アニメ

アニメ映画「神々の山嶺」感想・評価:神に選ばれたものしか登ることを許されない山々

サマリー

 


★★★★☆(見るべき名作)

2022年7月8日 日本公開 フランス製作山岳アニメドラマ
監督・脚本 パトリック・アンベール
原作 夢枕獏
作画 谷口ジロー(2017年2月11日没69才、今回のアニメ映画は彼のタッチを採用している)
声の出演
●深町誠(堀内賢雄)
●羽生丈二(大塚明夫)
●岸文太郎(逢坂良太)
●岸涼子(今井麻美)

映画『神々の山嶺』予告編

 

フランスで製作されたアニメの日本上陸だ。フランスでは大ヒットしている。この原作は日本の作家 夢枕獏と作画 谷口ジローの漫画(1994年~1997年まで連載)をもとにしている。谷口ジローは2017年に69才で亡くなっている。夢枕獏は彼に見せたかったと思いを打ち明ける。

2016年3月に「エヴェレスト 神々の山嶺」として実写化されている。主演の深町に岡田准一、羽生に阿部寛がキャスティングされている。

エベレストに初登頂したかどうか謎になっているジョージ・マロニー。彼は1924年6月にエベレスト遠征隊に参加し、頂上付近で行方不明になっている。75年後に遺体で発見された(当時37才)。亡くなったのはエベレストに登った後なのか前なのか?

このアニメではジョージ・マロニーが持っていたであろうカメラが発見されたことになっている。実際には見つかっていない。このカメラがもし残っておれば登頂の有無が確認できる。

エベレストの頂上付近はデスゾーンと呼ばれ、一年の平均気温-30℃、風速30m/s、体感温度は風速1mに対し、1℃下がる。だから体感温度はー60℃だ。気圧は地上の3分の1以下、体に酸素を取り込む量も半分以下になる。普通の人間であれば2~3分程度で意識を失う。

エベレストの頂上付近は神の領域だ、神に許された者のみが登ることが出来る。山のいたるところに「クレバス(氷床の裂け目)」がある。落ちたら最後・・・死体も上がってこない。ここを何とか通過しても垂直の氷の壁だ。

どれだけ体力と登山技術があっても雪崩でいちころになる・・・常に死が隣りあわせだ。何故、命を懸けて登るのか。一度山を覚えたら取り憑かれる。そして最後まで登り続ける・・・極限のその先へ。

ストーリーを少し紹介すると。かつては天才的な岸壁登攀の技術と、並外れた体力を持つ羽生丈二(大塚明夫)。今ではピークを過ぎてしまったと巷では噂されている。その彼が前人未到のエベレスト南西壁冬期無酸素単独登頂に挑む。そしてそれをカメラに収めるためクライマー兼カメラマンとして深町誠(堀内賢雄)が同行する。

果たして登頂は成功するのか。そして羽生丈二が見つけたョージ・マロニーのカメラ・・・この中にはいったいどんな写真が残っているのか?

アニメとは思えない臨場感だ。過酷な冬山が自分に迫ってくる。まるで自分がザックを背負って垂直な壁を登っているようだ。上から雪崩が落ちて来る。氷の窪みに隠れ、それをやり過ごす。しかし、高山病で目がかすみ指に力が入らなくなる。

このまま、意識が遠のけば、谷底に転落する。そちらの方が楽とさえ思う・・・。エベレストの頂上付近では多くの死者が眠っている。そこに自分も加わるのか。それとも生還できるのか、知っているのは「神」のみだ。

エベレストの標高は富士山を二つ重ねたより高い、8848m。最初に登頂したのは1953年5月29日、イギリスのエドモンド・ヒラリーとシェルパのテンジン・ノルゲイだ。日本では1970年、松浦輝夫と植村直己が初めて登頂に成功している。

最近では、アマチュア登山家でもお金(一人当たり6万5千ドル)さえ出せば、周りのスタッフの協力によって登頂が可能だ。しかし、エベレストを甘く見てはいけない。1996年に大量遭難事故によって12人の登山家が亡くなっている。この時の状況は「エベレスト3D」という映画になっている。

最近では80才の三浦雄一郎氏が2013年に3回目の登頂に成功している。凄いとしか言いようがない。高齢でも体を鍛えに鍛えての挑戦、頭が下がる。次は90才でも挑戦してほしいネ。

TATSUTATSU

映画「エベレスト3D」感想・評価‐実話モデルのバッドエンドストーリーだ

 

ミステリー小説「夏祭りの怪談」夏祭りの時期になると夢枕に立つ友人前のページ

ミステリー小説「自分の運命は決まっている」僕たちは運命というレールの上を歩いているだけなのか次のページ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
  1. 戦争映画

    映画「ローン・サバイバー」感想・評価:映画じゃなくテレビドラマでもよかったんじゃ…
  2. SF

    映画「キャプテン・マーベル」感想・評価:最強のスーパーヒーロー誕生だが敵はいった…
  3. 海外ドラマ

    海外ドラマ「アブセンシア~FBIの疑心~」感想・評価:6年間失踪していたFBI女…
  4. コメディ

    映画「パラサイト 半地下の家族」感想・評価:貧富の格差を痛烈に批判したブラック・…
  5. カギ猫シロちゃん春もお昼寝だ(僕も眠くなってくるね)
PAGE TOP