注目の記事 PICK UP!

映画「はじまりのうた BEGIN AGAIN」感想・評価‐路上ライブを始めたヒロインはこれをネットで流そうとするのだが

サマリー


Keira Knightley – A Step You Can't Take Back

2015年日本公開のアメリカ音楽映画、監督・脚本はジョン・カーニー(ONCEダブリンの街角で)、主な俳優はキーラ・ナイトレー(パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ、エージェント・ライアンイミテーション・ゲーム)、アダム・ラファロ(シャッターアイランド、アベンジャーズ)、そして音楽バンド マルーン5のボーカリスト アダム・レヴィーンである。

ジョン・カーニーは前作の低予算映画「ONCEダブリンの街角で」を大ヒットさせており、音楽映画監督として凄い才能を持っている。ただ今回のストーリー展開は今一であるが、「音楽映画にストーリーなんか付け足しでいいの」と思うくらい映画の中で歌われる曲が素晴らしい。

キーラ・ナイトレーはシンガーソングライター役として歌も披露している(まさか口パクじゃないだろーね)、歌はなかなかのものである。でもやはりアダム・レヴィーンが歌う主題歌「Lost Stars(さまよう星たち)」は歌唱力抜群で思わず聞き惚れてしまう。

bg

曲が売れ始めた男と恋人の女がイギリスからニューヨークにやってくる。彼はこの地でスターの道を歩むが、恋人の彼女は自分もシンガーソングライターでありながら売れない。

彼は浮気をしたことが原因で彼女と不仲になる。彼女は偶然落ちぶれたプロデューサーの男と知り合いその男の提案する「路上ライブ」をCDにまとめる。

beginagainknightleylevine

CDは音楽プロデューサーの男の手腕もあり、ネットで流され大きな反響をよんでゆく、そして別れた恋人も彼女のもとに戻ってくる。映画全編に流れる音楽が素晴らしい・・・・・・いつも思うが、自分もギターを抱えてあんな歌が歌えたらなーと思ってしまう。

まあ主人公になったつもりで、映画を観ながら歌を口ずさんでみてはどうだろーか。きっと楽しくなることうけあいだね。

maxresdefault

ストーリー

ストーリーを紹介すると、グレタ(キーラ・ナイトレー)は、スティーブ(ジェームズ・コーデン)のライブで突然飛び入りとして歌うことになる。そこに偶然落ち目の音楽プロデューサー ダン(マーク・ラファロ)がいた。彼は自分が思い描いていた歌と出会い、彼女の弾き語りを気に入る。

彼は彼女の歌は荒削りであるが、彼女の周りにピアノ・ドラム・弦楽器・ベースを加えて上手くアレンジすれば素晴らしいCDアルバムが出来ることをプロとして感じ取る。

ダンはかつて敏腕プロデューサーとして多くの新人を見出し、音楽業界に名を成した人物であったが、現在はヒット作に恵まれず落ちぶれていた。また家庭生活も破綻し、妻と別居していた。彼の今一番の生きがいは、月に一回娘のバイオレット(ヘイリー・スタンフェルド)に会うことぐらいになっていた。

maxresdefault

グレタは恋人のデイヴ(アダム・レヴィーン)とイギリスからニューヨークに出て来た。彼は映画の為に作った曲が大ヒットし、新たなレーベルと契約し、スターの道を歩み始めていた。

彼女もシンガーソングライターだが、彼の付添のようで、自分の音楽が認められず惨めな思いで日々過ごしていた。そして彼の浮気でケンカ別れし、友人のスティーブのもとに転がり込む。

ダンはグレタに僕と契約してCDを作ろうと持ちかける。彼女は自分の為に歌を作っている、それで十分だと言う。彼は君は美人だし、歌もいいきっと売れると口説くが、彼女は音楽は耳よ、見た目じゃないそして私はスターなんか目指していないと断る。

142479

でもグレタは冷静になって考えて見ると、自分も音楽に挑戦してみたいとダンに連絡を取る。そして彼のかつての同僚サウルのレコード会社でオーディションを受ける。

サウルは彼女の歌を聴いて難色を示す、彼女は荒削りだし、無愛想だと、そしてデモCDを作ってきたら考えると
・・・・・・・ダンは作られたポップスターより、純粋な彼女の歌の方が今の世の中に受けると説得するもサウルの考えを変えることは出来なかった。

20150208004058

ダンは街角・路地裏・地下鉄ホーム・屋上でのゲリラライブを企画する。そして無償で協力してくれるミュージシャン達を集め録音を始める。ライブにはダンの娘バイオレットにもギターを弾かせ、妻のミリアム(キャサリン・キーナー)も呼び寄せる。

ゲリラライブは順調に進み、彼女の初めてのアルバムが出来る。そしてこのアルバムは果たしてサウルのレコード会社に受け入れられるのか、観てのお楽しみである。

ネタバレ

begin-again

デイヴは音楽で凄い賞をとっていた、グレタとスティーブはPCに髭面で写った彼を見てびっくりした。つにい彼は音楽スターの座を勝ち取っていた。

グレタはデイヴの事を思いだし曲を作る。そしてスティーブのキーボードと彼女のギターの伴奏で歌い、スマホで
その歌を彼に送る。

DEx8ZsbvOFzAdBix91kho6uY8Jrj1SPy

デイヴから連絡があり、彼はもう一度グレタとやり直したいと言う。そして近くでコンサートをするから是非来てほしいと懇願する。

彼女の心は揺れ動く。彼女は彼にゲリラライブのCDを聞かせる・・・・・・彼は絶賛してくれた。彼は彼女からクリスマスプレゼントにもらった曲「Lost Stars(さまよう星たち)」をポップス調にアレンジして聞かせてくれた。

でも彼女は気に入らない、バラード調の曲である。売れるために曲を偽る必要はないと彼女は歌の感想を言う。

hajimari

ダンはグレタのCDを作ることによって、これに娘と妻を参加させ、家族の絆を取り戻しつつあった。そしてそのアルバムをサウルに聞かせる。

サウルは気に入ったようだ、彼女は契約の交渉を始める。ダンを会社に復帰させることと、アルバムの取り分を販売価格の半分欲しいとぶつけた。会社は難色を示す、アルバムの販売価格が10ドルだとすると普通は1ドルが取り分だと譲らない。

彼女とダンは事務所を後にした、彼が言うには、たぶんサウルは君と契約したいと思っている、少し妥協しろよと・・・・・。

Adam-Levine-in-Begin-Again

彼女はデイヴのライブコンサートに行く。彼は彼女からもらった曲「Lost Stars(さまよう星たち)」をバラード調で心をこめて歌う。

会場は感動で静まり返り、皆の心にメロディーがしみ込んで行く。デイヴは会場でグレタを見つけ微笑む。彼女は涙を流して彼の歌を聴き、そっと会場を後にする。

maxresdefault

グレタはダンのアパートを訪ね、サウルと契約したくないと言う。そして皆で作った彼女のアルバムはインターネットで1回1ドルで配信しようと考えた。

「これをしたら音楽業界と戦争になるけど」とダンは少し躊躇したが、思い切ってインターネットに流す。そして凄い反響を呼び込む。世界中の人々が彼女の歌声に応え、数知れないフォロワーが増えてゆく。

7e6f340bbbb54ec291c0fb643c20ad24

レビュー

映画は音楽の要素が大きい、特にミュージカルや音楽映画はほとんど音楽の良し悪しで決まっちゃうね。音楽がヒットすれば映画もヒットするのは定説だね。(アナと雪の女王がまさにそうだ)

ダンは世の中にあふれる、加工されたポップな歌に飽き飽きしていたと思う。そしてグレタのアコースティック的な繊細でみずみずしい歌が世の中には必要だと考えている。

彼女はダンと組んで、世界中の色々な場所でのライブ音楽を展開していくと思う、彼女にとってはまさに「はじまりのうた」であり、独り立ちのスタートだね。

そして彼女はデイヴのライブを見て、彼はもう大スターだと感じちゃうのかな。彼の歌声を聴きながら涙を流し、そっと会場をあとにするとは・・・・・・きっと彼女はもう彼を独り占めに出来ないと感じたのかもしんないね。

彼女は結局デイヴとやり直すのかな、それとも永遠の別れの涙なのか・・・・・・まあ映画を観て皆さんはどう感じるのかな。

辰々

魅惑の映画音楽ベスト50:心に残る映像とミュージックを堪能すれば心身ともリフレッシュだ

はじまりのうた BEGIN AGAIN [Blu-ray]

 

はじまりのうた-オリジナル・サウンドトラック

はじまりのうた-オリジナル・サウンドトラック [CD]

サントラ
ユニバーサル ミュージック
2015-01-21

 

 

関連記事

  1. 映画「黄金のアデーレ名画の帰還」感想・評価‐不可能を可能にした感動の物語

  2. 映画「Onceダブリンの街角で」感想・評価:音楽の素晴らしさが感動を生む男と女の物語

  3. 映画「バリー・シール/アメリカをはめた男」感想・評価‐トム・クルーズが破天荒な実在の男を演じる

  4. 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」映画の感想・評価:主人公の人生を変えた大きな出来事とは

  5. 映画「モダンライフ・イズ・ラビッシュ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~」感想・評価:売れないバンドマンと…

  6. 映画「オンリー・ザ・ブレイブ」感想・評価:アメリカ人なら誰でも知っている森林消防隊の悲劇

  7. 映画「ドリーム」感想・ネタバレ-有人宇宙船計画を成功させた3人の陰の天才

  8. 映画「パトリオット・デイ」感想・評価‐ボストンマラソン爆破事件を起こしたのは誰なのか

  9. 映画「スティーブ・ジョブズ」感想・評価‐アップルが世界一なった理由が分かるね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

樹木希林さん追悼映画

グロイお薦め映画

最近の記事

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

特集記事:お薦め ベストテン

特集記事:ホラー特集