が迫る時、彼らはいつもそこにいた 人類の未来に大いなる脅威が迫る。その時、立ち上がったのは、 人知れず平和のために闘い続けてきた9人のサイボーグ達だった。 数々のヒーローを生み出した天才マンガ家・石ノ森章太郎が生み出した永遠のヒーロー『サイボーグ009』が、フル3DCGアニメーションという新たな姿で 再誕(リボーン)する。 総監督は、『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズを手がけた神山健治。 神山は2012年に『サイボーグ009』を原作とした映画『009 RE:CYBORG』を 監督、同作はロングランを記録した。 監督は『009 RE:CYBORG』(演出)、『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』(助監督)を務めた柿本広大。 キャラクターデザインは『楽園追放 -Expelled from Paradise-』『キャプテン・アース』で注目を集めた俊英・齋藤将嗣が手がける。    009たちが立ち向かうのは、正体不明の異能者たち「ブレスド」。 新たな敵、新たな技術、新たなスタッフが新たな『サイボーグ009』の世界を加速させる! 【STAFF】 原作:石ノ森章太郎  総監督:神山健治 監督:柿本広大 キャラクターデザイン:齋藤将嗣 声の出演:河本啓佑 種田梨沙 福圓美里 佐藤拓也  日野聡 乃村健次 真殿光昭 佐藤せつじ 石谷春貴   アニメーション制作:SIGNAL.MD・OLM Digital, Inc.   製作:石森プロ・Production I.G 配給:東宝映像事業部 第1章:11月25日(金) 第2章:12月2日(金) 第3章:12月9日(金) 全章 2週間限定ロードショー 公式サイト:www.cyborg009.jp  公式Twitter:@cyborg009coj © 2016 「CYBORG 009」製作委員会

『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』第2章次回予告

今日は娘にすっぽかされて一人寂しく見に行ってきました。

映画館の中は日曜日の夜と言うこともあって、20~30人のオタクっぽい人(僕も含めて)が集まっていましたね。

やっぱりMONKEY MAJIKのサウンドはグッドだ・・・早くアイポッドに入れなくちゃ。

ここまで、このフル3Dアニメを散々コケおろしてきたけど、この第三章はスピード感があってよかったね・・・009RE:CYBORGを彷彿とさせる内容だ。

3000年地球に君臨してきた「ブレスド」のエンペラーとジョーの一騎打ちが迫力がある。やはりキーになるのはジョーの加速装置だ。

あのイワンでさえもエンペラーには太刀打ち出来ない、ましてやサイボーグ戦士が束になってもかなう相手ではない。いったいジョーはどうやって戦うのか?

ストーリー

ゼロゼロサイボーグ達は空中要塞ドルフィン3に集結する。そこにはカタリーナ中尉が居て、恐ろしい話をする。

彼女は、人間の思考や動作を同期出来る「ブレスド」だった。エンペラーの指令は彼女と同期した全ブレスドに伝わる。

彼女の話では宇宙ステーションから多量の「マイクロドローン」を装填したロケットを地球に向けて発射する。そしてそのロケットは空から「マイクロドローン」を地表にばら撒く計画だ。

この「人類強制進化計画」が実行されれば、世界人口の95%が死に絶えてしまう。カタリーナ自身はこの計画に疑問を持っている。そして彼女はドルフィン3からパラシュートを使ってどこかに消えてゆく。

ジョー、ジェット、アルベルトの三人は、ドルフィン3の迎撃ミサイルの先端部分に乗り込み宇宙空間に発射される。

宇宙空間に到達した彼らはロケットから離脱し、宇宙ステーションに向かう。真空環境に彼らが耐えられるのは15分間だけである。

彼らが宇宙ステーションに到達したとき、プロフェッサーの操るアーマードスーツが現われ妨害する。プロフェッサーはジェットに任せ、ジョーとアルベルトは宇宙ステーションの中に入って行く。

アルベルトはステーションの制御系統を自分の体に接続し、コントロールしようとする。ところがここは誰かに制御されているらしく、アルベルトの体の自由がきかない、このままでは彼の武器でステーションが損傷を受けてしまう可能性がある。

アルベルトは自分のソードを使って四肢を切断する・・・もうこれしか方法が無い。

ジョーはステーションの奥の部屋に入って行くと、そこにはプロフェッサーの本体「脳」が保管されていた。これによってステーションが操縦されている、ジョーは「脳」を破壊する。

そしてジョーとジェットはアルベルトを残し、ステーションにドッキングしている宇宙船で地球に帰還する・・・二人とも悲しみで胸が張り裂けそうだ。

アルベルトは自分の体を犠牲にして宇宙ステーションを操りながら、地球の周回軌道から外れて深い暗闇の宇宙へと消えてゆく。

地球に帰還した二人に、フランソワーズがイワンの居場所を伝える。ジョーは加速装置を使ってイワンのもとに急ぐ。

ネタバレとレビュー

アメリカ自由の女神像の近くにイワンはいる。

エンペラーがイワンに興味を抱いたのは、彼の能力を自分のものにしようと考えたからだ。

エンペラーは3000年の間、地球に君臨してきた最強の異能者だ・・・彼を倒す事は誰にもできない。彼はその人間に触れることによって、その能力をコピーすることが出来る。

イワンの力でエンペラーを押しつぶそうとしたが、逆にイワンはATフィールド(防御壁)に閉じ込められ身動きできずにいた・・・イワンの力は既にエンペラーにコピーされていた。

イワンは自分の力でエンペラーを倒すために仲間には「僕にかまうな」と言ったようだ。

ジョーが到着しエンペラーと対峙する。そこにカタリーナも現れる。

エンペラーは「人類強制進化計画」は失敗に終わったが、人々の記憶をゼロにし、リセットさせると宣言する。

ジョーは加速装置を使って、エンペラーを倒そうと突進するが、ジョーの動きはすべてエンペラーに悟られ触れる事さえ出来ない・・・しかしジョーは無駄だと分かっていても戦いを止めない。

やられてもやられてもエンペラーに向かってゆくがかすりもしない、その時ジョーのこぶしがエンペラーを捉え、エンペラーは吹っ飛ぶ。

彼は殴られたのは3000年ぶりだとうすら笑う。実はカタリーナが自分の超能力を使ってジョーとエンペラーの動きを同期させてしまったからだ。

怒ったエンペラーはカタリーナの記憶をけし、殺してしまう。そこにフランソワーズが現われるがカタリーナを助けることが出来なかった。

ジョーとエンペラーの動きはどんどん早くなる、エンペラーは殺伐とした光景を見る。ジョーが加速装置を使って高速で移動するときは、いつもこんな孤独な映像を見ていたのだ。

ジョーはどんどん加速する、それに同期したエンペラーも恐ろしい速さで動く、そしてそのスピードは光りをも超えてしまう。

つまり二人とも事象の地平線を超えてしまった。ジョーとエンペラーはだれも見たことのない別次元へと吸い込まれてゆく・・・もう戻ることは無い。

ジェットの力を借りてピョートル局長を倒した、五十嵐大尉はゼロゼロサイボーグ達を訪ねる。彼は局長を任されることになったらしい。

地球の平和と正義を守ったゼロゼロサイボーグ達の活躍を知る者は誰もいない。

結末は、ジョーが自らを犠牲にしてエンペラーを異次元の世界へ連れて行ってしまったようだね。

事象の地平線とはその内側は光りさえも出ることの出来ない世界だ、その外側からは情報を得ることは全く出来ない。

ブラックホールに吸い込まれたような感じだ、映画「インターステラー」では、この世を3次元+時間(つまり4次元)とすると、ブラックホールに飲み込まれることによって5次元の世界に行ってしまう。

そしてその後ホワイトホールから吐き出される⇒主人公は124才で発見される。


5次元の世界

ブラックホールにはいろんな説があって、その中にはコピー機だと言う説がある。事象の地平線を超えてしまったジョーたちはそこで消滅してしまうが、新たな形で再生され何処からかに排出されるのか・・・。

実際には質量が無限大になることから光より早く動くことは出来ないと考えられているけど、アニメの世界では「アリ」だね。

この物語がこんな終わり方をするとは考えつかなかった・・・にくいストーリーだね。前作の「009RE:CYBORG」では結末が「天国」らしきところに行って終わりになる、そうなると次は「異次元」か、さらに次は何処にゆくのかな。

近未来お薦めロボット映画ベスト15(人間はAIに追い越される時が必ず来る)

映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」感想・評価‐配役が新鮮で本編よりいい

攻殻機動隊「ゴースト・イン・ザ・シェル」初心者入門解説7(ハリウッド版を見る前に)

TATSUTATSU

 

関連記事

  1. アニメ映画「CYBORG009 CALL OF JUSTICE第二章」感想・評価‐スルーしてもいいか…

  2. アニメ映画「009RE:CYBORG」感想・評価‐ジョーの疾走感が忘れられない

  3. アニメ映画「言の葉の庭」感想・評価‐雨と年上の女性との淡い恋が爽やかに描かれる

  4. 「レッドタートルある島の物語」感想・評価‐大コケ原因は製作者側の押し付け自己満足なのか

  5. アニメ映画「君の名は。」感想・評価‐実写より実写らしい映像にため息

  6. アニメ映画「攻殻機動隊S.A.C 笑い男事件」感想・評価‐プロットが魅力のどんでん返しドラマだ

  7. アニメ映画「CYBORG009 CALL OF JUSTICE第一章」感想・評価‐30年前の作品みた…

  8. アニメ映画「攻殻機動隊S.A.C SOLID STATE SOCIETY」感想・評価‐孤独老人の末路…

  9. アニメ「攻殻機動隊S.A.C Individual Eleven」感想・評価-少佐の乙女チックな恋愛…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事:ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品集

最近の記事

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

特集記事:お薦め ベストテン

特集記事:サイボーグ009の世界観

PAGE TOP