ヒューマンドラマ

映画「ベイビー・ブローカー」感想・評価:乳児を横流しするのは善意なのか金儲けなのか

サマリー


★★★☆☆(お薦め)

2022年6月24日公開 韓国製作 赤ちゃんポストを描くヒューマンドラマ
監督・脚本 是枝裕和
出演 ●ソン・ガンホ
●カン・ドンウォン
●ペ・ドゥナ
●イ・ジウン
●イ・ジュヨン

是枝裕和監督最新作『ベイビー・ブローカー』本予告 6月24日(金)日本公開【公式】

 

日本にも「赤ちゃんポスト」はある(熊本の慈恵病院)が韓国にも「赤ちゃんポスト」はある。その場所はソウル市南部の冠岳区にある。キリスト教会の牧師が2009年に設置し、今まで2000人近くの幼い命を救ってきた。教会は赤ちゃんを保護し、捨てた親に会う。そしてあなたは子供を「捨てたんじゃない、守ったんだよ」と勇気づける。

もし、この施設が無ければ赤ちゃんはどうなっていただろうか?それを考えると心が痛む。この「赤ちゃんポスト」を批判する人も少なくない。理由は「捨て子が増える」とのことだ。

しかし、圧倒的多くの人々は支持している。未婚の母やシングルマザーがまだまだ多い世の中だ。子供が欲しくても、出来ない。子供が欲しくないのに出来てしまう。世の中は不公平だらけだ。

話のスジを少し紹介すると。クリーニング店を営むサンヒョン(ソン・ガンホ)は教会に勤めるドンス(カン・ドンウォン)と知り合いだ。二人は「赤ちゃんポスト」にあずけられた乳幼児を横取りし、子供を欲しがる夫婦に謝礼と引き換えに斡旋する闇ブローカーをやっている。

この日も「赤ちゃんポスト」に女性が乳幼児を置きに来る。子供には「いつか必ず迎えに来る」とメモがついていた。サンヒョンはこの子供をこっそり家に持ち帰る。ところが子供の母親ソヨン(イ・ジウン)は気が変わったのか教会に子供を取り返しに来る。

ドンスは慌ててソヨンをサンヒョンの自宅に連れてゆく。サンヒョンは子供を斡旋して謝礼を得るだけで、子供に危害を加えるわけではない。子供は裕福な夫婦のもとで幸せになれるとソヨンを説得する。

そして3人は目的の夫婦に会うのだが、子供が気に入らないそぶりを見せたため、ソヨンは切れる。そして斡旋は失敗に終わってしまった。

その様子をうかがう二人の刑事スジン(ペ・ドゥナ)とイ(イ・ジュヨン)はサンヒョンの車を尾行する。乳児斡旋の現場を押さえ、彼らを逮捕するつもりだ。果たして結末はどうなるか・・・。

重たいテーマのドラマだが、それをコミカルなロードムービーに仕立て上げたのは是枝裕和監督の才能だ。捨て子は乳児院で育てられる。しかしその子供を、夫婦に斡旋した方が、子供の将来を考えると幸せかもしれない。考えさせられる。

サンヒョン(ソン・ガンホ)は妻と娘に逃げられたダメ男だ。娘には時々会えるが、二人からもう関わりを持ちたくないと最後通告を受ける。

また、ドンス(カン・ドンウォン)は自分が「捨て子」であったことが明かされる。乳児ソヨンを見て、これは昔の俺であった。今まで相当苦しんできたが、捨てた母を既に許している・・・と心境を語る。

映画は劇的な最期を迎える。この映画が「赤ちゃんポスト」の存在を広く世に知らしめることになればいいと思う。僕も見ていて考えさせられた映画だ。でも見終わった後、深刻さより、清々しさが感じられた。誰しも重荷を背負って生きている。こんな映画もたまにはいいお薦めだ。

TATSUTATSU

ミステリー小説「未来から来た少年」50年先から戻ってきた彼は世界はもう無いと叫ぶ前のページ

ミステリー小説「タイムトンネル」トンネルの先には何が待っているのか次のページ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

アーカイブ

最近の記事

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
  1. ヒューマンドラマ

    映画「黄金のアデーレ名画の帰還」感想・評価‐不可能を可能にした感動の物語
  2. SF

    映画「スキャナーズ」感想・評価‐超能力者達のグロイ戦いを描いた傑作だ
  3. SF

    映画「リミットレス」感想・評価‐脳が100%覚醒したら大統領にもなれるよ
  4. 海外ドラマ

    TVドラマ「SHERLOCK/シャーロック3-3 最後の誓い」感想・評価‐シャー…
  5. ホラー

    映画「ザ・リング リバース」感想・評価:呪いのビデオを解明するストーリーだがその…
PAGE TOP