注目の記事 PICK UP!

映画「黄金のアデーレ名画の帰還」感想・評価‐不可能を可能にした感動の物語


サマリー

2015年日本公開のイギリス・アメリカ映画
監督 サイモン・カーティス(マリリン 7日間の恋)
出演 ヘレン・ミレン(マダム・マロリーと魔法のスパイス
ライアン・レイノズル(デンジャラス・ラン)
ダニエル・ブリュール(ボーン・アルティメイタム)
ケイティ・ホームズ(ギヴァー 記憶を注ぐ者

クリムトの名画の行方は…!映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』予告編
ナチスに奪われた世界的に有名なグスタフ・クリムトの名画を取り戻すため、オーストリア政府を相手に返還訴訟を起こした女性の実話を基に描いた人間ドラマ。肖像画のモデルとなった女性のめいで、戦争に運命を翻弄(ほんろう)された実在の主人公をオスカー女優ヘレン・ミレンが好演する。彼女とタッグを組む弁護士に、『[リミット]』などのライアン・レイノルズがふんし、『ラッシュ/プライドと友情』などのダニエル・ブリュールらが共演。『マリリン 7日間の恋』などのサイモン・カーティスがメガホンを取る。

クリムトの名画の行方は…!映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』予告編

この映画は実に勇気のもらえる映画だ、しかも実話をベースにしている。

正しいと思ったことを着実にやり遂げてゆけば、必ず夢は叶うものだと言うことを教えてくれる。またその志に対して味方になってくれる人々が必ずたくさん出て来てくれことも知る。

クライマックスの裁判のシーンでは胸が締め付けられる。彼女と弁護士は法廷の人々に正当な要求を心から訴えかける。

お薦め映画だ、戦後50年以上も経ってこんなに心を打つ出来事があったなんて・・・・。

(L-R) RYAN REYNOLDS, HELEN MIRREN, and DANIEL BRUHL star in WOMAN IN GOLD

82歳のマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)はオーストリアの宝と言われたグスタフ・クリムトの名画「アデーレ・ブロッホバウアーの肖像Ⅰ」をオーストリア政府から取り戻そうとする。

彼女はオーストリア人であるが、ナチスの迫害によってアメリカに逃れてきた。この肖像画は今では100億円以上の価値がある。

この絵を描かせたのは彼女の叔父であり、モデルとなったのは叔母のアデーレであった。子供のいなかった叔父は遺産を甥や姪たちに引き継がせる遺言状を残す。

ところがこれらの資産のほとんどはナチスによって奪い取られていた。そして戦後この絵はオーストリアの美術館に展示されていた。

今ではこの絵の正当な相続人はマリア・アルトマンだけになってしまっている。彼女は亡き姉がこの絵を取り戻そうとしていたことを知り、その意思を引き継ぐ。

WOMAN IN GOLD

彼女は親戚の新米弁護士ランディ(ライアン・レイノズル)を頼る。彼は当初 金目当てで協力するが、ナチスに迫害され、全てを奪い取られたマリアと接するうちに、自分が借金してでもこの仕事をやり遂げることを決意する。

実は彼の先祖もオーストリア出身のユダヤ人であった。

オーストリア政府との交渉は難航を極め、相手は持久戦を仕掛けてくる。マリアの寿命がもうそう長くないことを見越した戦術だ。

ランディ弁護士は法律を丹念に調べ上げ、アメリカで裁判が出来ることを知る。彼は過去の判例を調べ上げ万全な準備をして裁判に臨んでゆく・・・・・。

(L-R) HELEN MIRREN and RYAN REYNOLDS star in WOMAN IN GOLD

マリア・アルトマンを演じるヘレン・ミレンが芯が強くエレガントでユーモアを兼ね備えた女性をうまく演じる。

また新米弁護士ランディをライアン・レイノズルが演じていて好感が持てる。彼は当初頼りない男であったが経験を積むことによってたくましく変貌してゆく。

そしてマリア・アルトマンの娘時代をタチアナ・マズラニー(オーファン・ブラック)がその夫フリッツをマックス・アイアンズ(赤ずきん)が弁護士ランディの妻をケイティ・ホームズが演じている。

GALLERY012637_4

現在のこの絵画は、2006年にロナルド・ローダーに156億円で買い取られ、ニューヨークのノイエ・ガレリエ美術館に展示されている。

マリア・アルトマンは2011年に94歳で永眠している。

この映画は事実をベースにしているが、かなり脚色されているとも批判されている。オーストリア政府を悪者扱いしているが、事実と違う個所がいくつかあるらしい。

世界各地で大ヒットとしているが、オーストリア内では人気が低い。映画の影響力は非常に大きいから、この映画はノンフィクションではなく、フィクションも含まれることを考えておかないといけないね。

woman-in-gold_02
実際のマリアとランディ

TATSUTATSU

関連記事

  1. 映画「スポットライト 世紀のスクープ」感想・評価‐感動を呼ぶ社会派ドラマだ

  2. 映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」感想・評価‐初めから最後まで悲しいドラマだ

  3. 映画「ライオン25年目のただいま」感想・評価‐ついつい涙が出てしまう感動のドラマだ

  4. 映画「パトリオット・デイ」感想・評価‐ドキュメンタリータッチの秀作だ

  5. 映画「ハドソン川の奇跡」感想・評価‐記録映画かと思うほど地味だけど心にジーンと来るね

  6. 映画「バーニング・オーシャン」感想・評価‐メキシコ湾原油流出事故の真実ドラマだ

  7. 映画「完全なるチェックメイト」感想・評価‐チェスの天才は気違いと紙一重なのか

  8. 映画「沈黙‐サイレンス-」感想・評価-キリシタン弾圧を淡々と描き心に残る秀作だね

  9. 映画「レヴェナント:蘇えりし者」感想・評価‐リアルを追及した実話のドラマ化だ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事:エイリアン:コヴェナントを見る前に

最近の記事

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

特集記事:新海監督作品集

特集記事:サイボーグ009の世界観

PAGE TOP