注目の記事 PICK UP!

映画「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」感想・評価‐睡眠不足の方は要注意だ


サマリー

maxresdefault

2016年日本公開のアメリカ ファンタジー魔法映画
監督 デイビッド・イェーツ(ハリー・ポッターシリーズ、ターザン:REBORN)
原作・脚本 J・K・ローリング
出演 ●エディ・レッドメイン(博士と彼女のセオリー、リリーのすべて)
●キャサリン・ウォーターストン(スティーブ・ジョブズ)
●ダン・フォグラー(わすれた恋のはじめかた)
●アリソン・スドル
●エズラ・ミラー(少年は残酷な弓を射る)
●サマンサ・モートン(マイノリティ・リポート、ギター弾きの恋)
●ジョン・ボイト(真夜中のカーボーイ、帰郷、暴走機関車、トランスフォーマー)
●カーメン・イジョゴ
●コリン・ファレル(マイノリティ・リポート、アレキサンダー、クレイジー・ハート、ファンタスティック・ビースト

豪華魔法が飛び出す!『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』予告編
『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングが映画の脚本に初参加し、『リリーのすべて』などのエディ・レッドメインらが出演したファンタジー。不思議な生き物たちが詰まったトランクを手にイギリスからニューヨークに渡った魔法学者が、そのうち数匹を逃がしたことから始まる大騒動を描く。『スティーブ・ジョブズ』などのキャサリン・ウォーターストンらが出演。アメリカを舞台に魔法学者と仲間たちが巻き起こす旋風に興奮する。 公式サイト:

豪華魔法が飛び出す!『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』予告編

娘と見てまいりました。大人版ハリー・ポッターが見れると期待しておりましたが、残念ながら強烈な睡魔に襲われ寝落ちしそうでした。まあ、前半寝てたっていいのかなって感じだ。

娘が小学生くらいなら「パパ、面白かったね」で一件落着なんだけど、娘もだいぶ歳を取ってるから、やはり前半寝落ちしそうだったようだ・・・久しぶりに意見が一致した。

0

ハリー・ポッターファンやエディ・レッドメインファン御用達の映画だ・・・DVDが出るまで待ってもOKかも。

全体を通して安っぽいミュージカルを見ているようだ・・・感情移入出来なかった。

36237-1

物語のテーマがよく分からない、ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)が皮のカバンを持って世界中を旅してまわっているのは分かるけど・・・ニューヨークでは何故か彼がやっかいものなんだ。

実は彼の仕事は魔法動物の捕獲と保護という「魔法動物学者」なんだ。

彼のカバンの中は巨大な異次元空間みたいになっていて、多くの魔法動物がカバンの中で暮らしている。(ちっちゃなカバンの中にデカいサイが暮らしているなんて・・・ガキんちょ向けだ。)

snapshot-33

でも時々、魔法動物がカバンから脱走して人間社会で暴れる。魔法動物が何処となく、ハリネズミ、サイ、コンドル、カモノハシ、フクロウにそっくりだ。

4

エディ・レッドメインを見ていると「空間」に向かって演技しているのがバレバレで、その「空間」のところに後でCG動物をくっつけるだろーなって感じだ・・・彼の苦労が伝わってくる、役者はたいへんだ。

queen-newt-jacob-tina

それに彼のキャラクターがあまりにシャイで弱弱しい、周りの魔女どもから袋叩きにあう(いつも追い掛け回されているティナを口説くぐらいの勇気があってもいいの)。

fantastic-beasts-and-where-to-find-them-eddie-redmayne-katherine-waterston

特にいじめられるのが、ティナ(キャサリン・ウォーターストン)で、マクーザ(アメリカ合衆国魔法議会)所属の魔女だ・・・ニュートを目のかたきにして追いかけまわす。(彼女は「エイリアン:コヴェナント」で今度はエイリアンに追っかけまわされる。)

次にいじめまくるのがマクーザの議長セラフィーナ(カーメン・イジョゴ)・・・強力な魔法を持ってるから怖いね。さらにマクーザ長官のパーシバル(コリン・ファレル)も男なのにニュートを容赦しない。

untitled-5-1479395472166_large

でもティナの妹クイニー(アリソン・スドル)は頭の弱そうな魔女で何故かニュートに寛容だ。それに人間のぶ男ジェイコブ(ダン・フォグラー)を好きになる・・・どこがいいのかなー。

fantastic_beasts_niffler

何故ニュートをマクーザの連中はいじめまくるのか・・・彼のカバンから逃げ出す魔法動物が人間社会で騒ぎを起こすんだけど、大問題とは思えない。

マクーザの議長セラフィーナ(カーメン・イジョゴ)と長官のパーシバル(コリン・ファレル)がニュートを捕まえ死刑を通告する・・・子供向けの映画なのに刑が厳しすぎる。

maxresdefault

人間界の新セーレム救世軍が魔法の存在に気づき魔法界を壊滅させようと活動する・・・つまりこのままでは魔法界と人間界の戦争になってしまう。

果たしてニュートとティナ(彼女もニュートのとばっちりを受けて死刑を宣告される)は死んでしまうのか。

ネタバレとレビュー

beast_20160822_add_01

この緑の植物のような魔法動物ボウトラックルが手錠を外して、ニュートとティナを逃がしてくれる・・・危機一髪二人とも殺されるところだった。

ところが魔法動物よりもっと怖いことが起こる。ニューヨークの町が「オブスキュラス」と呼ばれる黑い怨念の塊のような物体によって破壊される・・・地面とか建物がどんどん壊れてゆく。

fantastic-beasts-where-find-them-movie-2016-redmayne-600x300

この「オブスキュラス」とは虐げられた子供の精神エネルギーを食って巨大な竜巻のような物体になる。一般的には宿主の子供の精神パワーを食い尽くすので、寄生された子供は10才までしか生きられない。

ところがこの「オブスキュラス」の宿主は、10才をとうに越した若者クリーデンス(エズラ・ミラー)だったのだ・・・だから過去に例のないほどパワーが巨大だ。

252086

彼は養母のメアリー(サマンサ・モートン)を殺害し、ニューヨークの町を破壊し尽くす。もう魔法界は人間とうまく住み分ける事が出来ないところまでこじれる。

maxresdefault

魔法界メンバーの全員が「オブスキュラス」を抑え込みにかかる。しかし何故かパーシバルだけはこの巨大な暗黒パワーを利用しようとする。

247784

ニュートの尽力もあって「オブスキュラス」を魔法界の総力を挙げて封じ込める。そして対抗するパーシバルも倒したところ、彼は魔法界で最も邪悪なグリンデルバルト(ジョニー・デップ)として正体を現す。

グリンデルバルトはマクーザ議長のセラフィーナに捕まってしまうが、監獄から逃げそうな雰囲気だ。

o06000264jonide

大きく破壊されたニューヨークの街を魔法で元通りに修復する。そしてニュートが保護している魔法動物サンダーバードを大空に放ち、記憶を消す雨を人間たちの頭上に降らす。

news_xlarge_fantasticbeasts_08_05

人間たちは魔法界の存在を忘れ、平穏な日々がいつも通り始まる。

人間のジェイコブも全て魔法界での出来事を忘れ、クイニーの事さえも頭から消えてゆく・・・でもまたしばらくして彼女との出会いが待っている。

b1b20cb8fda6e7bc95e924c88a3ebfd4_content

ニュートはまたカバンを持って魔法動物たちの保護のため活動する・・・。

やはり目立ったのはエディ・レッドメインだけだったね・・・これから先、続編が続くだろーけど、もう腹いっぱいだ。

maxresdefault_r-1-728x409

次回作はジョニー・デップが悪役となって出て来るのかな。真に申し訳ないが、次のヒロインは優しい女性にしてもらいたい・・・エディ・レッドメインがいじめられっぱなしで可愛そうだ。

今回原作者のJ・K・ローリングが脚本も担当していることから、周りは誰も文句が言えなかったんじゃないのかな、色んな話題を盛りすぎたようだ。彼女は次に監督をやらせろって要求してくるのかな・・・?

TATSUTATSU

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事:ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品集

最近の記事

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

特集記事:お薦め ベストテン

特集記事:サイボーグ009の世界観

PAGE TOP