SF

映画「移動都市/モータル・エンジン」感想・評価:もの凄く面白いのに上映館が少なく損した作品

サマリー


★★★☆☆(お薦め)

2019年日本公開のニュージーランド・アメリカ合作SFアクション冒険ドラマ
監督 クリスチャン・リヴァース(移動都市/モータル・エンジン)
原作 フリップ・リーヴ「移動都市」
出演 ●ヒューゴ・ウィーヴィング(マトリックスシリーズ、ロード・オブ・ザ・リングシリーズ、ホビットシリーズ、移動都市/モータル・エンジン)
●ヘラ・ヒルマー(移動都市/モータル・エンジン)
●ロバート・シーハン(ジオストーム、移動都市/モータル・エンジン)

『移動都市/モータル・エンジン』日本版本予告映像

 

僕はこんなマニアックなSF映画が大好きだ。でも残念ながら北米では大コケ。道理で上映館が少ないわけだ。そんなに悪いSF映画ではないので、僕はお薦めする。

監督のクリスチャン・リヴァースはこれが初めての長編作品だ。彼はロード・オブ・ザ・リングシリーズなとで有名なピーター・ジャクソン監督の視覚効果などを担当していた。

近未来の荒廃した世界。60分で文明を破壊してしまった最終戦争後、大都市は移動しながら小都市を捕獲し生きながらえてゆく。まさに「都市が都市を喰う、弱肉強食の世界」だ。

巨大なキャタピラーの上に乗った移動都市「ロンドン」は最強で逃げ回る小都市を捕獲してはそれを資源にして太って行く。斬新なアイデアとリアルなCG、そして息もつかせないアクション・・・思わず見入ってしまう。「ハウルの動く城」を思い出す。

こんなに面白いのに何故コケたのか?やはり主役が無名で存在感が薄い。北米を狙ってのマーケットリサーチが不足しているようにも取れる。また、ストーリーがマニアックすぎるのも一般視聴者を遠ざけたのか・・・。

話しのスジを少し紹介すると。60分で文明を崩壊させてしまった最終戦争、人類は空に、海に、そして荒廃した陸地に分散して都市を作る。陸地は荒廃しているため一カ所にはとどまることが出来ない。

陸地に進出した都市は巨大なキャタピラーに支えられ資源と食料を求めて移動する。移動都市の中で最強、巨大化した「ロンドン」は小都市を捕獲しながら陸地を走り回る。しかし、獲物は減り続けている。

「ロンドン」の史学ギルド長サディアス・ヴァレンタイン(ヒューゴ・ウィーヴィング)は小娘ヘスター・ショウ(ヘラ・ヒルマー)に命を狙われる。サディアスは母のかたきだと言う。危機一髪トム・ナッツワーシー(ロバート・シーハン)にサディアスは救われる。

ところがサディアスの秘密を知ったトムはヘスターと一緒に廃棄物口に落とされる。外に出た二人は陸地を逃げることになる。夜になると陸地は非常に危ない。常に人間狩りが行われている。二人は運悪く捕まってしまう。奴隷として売り飛ばされようとしたときアナ・ファン(ジヘ)に助けてもらう。

サディアスは最終戦争で使われた究極の兵器を密かに組み立てていた。彼は市長を殺害し「盾の壁シャングオ」に向かおうとする。果たして静止都市「盾の壁」とは何なのか。何故へスターはサディアスを殺そうとするのか。さらにへスターを殺そうとする「復活者:ストーカー」とは・・・謎が謎を呼ぶ。

その後のストーリーとネタバレ

「作成中」

 

 

 

 

 

TATSUTATSU

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  1. カギ猫シロちゃんついにデブ猫か?(何処から見てもデブ猫でしょ)
  2. ヒューマンドラマ

    映画「ドント・ウォーリー」感想・評価:風刺漫画家ジョン・キャラハンの心温まるヒュ…
  3. ホラー

    映画「チェンジリング:1980年」感想・評価‐正統派ホラーの傑作だ
  4. SF

    映画「鳥(ヒッチコック)」感想・評価‐動物パニック映画の傑作だ
  5. 邦画

    映画「孤狼の血」感想・評価:ヤクザの抗争に警察が絡む血なまぐさいサスペンスドラマ…
PAGE TOP