注目の記事 PICK UP!

フランシス・レイ映画音楽ベストテン‐心が洗われる美ミュージックを聴け


第10位 「個人教授」

1968年のフランス恋愛映画
監督 ミシェル・ボワロン(アイドルを探せ、さらば夏の日、個人教授)
音楽 フランシス・レイ
出演 ●ルノー・ヴェルレー(個人教授、さらば夏の日)
●ナタリー・ドロン (個人教授、サムライ)

「個人教授 ~愛のレッスン La lecon particuliere 」フランシス・レイ Francis Lai

有名なフランシス・レイの哀愁を帯びたテーマソングだ。

La Lecon Particuliere(個人教授)-Francis Lai

日本でも大ヒットした映画だ。年上の女性に恋をした青年のほろ苦いラブストーリーだ、映画館に駆け付けたけど、切ないラストシーンが今でも記憶に残っている。

主演のルノー・ヴェルレー人気が日本で爆発、多くの女性ファンの心をわしづかみにしている。ヒロインのナタリー・ドロンはあの有名俳優アラン・ドロンの奥さんなんだ・・・そのうちに別れちゃうけど。

フランシス・レイの旋律が、年上の女性を思いつつ別れてゆく青年の心に流れてゆく・・・誰しも真実の恋を知る時があるんだ。名作映画だからお薦めだね。

僕が特に記憶に残っているシーンは・・・ルノー・ヴェルレー君の家には若くて美しいメイドがいて「スカートの下はすっぽんぽんよ」と彼を誘う。

でもヴェルレー君はナタリー・ドロンを愛し始めているから、素っ気ない返事をするんだ・・・・僕は思わずもったいないなーと思ってしまった。

今から50年前の作品だから、出演者は皆ジジババになっちゃってる。僕も高校生に戻って懐かしく見てみようかな。

 

第9位 「あの愛をふたたび」

1969年のフランス映画
監督 クロード・ルルーシュ
音楽 フランシス・レイ
出演 ●ジャン・ポール・ベルモンド
●アニー・ジラルド

Francis Lai 映画「あの愛をふたたび」 Concerto pour la fin d'un amour

作曲家アンリ(ジャン・ポール・ベルモンド)とフランス人女優フランソワ(アニー・ジラルド)との大人の恋愛を美しい映像と音楽で描いた作品だ。

舞台はアメリカ、たまたま映画の撮影で二人は知り合う。お互いに家庭をもっているのに惹かれあい、愛し合うんだ・・・今で言うところの不倫だ。

ジャン・ポール・ベルモンドもアニー・ジラルドもフランスを代表する円熟した俳優だ。フランシス・レイの華麗な音楽を堪能してほしい。

ファラ・フォーセットのデビュー作でもある。彼女はこのあと「チャーリーズ・エンジェル」などに出演し大女優になってゆく。この頃が一番可愛かったね。

第8位 「狼は天使の匂い」

1973年アメリカ ギャング映画
監督 ルネ・クレマン(太陽がいっぱい、雨の訪問者、パリは燃えているか)
音楽 フランシス・レイ
出演 ●ロバート・ライアン(ワイルドバンチ、ネモ船長と海底都市、ダラスの熱い日)
●ジャン=ルイ・トランティニャン(男と女、暗殺の森、離愁、狼は天使の匂い)
●レア・マッサリ(好奇心、情事、狼は天使の匂い)

La course du lièvre à travers les champs (Bande annonce originale)

テーマ曲のサントラ。

Francis Lai – La Course Du Lievre A Travers Les Champs www.nostaljidinle.org

あの「太陽がいっぱい」のルネ・クレマンの作品だ。哀愁を帯びたテーマ曲が心に響く。

ギャング一味の抗争を描いた作品だ。トニー(ジャン=ルイ・トランティニャン)はヘリコプター事故で多くのジプシーの子供を死なせてしまう。そして、彼らに命をねらわれ逃亡の旅に出る。

彼はギャングのボス チャーリー(ロバート・ライアン)とその情婦シュガー(レア・マッサリ)達と知り合い、仲間になる。

そしてギャング同士の抗争に巻き込まれてゆく。果たしてトニー達の運命はどうなって行くのかね。

第7位 「雨の訪問者」

1970年公開のイタリア・フランス合作のサスペンス映画
監督 ルネ・クレマン(太陽がいっぱい、雨の訪問者、パリは燃えているか)
音楽 フランシス・レイ
出演 チャールズ・ブロンソン
マルレーヌ・ジョベール

雨の訪問者 HDリマスター版(ブルーレイ)予告編

雨の訪問者のテーマ曲、危険な香りを帯びたワルツが忘れられない。

雨の訪問者 original sound track  Rider on the Rain

あの「太陽がいっぱい」のルネ・クレマンのミステリーだ。ショートカットのマルレーヌ・ジョベールが可愛い。(マルレーヌはあの「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」のエヴァ・グリーンのお母さんなんだね、びっくりだ。)

主演のチャールズ・ブロンソンはアメリカの俳優で、日本ともなじみが深い。男くさい風貌で男性化粧品「マンダム」のCMが懐かしい。

雨の日にメリー(マルレーヌ・ジョベール)は不気味な男に襲われる。しかし彼女はその男を射殺し、海に投げ捨ててしまう。

翌日、ドブス(チャールズ・ブロンソン)と言う男が現われ、何かと彼女に付きまとう。ドブスは殺された男が持っていた金を探しに来たのだ。

果たして不気味な男の正体は、またメリーの夫トニーとその男との関係は、さらにドブスは何者なのか・・・謎が謎を呼んでゆく。

第6位 「恋人たちのメロディー」

1971年のフランスの恋愛コメディ映画
監督 クロード・ルルーシュ
音楽 フランシス・レイ
出演 カトリーヌ・アレグレ
フランシス・レイ
シャルル・ジェラール
アミドゥー
ジャン・コロン

Smic Smac Smoc (tres amigos)

フランシス・レイによる主題歌。

恋人たちのメロディー  Smic Smac Smoc orignal sound track

ポール・モーリアによるテーマ曲

Paul Mauriat-Smic Smac Smoc

この映画もクロード・ルルーシュとフランシス・レイのコンビだ。面白いことにフランシス・レイも盲目のアコーディオン弾きで出演している。

恋愛コメディ映画で、貧しいけど陽気な三人組の内の一人が結婚することになった。お金はないが式を盛大に挙げようと言う事で、はちゃめちゃな一大騒動が巻き起こる。

この映画のテーマ曲はスタンダードナンバーになっていて誰でも一度は聞いたことがあると思うね。テンポの良い、踊りたくなるようなきれいな曲だ。

第5位 「ある愛の詩」

1971年日本公開のアメリカ ラブストーリー映画
監督 アーサー・ヒラー(ある愛の詩、ラ・マンチャの男、りんご白書)
音楽 フランシス・レイ
出演 ●ライアン・オニール(ある愛の詩、ペーパー・ムーン、バリー・リンドン、ザ・ドライバー)
●アリ・マッグロー(さよならコロンバス、ある愛の詩、ゲッタウェイ)
●トミー・リー・ジョーンズ(逃亡者、メン・イン・ブラックシリーズ、ノーカントリー、リンカーン、ジェイソン・ボーン

ある愛の詩 – 予告編

フランシス・レイによるテーマ曲

Francis Lai 映画「ある愛の詩」  Love Story

ポール・モーリアによるテーマ曲

Paul Mauriat 映画「ある愛の詩」 Love Story

この映画は社会現象になるほど世界中で大ヒットした。ごく普通の恋愛映画がこれだけヒットするとは、誰にも予想できなかった。

世の中が暗くなると、純愛映画がヒットすると言われている。それにフランシス・レイの哀愁を帯びたミュージックの貢献度も大きいね。

ハーバード大学出身の金持ちエリート青年オリバー(ライアン・オニール)は庶民階級の女学生ジェニファー(アリ・マッグロー)と周りの反対を押し切って結婚する。

ところがそれから間もなく、ジェニファーが白血病に侵されていることがわかる。オリバーはあらゆる手を尽くして彼女を看病するんだが、亡くなってしまう。彼女の言葉「愛とは決して後悔しないこと」がオリバーの心に残る。

ところで、純愛映画なんだけど、主演のライアン・オニールは名うてのプレイボーイ、アリ・マッグローも三回も結婚している(スティーヴ・マックイーンの奥さんだったこともあったね)・・・現実は映画の世界のようにはいかない。

第4位 「さらば夏の日」

1970年公開のフランス 恋愛映画
監督 ミシェル・ポワロン(アイドルを探せ、さらば夏の日、個人教授)
音楽 フランシス・レイ
出演 ●ルノー・ヴェルレー(個人教授、さらば夏の日)
●フロランス・ラフュマ
●ジャネット・アグレン

Francis Lai 映画「さらば夏の日」 Du soleil plein les yeux(instrumental)

ポール・モーリアによるテーマ曲

Paul Mauriat さらば夏の日

「個人教授」のスタッフがほろ苦い夏の日の思い出を映像化した作品だ。フランシス・レイの音楽が夏の日にぴったりだ・・・苦い思い出を忘れさせてくれる爽やかなサウンドだ。

ルノー・ヴェルレー君は青年医師になっていて、彼は恋人と弟の三人でヨット旅行に出かける。彼らは離婚した父親に会いに行くが父には新しい妻がいた。

彼らはさらに旅を続ける。ルノー・ヴェルレー君はふと海岸であった女性と浮気をしてしまう。気まずくなった恋人と一旦別れてしまうが再び愛が戻ってくる。

誰しもありがちな若気のいたりだ・・・人間失敗を重ねながら成長してゆくんだ。

第3位 「パリのめぐり逢い」

1967年のフランス・イタリア合作のラブストーリー
監督 クロード・ルルーシュ
音楽 フランシス・レイ
出演 ●イヴ・モンタン
●キャンディス・バーゲン
●アニー・ジラルド

アニー・ジラルドー "パリのめぐり逢い" (1967)

別の編曲によるテーマ音楽もどうぞ

Francis Lai 映画「パリのめぐり逢い」 Vivre Pour Vivre (Live For Life)

ポール・モーリアによるテーマ曲だ。

Paul Mayriat パリのめぐり逢い

大人の恋の映画だ。妻と若い女性との間で揺れ動く中年男の物語だ・・・うらやましい。

ニュースレポーターのロベール(イヴ・モンタン)はファッションモデルをしながら大学に通うキャンディス(キャンディス・バーゲン)に惹かれる。

彼は妻のカトリーヌ(アニー・ジラルド)にないしょで、アフリカの取材にキャンディスを同行させる。そしてそこで二人は深い仲となって行く。

ロベールとキャンディスの仲を知ったカトリーヌはロベールから離れてゆく。ところが彼はキャンディスと暮らしてみても妻が忘れられない。

彼は妻のところに行くのだが、カトリーヌは連れないそぶりをする。ロベールは妻を連れ戻しに来たのに無駄だと思って、車で帰ろうとした時・・・・。

キャンディス・バーゲンは美しさの絶頂だ。でもアニー・ジラルドも気品があって負けてはいない・・・残念ながらアニー・ジラルドは亡くなってしまったし、キャンディスも70才のおばあちゃんだね。

第2位 「男と女」

1966年日本公開のフランス ラブストーリー
監督 クロード・ルルーシュ
音楽 フランシス・レイ
出演 ●ジャン=ルイ・トランティニャン(男と女、暗殺の森、離愁、狼は天使の匂い)
●アヌーク・エーメ

映画『男と女デジタル・リマスター』予告編

別の予告編をどうぞ

Un homme et une femme / 男と女 (フランス映画)

ギター演奏だ。

Un homme et une femme/男と女

ピアノ演奏だ。

フランシス・レイ:映画「男と女」のテーマ・ピアノソロバージョン

野宮真貴と横山剣

野宮真貴 – 男と女 [en duo avec 横山剣 de クレイジーケンバンド]

夫を事故で亡くしたアンヌ(アヌーク・エーメ)と妻を自殺で亡くしたジャン(ジャン=ルイ・トランティニャン)はふとしたことから知り合い、愛し合うようになる。

過去に引きずられながらも新しい生活を始める「男と女」。

この美しく「ダバダバダ」と口ずさむ音楽はもの凄く有名で、だれでも知っているスタンダードナンバーになっている。このミュージックを聞くだけでも頭の中に映画の場面が浮かんでくる。

色々なミュージシャンがカバーしているから聞いてみるのもグッドだね。

第1位 「白い恋人たち」

1968年日本公開のフランス グルノーブル冬季オリンピック記録映画
監督 クロード・ルルーシュ
音楽 フランシス・レイ

サウンドトラックだ。

Francis Lai 13 jours en France 1968 YouTube

高音質ミックスリストだ。

13 jours en France Francis Lai

オリンピックの映像だ。

白い恋人たち BD&DVD発売!

白い恋人たちコーラス版だ。

白い恋人たち コーラス 13 JOURS EN FRANCE (choeurs)

カラベリの演奏だ・・・これも凄くいいね。

白い恋人たち/カラベリ   13 Jours en France/Caravelli

レイモンド・ルフェーブル オーケストラだ・・・定番だ。

Raymond Lefevre 映画「白い恋人たち」 13 jours en France

ピアノ演奏だ。

白い恋人たち/フランシス・レイ 13 Jours en France/Francis Lai  ピアノカバー

ギター演奏だ。

「13 jours en France(白い恋人たち)」Classical guitar played by TAKA

久石譲バージョンだ。

13 jours en France – Francis Lai, dirigé par Joe Hisaishi

サウンドトラック版のジャケット写真がすごくかっこいい。こんなアングルでしかもスピード感も出ている、しかもニコリと笑っているところなんか素晴らしい。


真ん中ジャン=クロード・キリー

こんなセンスは僕にはないから、このセンスの良さにあこがれた・・・さすがにプロだ。

フランシス・レイのミュージックはみんな好きだけど、どれが一番だと言われたら「白い恋人たち」が一番好きだ。心の中に染みわたってくる、もう何回聞いてもいいね。


ペギー・フレミング

ユーチューブから色んな演奏を乗せたけど、どれが気に入ったのかな・・・カラベリなんかもいい。もうこんなにきれいなメロディーは出てこないかもしれない。


フランス グルノーブル

僕みたいにケガレきった心を洗い流してくれるようだ、現実は厳しいけど少しの間夢を見てもいいよ。

まとめ


フランシス・レイ

フランシス・レイは1932年生まれで、今年84才になる、現在も健在だ。最近、美しいメロディーの曲は少なくなってしまった。

アップテンポで大音量、エッジの効いた音楽が主流だ、フランシス・レイのようなワルツはほとんど聞いたことが無い・・・少し寂しい。

映画音楽でキレイなミュージックで思い出すのは、坂本龍一さんの「戦場のメリークリスマス」だ。この曲を聞くと胸が熱くなる。

「戦場のメリークリスマス」予告編

ピアノ演奏が心に沁みる。僕もピアノを習って死ぬまでに弾きたい。

戦場のメリークリスマス ピアノ 坂本龍一 映画「戦場のメリークリスマス」より

坂本龍一さんの素晴らしい演奏だ、バックのオーケストラが凄い。

Merry Christmas Mr. Lawrence – Ryuichi Sakamoto HD (02-08-13)

これも坂本龍一さんのラストエンペラーのテーマだ。

ラストエンペラーのテーマ 坂本龍一 the last emperor-theme- ryuichi sakamoto

話しは全く違うけど、このブログを書いてて、イタリア映画「ガラスの部屋」を何故か思い出した。この映画は日本でも大ヒット(凄かったね)主演のレイ・ラブロックは一躍女性のアイドルになった。

Peppino Gagliardi 映画「ガラスの部屋」 che vuole questa musica stasera

当時「個人教授」のルノー・ヴェルレーと一二を争った。ペピーノ・ガリアルディの歌声が切ない。同時期だったから思い出す。

仕事は毎日つらいけど、美しい音楽でたまには癒されたいね。

TATSUTATSU

魅惑の映画音楽ベスト50:心に残る映像とミュージックを堪能すれば心身ともリフレッシュだ

心に残るミュージカル映画ベストテン:往年の名作から最新作まですべて網羅

関連記事

  1. たまらなく美味しそうな料理映画ベスト20!ダイエット中の方は自己責任で

  2. 超能力者になれば世の中がこんな風に見える映画ベスト15:あなたの隣にエスパーがいる

  3. 霊魂の存在と死後の世界をテーマにした映画ベストテン:魂や幽霊は必ず存在し常に僕らにシグナルを送ってい…

  4. お薦めコメディ映画ベストテン‐仕事の疲れは笑いで吹き飛ばせるね

  5. ノーベル賞級の天才を描いたお薦め映画ベスト20:天才は忘れたころにやって来る

  6. 恐ろしい管理社会映画ベスト20‐ディストピア世界には生きたくない

  7. 必ず押さえておきたい名作宇宙映画ベストテン

  8. ここから選べば間違いないドラキュラ・ヴァンパイア映画ベストテン

  9. 懐かしい日本の怪奇空想科学映画ベストテン!今見ても怖いよ、日本の特撮は凄かった

樹木希林さん追悼映画

グロイお薦め映画

最近の記事

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

特集記事:お薦め ベストテン

特集記事:ホラー特集