ホラー

映画「アス」感想・評価:人間は誰しも自分のドッペルゲンガーに殺される恐怖を抱いている

サマリー


★★★☆☆(お薦め)

2019年9月日本公開のアメリカ制作ドッペルゲンガー・ホラードラマ
監督・脚本 ジョーダン・ピール(ゲット・アウト、アス)
出演 ●ルピタ・ニョンゴ(ブラックパンサー、アス)
●ウィンストン・デューク(ブラックパンサーアベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
●エリザベス・モス(アス)

『アス』予告編90秒

 

ドッペルゲンガーを題材にした風刺ホラーだ。僕らは心の奥底で自分と瓜二つの人間に殺されるのではないかと恐怖心を持っている。ところがここでは家族(私たち:アス)のドッペルゲンガーが出現し、本物の家族を襲う。

ドッペルゲンガーとは「自分自身の姿を自分で見る幻覚の一種」だ。ドッペルゲンガーに出会ったら死ぬと言われている。つまり、すでに魂と体が分離しているからだ。芥川龍之介の話が有名だ。彼は2度ドッペルゲンガーに会っている。そしてこれが原因かはどうか分からないが35才で自殺している。

最初、架空の世界における心理ホラーだと思っていた。ところが実態を持ったドッペルゲンガー達が大きなハサミを持って人間を襲ってくる。ゾンビをドッペルゲンガーに置き換えたスプラッタードラマと言ってもいいのかもしれない。

米国の評論家は高い評価を与えているしヒットもしている。僕としてはそこそこ面白いのだが発想があまりにも飛躍している。ストーリーも分かり辛い。コアなファンには受けるかもしれないが万人向けとは言い難い。前作「ゲット・アウト」の方が良いと思うね。

ゲット・アウト

話のスジを少し紹介すると。1986年、カルフォルニア州サンタクルーズ。子供時代のアデレードはビーチで迷子になり、ミラー・ハウスに迷い込んでしまう。

そこには、自分と瓜二つの少女がいた。アデレードは運よく探し出されたがショックが大きかったのか言葉を失っていた。それから大人になったアデレード(ルピタ・ニョンゴ)は夫のゲイブ(ウィンストン・デューク)、娘のゾーラ(シャハディ・ライト・ジョセフ)、息子のジェイソン(エヴァン・アレックス)と幸せな日々を送っていた。

失語症のショックから立ち直っていたが、いまだにミラー・ハウスでの恐怖を引きずっていた。夏休み、家族はサンタクルーズを訪れる。ところがそこでジェイソンが迷子になってしまう。

幸い、ジェイソンは見つかったもののアデレードは不吉な予感を感じる。そしてその夜、真っ赤な服を着た私たちとそっくりな侵入者がアデレードの前に現れる。私たち「アス」とは何者なのかそして家族の運命は・・・。

その後のストーリーとネタバレ

「作成中」

 

 

 

 

 

TATSUTATSU

関連記事

  1. ホラー

    映画「チェンジリング:1980年」感想・評価‐正統派ホラーの傑作だ

    サマリー1980年のカナダホラー映画、監督はピ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 邦画

    映画「アルキメデスの大戦」感想・評価:日本が威信をかけて建造した世界最大級の戦艦…
  2. ホラー

    映画「ポゼッション」感想・評価:実話に基づいた悪魔に憑りつかれた少女の物語
  3. ウーパールーパー

    ウーパールーパーQちゃん成長する‐今日も食欲旺盛でパクリンコだ
  4. ヒューマンドラマ

    映画「Onceダブリンの街角で」感想・評価:音楽の素晴らしさが感動を生む男と女の…
  5. 邦画

    映画「散り椿」感想・評価:素晴らしい映像で武士道の美学を描いた秀作
PAGE TOP