注目の記事 PICK UP!

  • SF

映画「チャッピー」感想・評価:ギャングに育てられたAIロボットの悲劇

サマリー


映画『チャッピー』予告 2015年5月23日(土)公開

2015年日本公開、アメリカ製作のSFロボット映画、監督はニール・ブロムカンプ(第9地区、エリジウム)、主演はシャールト・コプリー(第9地区、エリジウム)がモーションキャプチャ(猿の惑星を参考にしてね)でロボットになりきる。

他には、デーヴ・パテール(スラムドッグ$ミリオネア)、ヒュー・ジャックマン(X‐MENシリーズ)、シガニー・ウィーバー(エイリアンシリーズ)など豪華なメンバーが出演している。

この物語は近未来のヨハネスブルグを舞台にしており、高い犯罪率を減らすため、警官タイプのロボットが導入された。ロボットは頑丈でギャングの攻撃なんかにびくともしない。そしてこのロボットの導入によって犯罪率は著しく低下し、ロボット会社は大きな利益を上げる。

ところが強盗団も負けてはいない、ロボットの開発者とロボットを誘拐し、強盗の出来る悪人ロボットを作らせ現金輸送車を強奪しようと考える。

誘拐された開発者は廃棄寸前のロボットに人工知能を組み込み「チャッピー」と名付け考え・成長するロボットを作ってしまう。この純真な子供の様な心を持つ「チャッピー」に悪党たちは拳銃を撃たせたり、暴力をふるうような不良教育を施す。

Chappie-Neill_Blomkamp-EW-001

「チャッピー」は訳も分からず、言われるままに悪人と強盗を行ってゆく。果たして「チャッピー」はどうなってゆくのか・・・・・。

この映画には有名俳優が出ているのだが、ニール・ブロムカンプ監督は、どうもこれらの俳優の使い方が下手である。ヒュー・ジャックマンは全くの悪役だし、シガニー・ウィーバーも頭が固いだけのロボット会社のCEOを演じている。(前作「エリジウム」にマット・デイモン、ジョディ・フォスターが出ているがせっかくの役者を使い切っていない。)

そして、「チャッピー」は悪人の味方をして巨大ロボットに立ち向かう、何が正義か分らなくなってくる。また、コメディドラマのようであって、激しい暴力シーン・銃撃シーンや巨大ロボットに人間が引き裂かれる残酷シーンもある。

まあ、往年の名作「ロボコップ」に似たシーン(オマージュなのか)がいっぱいで、僕としては残念な作品と言わざるを得ない・・・・・・・思い切ってコメディドラマにした方が良かったのでは?。

まあ、それなりのレベルの作品なので、暇な人やロボットの好きな人にはお薦めする。

近未来ロボット映画ベスト15」も見てね。

 

463122402

ストーリー

ストーリーを少し紹介すると、近未来の南アフリカ共和国・ヨハネスブルグでは犯罪がはびこり無法地帯化しつつあった。市は
ロボット警官を配置し、ギャング共を一掃しようと考えた。この作戦は大成功し、市の犯罪率は激減する。

ロボット警官の設計者ディオン・ウィルソン(デーヴ・パテール)は有頂天であったが、彼はさらにレベルの高い人工知能を持ったロボットを作ろうとしていた。しかし、この新型ロボットの開発を会社のCEOミシェル・ブラッドリー(シガニー・ウィーバー)はどうしても許可しなかった。

さらに攻撃型巨大ロボット(ロボコップの大型攻撃用ロボットにそっくりだね)の開発者ヴィンセント・ムーア(ヒュー・ジャックマン)は自分のロボットが採用されないことで、ディオンを恨んでいた。

Chappie_309

ところがギャング団によってディオンは誘拐されてしまう、そして我々の言うことを聞くロボットを作れと強制される。ディオンは廃棄寸前のロボットを組み立て、それに現在試作中の人工知能を搭載し「チャッピー」と名付けたロボットを作る。

チャッピーはギャング団の首領ニンジャをパパ、ヨーランディーをママと認識して育てられる。ディオンのことは創造主と呼んでいる。チャッピーは生まれたばかりで子供くらいの知能しかない。

ニンジャはチャッピーに拳銃の撃ち方や、悪いことばかり教える、でもヨーランディーはチャッピーに絵本を読んであげたり、絵を描かせたりやさしくする。そしてチャッピーはギャング団の仲間になって現金輸送車を襲ったりする。

4704_1432284672_l

巨大ロボットの開発者ヴィンセントは、自分のロボットを試したくて仕方が無い、ついに悪だくみを実行に移す。彼はロボット会社のネットワークを使い、すべてのロボット警官を動けないようにする。

町はパニックに陥る、そして巨大ロボットの出撃のチャンスが巡ってくる。彼は脳波を使って巨大ロボットをコントロールし、ギャングのアジトになだれ込む。

巨大ロボットは武器を使い、ギャング共を攻撃する。そこに現れたチャッピーは仲間を助けるために巨大ロボットと戦い、やっとのことで撃破する。

でもヨーランディーは巨大ロボットに撃たれ死んでしまう。チャッピーもバッテリーが残り少なくなる、バッテリーが切れればチャッピーの人工知能は消えてしまう。果たしてチャッピーの記憶は消えてなくなってしまうのか・・・・是非映画を観てほしい。

ネタバレ

chappie_06-1024x498

ディオンはチャッピーをつれて会社に戻り、チャッピーの記憶をコンピューターで取り出し、別の警官ロボットに移植する・・・・・・チャッピーは死をまぬがれる。ところがディオンも撃たれた傷から出血し、死の淵にいた。

チャッピーは自分にやってもらったことを、ディオンにも行う・・・・・・つまり彼の記憶を脳波ヘルメットを使ってパソコンに移植し、それを近くにいる警官ロボットに転送する。ディオンは死ぬ間際に記憶を移植するのに成功した。

さらに亡くなったヨーランディーも、死ぬ間際にパソコンに残された記憶を、女型ロボットに移植しようと考えている。

5eec11d5f4fcd696235edf8383cb4769-1024x683

レビュー

ギャングの首領ニンジャと女ギャングのヨーランディーは南アフリカ共和国ケープタウンのラップグループ(ダイ・アントワード)である。それをそのまま映画に使っちゃうとは、ニール・ブロムカンプ監督は面白いね。

DieAnt6394RBliss

映画の最後の落ちで、チャッピーばかりでなく人間のディオンの脳の記憶をロボットに移植してしまう、こんな「トランセンデンス」みたいなことが簡単にできちゃうの・・・・・・あまりに飛躍過ぎてコメディになっちゃってるね。

どうもストーリーも映像もハチャメチャなところがあるね、まあ、あまり深く考えずに気楽に観れば良いのかな。

でも、子供の様なチャッピーが可愛いね、ワンちゃんにも好かれているようだし、こんなチャッピーが少しずつ成長し、巨大ロボットをやっつけるまでになるとは・・・・・・ギャングにとっては育てがいのあるロボットなのかな。

辰々

o0500031213328580328

 

 

 

Tension

Die Antwoord
Downtown
2012-02-07

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 映画「オデッセイ」感想・評価:火星に取り残された主人公は無事地球に戻れるのか

  2. 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」感想と評価:ルーク・スカイウォーカーの意志を継ぐのはレイか或いは…

  3. 映画「マイノリティ・リポート」感想・評価‐2054年モデルのレクサスが凄い

  4. 映画「プリデスティネーション」感想・評価‐大どんでん返し系タイムパラドックスだ

  5. 映画「ギヴァー 記憶を注ぐ者」感想・評価‐人間は感情の無い生活に耐えられるのか

  6. 映画「猿の惑星 聖戦記」感想・評価‐猿と人間のこれが本当に最後の戦いだ

  7. 「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」感想・評価‐スーパーマンは本当に死ぬのか

  8. 映画「ゼロ・グラビティ」感想・評価:素晴らしい映像だけどストーリーは荒唐無稽

  9. 映画「ダウンサイズ」感想・評価:人類滅亡を回避するには人体のダウンサイズしかないのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

樹木希林さん追悼映画

グロイお薦め映画

最近の記事

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

特集記事:お薦め ベストテン

特集記事:ホラー特集