サスペンス

映画「ジョン・ウィック:パラベラム」感想・評価:殺人アクションの頂点を極めた凄いドラマだ

サマリー


★★★☆☆(お薦め)

2019年10月4日日本公開のアメリカ制作アクション映画
監督 チャド・スタエルスキ
出演 ●キアヌ・リーヴス(ドラキュラスピード、マトリックスシリーズ、ジョン・ウィック
●ハルベリー(チョコレート、007ダイ・アナザー・デイ、X-MENシリーズ、ソードフィッシュ、クラウドアトラス)
●ローレンス・フィッシュバーン(シグナル、マトリックスシリーズ、ハンニバル
●マーク・ダカスコス(ジェヴォーダンの獣
●エイジア・ケイト・ディロン(ジョン・ウィック
●ランス・レディック(ジョン・ウィック
●アンジェリカ・ヒューストン(ジョン・ウィック
●イアン・マクシェーン(ドーバー海峡殺人事件、ヘラクレス、ジョン・ウィック、ジョン・ウィック:チャプター2)

ジョン・ウィックが最強の刺客・ニンジャとバトル/映画『ジョン・ウィック:パラベラム』日本版予告編

 

キアヌ・リーヴスは1994年の「スピード」の大ヒットでブレイクした。そして1999年の「マトリックス」で不動の地位を得る。それから少し低迷したが2014年の「ジョン・ウィック」で再び返り咲く。

この「ジョン・ウィック」は彼の新境地を開いた記念すべき作品だ。第一作目、キアヌは製作総指揮も担当している。監督のチャド・スタエルスキはスタントマン出身でアクション映画には定評がある。

第二作目、製作費が二倍の約40億円を注ぎ込み170億円以上の興行収入を稼いでいる。そして今回の第三作目は75億円をかけ実に320億円以上の利益をたたき出している。さらに第四作目の制作も決まっている。

ジョン・ウィック1

『ジョン・ウィック』予告

ジョン・ウィック2

今度は家かよ!『ジョン・ウィック:チャプター2』予告編

 

キアヌはもう55才になる。体の切れは30代のようだ・・・素晴らしい。それもそのはずこの映画のために4か月前から過酷なトレーニングを積んでいる。アクションシーンはほとんど自身でこなしたようだ。

このシリーズの面白さは「殺し屋」の裏社会をうまく描いている点にある。「ジョン・ウィック」はかつては裏社会ナンバー1の殺し屋であり引退していたがある事情で復帰した。「パラベラム」とはラテン語で「戦いに備えよ」と言う意味だ。誰との戦いに備えよ・・・なのかがこの映画テーマだ。

強力な殺し屋同士の戦いが今までにないガン、カンフー、ナイフ、剣術、馬、バイクアクション・・・で描かれ、迫力の頂点を極めている。おすすめ映画だ、何も考えずに「ジョン・ウィック」になりきって鑑賞してほしい。

第一作目はロシアンマフィアに大切な車を取られ、妻の形見の子犬も殺される。怒ったジョンは一人でマフィアを壊滅させてしまう。二作目はイタリアンマフィア幹部サンティーノから誓印の掟をたてに彼の姉ジアナ殺しを依頼され実行に移す。

ところがサンティーノは口封じにジョンまでをも殺そうとする。そしてジョンはサンティーノを追い詰めるが「殺し屋の聖域」コンチネンタル・ホテルに逃げ込む。ここで殺人を行うことは主席連合の厳格なルールを破ることになる。

しかし、ジョンはサンティーノを撃ち殺す。彼は世界中の殺し屋を敵に回してしまったのだ。彼の首には14億円の賞金がかけられジョンは夕暮れのニューヨークを愛犬とともに逃げることになる。

今回の第三作目のスジを少し紹介すると。コンチネンタル・ホテルの総支配人ウィンストン(イアン・マクシェーン)はジョンに一時間の猶予を与え逃がす。

その後世界中の殺人者がジョンをめがけて群がり始める。果たしてジョン・ウィックは主席連合配下の殺し屋に倒されてしまうのか・・・。

最強の殺し屋ニンジャ・ゼロが出てくる。そして馬、犬が大活躍するシーンも見逃せない。

その後のストーリーとネタバレ


「作成中」

 

 

TATSUTATSU

関連記事

  1. サスペンス

    映画「誰よりも狙われた男」感想・評価‐殺人場面の無い静かなスパイ映画だ

    サマリー2014年に公開された、イギリス製作のスパイ映画、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. サスペンス

    映画「ウインド・リバー」感想・評価:極寒の地での連続少女失踪事件を描いたサスペン…
  2. サスペンス

    映画「ジョーカー」感想・評価:今までにこんな面白いアンチヒーロー映画があっただろ…
  3. ラブラドール

    老犬ラブラドール ネネちゃん永眠-本当に寂しくてしょうがないね
  4. カギ猫シロの冒険(シロちゃんお気に入りの場所はどこかな)
  5. ベストテン

    サイバー犯罪映画ベストテン:あなたの身近に迫りくる凶悪ハッカーから身を守れ
PAGE TOP