注目の記事 PICK UP!

アニメ「攻殻機動隊S.A.C Individual Eleven」感想・評価:個別の11人とは、徹底解説する


サマリー

51vawszjrl

2004年から始まったテレビドラマ、2006年にDVDでリリースされた
監督 神山健治(攻殻機動隊S.A.C.Individual ElevenSolid State Society笑い男事件、東のエデン、009RE:CYBORGCYBORG009 CALL OF JUSTICE
原作 士郎正宗
音楽 菅野よう子
声の出演 田中敦子(草薙素子)
阪脩(荒巻大輔)
バトー(大塚明夫)
トグサ(山寺宏一)
イシカワ(仲野裕)
サイトー(大川透)
クゼ・ヒデオ(小山力也)
合田一人(西田健)

공각기동대 S.A.C. GAG Individual Eleven

このドラマはストーリーが細部まで作り込まれてて、意表を突いた展開で面白い。でもやはり複雑だなあ2回ぐらい観ないと分からない。2032年の世界が舞台となっている。

神山健治はつくづく社会派監督だと思うね。「笑い男事件」「ソリッド・ステート・ソサエティ」にしても現実問題をうまくとらえている。

sssmain_v

そして、このドラマのストーリーも10年以上前に作られたものだけど直近の「ヨーロッパの難民問題」「北朝鮮の核の問題」「中国の台頭」「日本とアメリカの関係」など、現在の難問を言い当てている・・・凄いね。

いくらアニメといえども、現実の問題からかい離し過ぎては面白くない。直近の世相を反映しているからこそ直接 肌に伝わってくる。

39607af8

公安9課だけが正義の味方で、あとはほとんど灰色だね。政府内でさえ、その時その時によって味方になったり、敵になったりする・・・こんなのありって思うけど。

今回この社会的ストーリーの他に草薙素子とクゼ・ヒデオの恋愛が絡んでいる。いつもの大男をアゴでこき使っている素子ではない。

entry_img_397

少女のような素子が出て来るのにはびっくりする・・・あのメスゴリラが。

このドラマのキーになるのが不気味な男、合田一人(ごうだかずんど)とクゼ・ヒデオだ。

内閣情報庁(内庁)代表補佐官 合田一人は悪人で、彼が作り出した「個別の11人」ウイルスは特定の人間にのみに感染する。

sotohan_2ndgig22_img005

感染した彼らは、合田の思惑通りに「難民を攻撃することで難民の蜂起を促す」そして役目を終えれば「英雄の最後は自決によって完結する」の言葉通りに集団自決する・・・「三島由紀夫による集団自決事件」を参考にしている。

合田は政府高官にもかかわらず、日本国の利益に反することを内密に行う、そして彼は内閣官房長官とつながっている。しかしその彼も外部(米帝か)から操られているのか・・・?

entry_img_365

ウイルスに感染し、合田に操られていた、クゼ・カズオはすんでのところで自決を思いとどまり、行方をくらます。

彼は元陸上自衛軍の軍人で、耐用年数が切れているとはいえ高度な完全義体を有している。そしてバトーと戦ってもそん色のないほどの戦闘能力も持っている。

unftitled-1

日本政府が安い労働力を得るために世界各地から難民を受け入れた。その数は300万人を超えており、日本全国5箇所に招慰難民の居住区がある。

「個別の11人」ウイルスに感染した者たちによって、難民関係者へのテロ・暗殺が行われ、この行動に国民たちの一部は彼らを英雄視する。そしてさらに難民たちを追いつめてゆく。

img_0

招慰難民は日本政府、日本国民から冷遇され、彼らは独立自治を勝ち取る為に武装ほう起する。

クゼは「個別の11人」ウイルスを除去し、難民たちの指導者になる。そしてハブ電脳を介し難民300万人のゴーストをネットに融合しようとする。

sotohan_2ndgig23_img011

さらにクゼは長崎出島地区の難民を独立国として日本に認めさせるために核武装を計画する。

闇取引でプルトニウムを入手しようとするが、失敗に終わる。

ed00049202

しかし表向きは核物質を持っているとみなされ、米帝の原潜から戦術核が出島に向かって発射される。

yokokayabuki

少佐達公安9課のメンバーもクゼを捕えるため出島に潜入している。彼らもクゼも難民もすべて核の犠牲になるのか・・・ここから先はDVDを見てね。

ネタバレとレビュー

長崎出島を標的とする核ミサイルはタチコマ達がミサイルの軌道上に衛星を落下させ、上空で破壊する。

しかしこの衛星にはタチコマ達のAIが搭載されており、彼らの記憶も存在も消滅してゆく。

20090217_412186

合田と内閣官房長官はクーデターを起こし茅葺総理を軟禁する。しかし荒巻達の活躍によって、総理は解放され逆に内閣官房長官は反逆罪で逮捕される。

合田は米帝への亡命を宣言するも、少佐によって殺害される。

sotohan_2ndgig26_img060

バトーが捕えたクゼはマイクロマシン注入によって電脳を破壊され暗殺される。

茅葺総理は米帝と安保を結びながらも、単独国連協調路線と言う、米露、中国、アジア、EUのどこにも偏らない「いばらの道」を進むことになる。国内には難民問題など多くの課題を抱えながら・・・。

img_7

公安9課は今回の活躍により、装備品の予算をすべて通し、タチコマに代わるウチコマを装備し新たな出発となる。

2011年、羽田沖で旅客機にミサイルが直撃し、6才の男女2名を残して乗客乗員が全て亡くなってしまう悲劇が生じる。

kobetu_4

この生き残った二人が草薙素子とクゼ・ヒデオと言われている。素子はクゼの電脳に潜ったときにこの事を感じる。

クゼは片腕で鶴を折って、病床の素子を勇気づけている。少佐にとっては何ともやりきれない結末で終わってしまった事件だ。

21a40c8e

直近の情報ではハリウッド版にクゼが出て来るらしいと言う未確認の情報が出回っている。もしそう考えるんであれば、この「個別の11人」がストーリーのベースになる可能性もある。(どうもガセネタらしい・・・笑い男が本命か)

或いは、世界で通用するストーリーにするため、色々な原作を織り込み、全くのオリジナルストーリーになるんだろーか。

20160826094043

まあ、世界でヒットさせるためにはアメリカ、中国、EUに受け入れられるよう架空の世界が無難かな。

追伸、ハリウッド版「ゴースト・イン・ザ・シェル」を4月7日に見てきましたよ・・・まあまあかな。

TATSUTATSU

 

関連記事

  1. アニメ映画「攻殻機動隊S.A.C 笑い男事件」感想・評価‐プロットが魅力のどんでん返しドラマだ

  2. アニメ映画「未来のミライ」感想・評価:くんちゃんが5つ世界へリンクする大冒険物語

  3. アニメ映画「ボス・ベイビー」感想・評価:突然現れたおっさんのようなボス・ベイビーその正体と目的は

  4. アニメ映画「思い出のマーニー」感想・評価‐マーニーとはいったい誰なんだろーね

  5. アニメ映画「CYBORG009 CALL OF JUSTICE第三章」感想・評価‐結末は良かったね

  6. アニメ映画「攻殻機動隊S.A.C SOLID STATE SOCIETY」感想・評価‐孤独老人の末路…

  7. アニメ映画「時をかける少女」感想・評価‐大ヒットの秘密を分析してみる

  8. アニメ映画「かぐや姫の物語」感想・解説‐かぐや姫が犯した罪とは

  9. アニメ映画「言の葉の庭」感想・評価‐雨と年上の女性との淡い恋が爽やかに描かれる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

樹木希林さん追悼映画

最近の記事

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

特集記事:お薦め ベストテン

特集記事:ホラー特集