注目の記事 PICK UP!

映画「CURE(キュア)」感想・評価‐見てる本人も頭がおかしくなりそうだ


サマリー

1997年の日本サイコ・サスペンス映画
監督・脚本 黒沢清(CURE、回路、トウキョウソナタ、クリーピー偽りの隣人
出演 ●役所広司(Shall we ダンス?、うなぎ、SAYURI、バベル、CUREバケモノの子、渇き)
●萩原聖人(マークスの山、CURE
●うじきつよし(CURE、愛を乞うひと、どら平太)
●中川安奈(敦煌、炎立つ、CURE

「CURE」予告
1997年公開 監督・脚本 黒沢清 制作 加藤博之 撮影 喜久村徳章 編集 鈴木歓 音楽 ゲイリー芦屋 キャスト 役所広司 萩原聖人 うじきつよし 中川安奈 洞口依子 戸田昌宏 春木みさよ でんでん 螢雪次朗 大鷹明良 大杉漣 河東燈士

「CURE」予告

黒沢清監督の作品の中でも難解だけど評価の高い作品だね。「催眠術」「深層心理」「暗示」「憎悪」「X」などのキーワードがポイントだ。残念ながら僕は原作を読んでいないので映画だけのレビューだね。

この映画は観てる僕らもおかしくなりそうな演出がなされている。誰しも心の奥底では「あんな奴居なくなってしまえばいいのに」と思うことがある。

でも理性を持った人間であればそれ(感情:例えば殺人とか)を抑え込むことが出来る。でも何かの拍子に「理性」が外れてしまうと、むき出しの「憎悪」が殺人なんかを犯しちゃうかも知れないね。

監督はそこをうまく突いて、視聴者にも暗示をかけようとする。「ライターの炎」「X字」「水のしずく」「ライトの点滅」「赤い信号機の点滅」・・・これらをじっくり見せドラマの当事者のように引き込んでゆく。

頭を鈍器で殴られ首から胸にかけて「X字」に切り裂かれる連続殺人事件が起きる。容疑者はごく普通の人間で何人もいる。彼らの共通点は「間宮邦彦」(萩原聖人)と言う男に会ったことぐらいだ。

高部刑事(役所広司)は友人の精神科医 佐久間(うじきつよし)と「間宮邦彦」を調べてゆく。ところが彼らも間宮のワナに落ちてゆく。

高部刑事は精神病の妻を持ち、仕事も忙しく病人のように疲れ果てている。彼は家庭にも、仕事にも安らぎの場が無い。妻がいっそのこと首つり自殺でもしてくれればと心の奥底で思っている。それが白日夢に出て、ハッと我に返る。

彼は間宮に自分の考えを読み取られ、癇癪を起すが不思議なことに癒し(CURE)に近い感情も抱いてゆく。高部は間宮が「催眠術」「暗示」によって容疑者の心の奥底の憎悪を殺人につなげているのでは・・・と推測する。

高部は間宮と接触を繰り返すうちに、間宮を理解し、自分にも彼と同じ素質があるのではないかと思うようになる。間宮の心の中は空っぽのコップのようだ、そこに他人の人格を注ぎ込み、相手の感情を読み取る。

いったい間宮は何が目的で殺人教唆を行ってゆくのか。佐久間は間宮を新しい考えを吹き込む「伝道師」だと言う・・・彼も危険な間宮に興味を持ち深みにはまって行く。

途中から高部がおかしくなってゆく。彼の精神は間宮のそれと同期し、生まれ変わっていくのを感じる。果たして彼はどうなってゆくのか・・・。

ストーリー

高部文江(中川安奈)は精神科に通ってカウンセリングを受けている。彼女は「青髭」の童話を読むが、突然テーブルが振動しはじめる。医師が本を取り上げ他の話をするよう促す。

彼女は青髭の結末で「娘は最後に青髭を殺してしまう」ことを知っていると言う。ところがしばらくして彼女は青髭の本を読んだことさえ忘れてしまう。

ある男が鉄パイプで娼婦を殴り、首筋から胸にかけてX字に切り裂く・・・女は出血多量で死ぬ。高部刑事(役所広司)は殺人現場に駆けつける。そして容疑者はホテルの中に隠れていた。

同様の殺人が二か月で3件起きていた。精神科医師 佐久間(うじきつよし)の見立てでは容疑者は精神異常者ではないと言う。

何故同様の手口で3人が殺され、容疑者も3名しかも、3人とも面識がない・・・こんな不思議な事件はまれだ。

ある日千葉の海岸で記憶喪失の男(萩原聖人)が小学校の教師に保護される。その男は自分の名前も住所も覚えていないと言う。コートにはクリーニングのタグがあり「間宮」となっていた・・・でもその男は自分の名前かどうか分からないと言う。

次の日小学校の教師は妻を殺害した容疑で逮捕される。妻はやはり首筋から胸にかけてX字に切り裂かれていた。

高部は佐久間に「催眠暗示」によって人を殺すことは出来るのかと問う。佐久間は一般の倫理観を持った人間には催眠下でも人殺しは出来ない。しかし「X字」に切れと言う暗示は実行してしまうかも知れないと言う。

次に交番の大井田巡査(でんでん)が同僚を銃で撃ち殺す事件が発生、やはり被害者にはX字の傷跡がつけられていた。容疑者の尋問を高部と佐久間が実施する。(事件前、巡査は間宮に会っていた。)

佐久間は赤いライトを点滅させ「これと同じ光を見たか」と質問する。その時容疑者は突然不可解な行動をする。彼は近くに立っている警官の首筋から胸元にかけてX字を切る動作を無意識にしてしまう。

大井田巡査が接触した男が病院にいると聞いた高部はそこに急行する。同時に宮島女医による同様の殺人事件が男子トイレで発生する・・・惨劇は収まる様子が無い。(間宮は宮島女医にも会っていた)

高部は大井田巡査が接触した男を病院で確保する。その男は名前さえ記憶にないようだ、質問に何も答えない。逆に高部のことを聞きたいと言うばかりだ。

間宮らしき男が借りていた部屋を見つける。通路の一角にはサル・ウサギ・鳩・鶏などの実験動物が檻に入れられていた。

部屋に入ると、おびただしい精神医学関係の書物があった。そのなかでも人目を引く「メスマー」の本が数冊あった。

机の上には「動物磁気とその心理作用についての考察」と題された論文の原稿があった。執筆者は武蔵野医科大学(精神科)の間宮邦彦となっていた。

薄汚れたバスルームにはシャワーに括り付けられた猿の干からびた死骸がワイヤーで括り付けられていた。その猿の首にはX字のキズ跡が残されていた。

間宮は川崎の廃品回収センターで住み込みのバイトをしていたらしい、その時に肩にやけどを負い、それ以降半年間行方不明だ。

高部はサルの死骸や実験動物を見て急に妻文江のことが心配になって自宅に駆け付けた。ドアを開けると文江が首をつっていた・・・と見えたのは白日夢であった。高部は既に間宮のワナにはまりかけていた。

高部は間宮が収監されている精神病棟を訪れる。間宮に「メスマーと催眠暗示」のことについて問いただす。

間宮は高部に「奥さんが死んでいる姿を想像しただろう」とびっくりすることを聞く。高部は間宮に心の奥底まで知られていた。そして俺に全てを話せと言いよる。

高部は突然「なんで俺が精神病の女房の面倒を一生みなけりゃいけないんだ」と大声を上げる。そして今度はお前の話を聞かせろと間宮にライターの火をつけて見せる。

間宮は「凄いよあんたは」と感心する。外では雨が降り出し、雨漏りの水滴で火が消える。水滴がぽたぽた落ちる。間宮はその水滴を利用して高部に「気持ちいい、からっぽだ、生まれ変われ俺みたいに」と暗示をかける。

佐久間が言うのには、メスマーは18世紀のオーストリアの「催眠療法を初めて考案した」医者であるとのことであった。

そして間宮にもう会うな、奴は危険な男だと忠告する。間宮は記憶を失っているが異常者ではなく、複雑な感情を持っているとも言う。

間宮は高部を特別な人間だと言う、あんたも分かっていたし、俺も分かっていた。あんたは俺の言葉の本当の意味を理解できる人間だ。

高部はどんどん症状が悪くなってゆく文江を入院させる。でも高部も病人のように生気が亡くなって行く、食欲もまるでないし、記憶力も不確かだ。

佐久間に呼ばれて夜、彼の自宅に行く。彼は催眠治療の19世紀末の記録フィルムを高部に見せる。フィルムの中では主治医と思われる男が手でX印を書いているように見えた。

この患者は村川スズと言い、ヒステリー患者だ、自分の息子を殺している。その時に首から胸元にかけてX文字の切り傷があったそうだ。記録フィルムを撮影した男は誰だかわからないがオカルティズムの信奉者と考えられる。

佐久間はふと何日か前を振り返る。彼は間宮が借りていた部屋の調査に同行していた。そこで一冊の本「邪教」を手にする。本の中の第4部「メスメリアン」の章で伯楽陶二郎と言う代表的な霊術師のことが書かれてあった。

佐久間は記憶の中で朽ち果てた精神病院を眺めていた。その病院の窓から誰かがこちらをじぃっと見ている・・・伯楽陶二郎なのか?彼はその病院の中を歩いているような錯覚にとらわれ、それから記憶は間宮の独房に飛ぶ・・・これはすべて夢の中なのか?

佐久間が間宮の独房に入ると、中には干からびた猿の死骸がシャワーに取り付けられている光景を目にする。そして暗闇の中には高部が居て自分に向かってくる。その時部屋にいた高部の声で我に返る。

高部は佐久間に間宮は一体何者なのかと問う。間宮は世の中に知識を広めるための「伝道師」だと言う。何の知識なのか?

佐久間が自分の書斎の電気をつけたところ壁にX文字が見えた。高部は佐久間に「お前、間宮に会ったな」と聞くが、佐久間は会ったかどうか思い出せないと言う。

間宮が収監されている病院で地震と思われる振動が生じる。そして間宮は独房の中でイスをスチーム暖房機に打ち付け音を病院中に鳴り響かせる。

そこに高部は駆け付ける。間宮の独房の前で若い刑事が血を流して倒れており間宮は逃走していた。

高部のところに佐久間が自殺したとの連絡が入る。高部は放心したように彼の部屋に行く。佐久間は手錠をパイプと右手につないで左手で首を切ったらしい。果たして高部は間宮に催眠暗示をかけられてしまったのか、そして二人の関係はどうなって行くのか。

ネタバレとレビュー

高部はバスに乗って、人里離れた精神病院の廃屋に向かう。中に入るとビニールカーテンの向こうに伯楽陶二郎と思われる古ぼけた写真が目に入る。

広い部屋の壊れかけたベッドの隅に腰かけると、高部は何故か喜びがこみ上げてくる。そこに間宮が現われ「やっと来たね刑事さん」「どうして俺を逃がしてくれた」と問いかける。

「俺を逃がして本当の秘密を知りたかったんだ」「本当の自分に出会いたい人間はいつかここに来る・・・そういう運命なんだ」と間宮は言う。

高部は拳銃を抜くと間宮を撃つ。そして高部は「全部思い出したか」と間宮に言い、間宮は頷く。「そうか、これでお前も終わりだ」とさらに拳銃で息の根を止める。

高部は病院の診察室らしいところで、昔の録音機を動かす。そこからは「癒せ癒せ」と聞こえてくる。

文江は病院で遺体となって運ばれる・・・首筋にはX文字の傷跡があった。

高部は記憶もしっかりし、食欲も出てきた。彼はカフェのウエイトレスと接触する。彼女は高部が食べた皿を片付ける。そしてしばらくしてウエイトレスはナイフを持って厨房に消える。

この映画の面白い点は、見る人間によって何通りもの解釈が出来ることだね。僕の推論を述べてみると。

冒頭、高部の妻 文江が「青髭」の話をする。ストーリーに関連性があるかと思ったがあまり無いようだ。彼女は医者に行く度に病状が悪化する。「青髭」の結末を知っていたのに、読んだことも無いと言う。

家を出たきり道が急に分からなくなって迷子になる・・・典型的な若年性アルツハイマー病と思われ回復の見込みがない(「アリスのままで」を参考にしてみてね)。高部にとっては重荷になりつつある。

間宮は医学部精神科の学生だ。催眠術の草分け「メスナー」についての論文をまとめていたが、その中で「邪教」伯楽陶二郎の本にのめり込んでゆく。

彼は自分の人格を捨て、伯楽陶二郎の疑似人格を受け入れたのか?また同様に他人の人格をコピーする能力も有するようになったのか?近づいた相手の人格を自分の中にコピーし、その中から心の奥底の「憎悪」を見つけ爆発させる。

間宮は「伝道師」として接触した人々を殺人鬼に変えてゆく。そして高部と会い、彼の中に「伝道師」としての素質を見抜き、自分同じ殺人者(伝道師)に仕立て上げてゆく。

高部は佐久間、若い刑事、妻の文江でさえも殺したと思える。そして最終仕上げとして、独房から逃げさせた間宮も拳銃で撃ち殺している・・・もう自分には間宮は必要ないと思ったのか。

間宮は自分の人格を無くした殺人鬼(伝道師)だけど、高部は自分の人格を持った殺人鬼(伝道師)として数段進化している。(人格のない「どんな人間にもなれる:器だけの人間」男が出て来る「アサイラム」を見てね。)

高部はこの先次々と殺人鬼を作り続けてゆくのかな・・・恐ろしい結末のドラマだね。ところで、どう・・・「催眠暗示」にかかっちゃったのかな、そろそろお目覚めの時間だ。

TATSUTATSU

血も凍る日本のサイコパス映画ベストテン‐こんな人間が世の中にいると思うと眠れないね

映画「クリーピー偽りの隣人」感想・評価‐子が親を殺す極限の世界は現実にもあり得るか

 

関連記事

  1. 映画「シン・ゴジラ」感想・評価-日本の日本人による日本人の為のゴジラ映画だ

  2. 映画「秘密THE TOP SECRET」感想・評価‐殺人者の脳の中は恐怖の世界だ

  3. 映画「クリーピー偽りの隣人」感想・評価‐子が親を殺す極限の世界は現実にもあり得るか

  4. 「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」映画の感想と解説‐天皇の料理番山形と幻のレシピとは

  5. 「三度目の殺人」映画の感想と解説-誰が真犯人なのか徹底解説する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事:ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品集

最近の記事

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

特集記事:お薦め ベストテン

特集記事:サイボーグ009の世界観

PAGE TOP