注目の記事 PICK UP!

アニメ映画「言の葉の庭」感想・評価‐雨と年上の女性との淡い恋が爽やかに描かれる

サマリー

201512301655046bd


2013年公開の日本アニメ映画
監督・脚本・原作 新海誠(ほしのこえ雲のむこう、約束の場所秒速5センチメートル星を追う子ども言の葉の庭君の名は。
声の出演 入野自由(秋月孝雄)
花澤香菜(雪野百香里)

『言の葉の庭』 予告篇 "The Garden of Words" Trailer

『言の葉の庭』 予告篇  "The Garden of Words" Trailer

46分の小作品だけど、何回も見たくなるほど心に響く。

「言の葉」とは「言葉」のことだ。大昔では「和歌」を表していたらしい。

chara_akizuki_b

言葉(和歌)とは心を種にして葉が茂るように広がってゆくもの。

梅雨の時期の雨のうっとうしさを爽快な気分に変えてくれる、心洗われる恋の物語だ。

curx0gl

雨の日の映像が実に美しい、「実写」なのか「アニメ」なのか新海誠監督らしいやさしい表現だ。

雨の中に映える庭の緑、初夏の鮮やかな緑が主人公たちを包んでゆく・・・ゆっくりと時間が流れてゆく・・・もう何時間でも見ていたい。

chara_yukino_b

高校1年の孝雄は、雨の日はいつも授業をサボって公園に行く。公園では雨をしのげるベンチで靴のデザインを考えている。

孝雄は靴職人になりたいと考えている。

image17-e1431848095271

ある日、いつもの公園のベンチに行くと、雪野と言うどこかで見たことのある女性がいた。

彼女はチョコレートをつまみに缶ビールを飲んでいた。

%e7%84%a1%e9%a1%8c21

そして万葉集の短歌「雷神(なるかみ)の 少し響みてさし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ」(雨が降ったら君はここに留まってくれるだろうか)を残して帰って行く。

それから雨の日はいつも雪野と会う、孝雄は雪野に靴職人になる夢を語る。

intro_img3_b

雪野は「味覚障害」を患っていて、ビールとチョコレートしか味が分からないらしい。

ある日雪野は孝雄に高価な「靴作りの本」をプレゼントする。

20160206202446

孝雄は今作っている靴を雪野のために作ろうと、雪野の足の形や寸法を記録する。

20130914234146

孝雄はいつまでも梅雨が続くことを祈るが、梅雨が過ぎ夏が来てしまう・・・二人はそれから逢わなくなる。

ネタバレとレビュー

二学期になったある日、孝雄は学校で雪野とすれ違う。

彼女はこの学校の古典の先生だったことが分かる。

chara_aizawa_pic_b

雪野はある女子生徒たちの嫌がらせによって学校を辞めさせられることになっていた。

孝雄は雪野に嫌がらせをした3年の女子生徒の頬を張り倒す。

20130916195233

ところが彼女の取り巻きの男子生徒に殴られケガをする。

孝雄は雪野に会いに庭園に行く。

20130916203154

孝雄は万葉集の返し歌「雷神(なるかみ)の 少し響みて降らずとも 我は留らむ 妹し留めば」(雨が降らなくったって君のそばにいるよ)を彼女に伝える。

突然急な土砂降りに二人ともずぶ濡れになってしまう。

maxresdefault

二人は雪野のマンションで服を乾かす。

孝雄は雪野の部屋で二人分の料理を作る。孝雄は今まで生きてきて今が一番幸せだと感じる、そして先生のことが好きだと告白する。

%e8%a8%80%e3%81%ae%e8%91%89%e3%81%ae%e5%ba%ad20-59-46

でも雪野は来週 四国の実家に帰ると孝雄に告げる。

そして彼女はあの場所で「靴が無くても一人で歩けるようになる練習していた」と孝雄に話す。

cgqyax_uyaawvma

孝雄は突然立ち上がり、彼女のマンションを寂しく出てゆく。

雪野は少し躊躇したが、孝雄を追いかける。

1a6aff9ad1

孝雄は気持ちが高ぶり、あなたなんか大嫌いだ、僕のこと生徒だと知っていて根掘り葉掘り何でも聞いてくる。でもあなたは自分のことを何も言わない卑怯だ・・・と。

雪野は思い余って孝雄を抱きしめる。

bc36889e-f020-43ee-9d71-901cb8e9ea00

夏が終わって冬が来た。

孝雄は自分がもっと遠くへ歩けるようになったら、彼女のところに行ってみよう。

s__197263391

孝雄が15才で雪野は27才だ、歳の差が離れているから、この淡い恋は実らないと思うけど、純粋な思いは感動を呼ぶ。

雪野は学校が怖くてどうしようもなくてあの場所にいたんだ。

20151119225946

そして孝雄によって癒されていた。

孝雄も一人歩き(自立)したくってあの場所で、靴のアイデアを考えていた。

m_g

二人とも学校には居場所がなかったんだね・・・でも二人ともお互い癒しあってまた新しい人生を歩んでゆく。

エンディングテーマの秦基博が歌う「Rain(大江千里 作詞・作曲)」が実にいい、それとKASHIWA Daisukeのピアノ曲もぴったりだ。

cd8fd7f10614c0e8580eb2f5e43017e3_b1280_1280_1280_720

もう一回見よーかな。

新海誠監督代表作ベストテン:「君の名は」につながる「言の葉の庭」「秒速5センチメートル」「星を追う子ども」を解説する

 

TATSUTATSU

 

関連記事

  1. アニメ映画「星を追う子ども」感想・評価‐ジブリ色の強い地底都市物語だ

  2. アニメ映画「秒速5センチメートル」感想・評価‐胸が締め付けられるほど純粋な物語

  3. アニメ映画「雲のむこう、約束の場所」感想・評価‐思春期の淡い恋を描いた秀作

  4. アニメ映画「009RE:CYBORG」感想・評価‐ジョーの疾走感が忘れられない

  5. アニメ映画「ボス・ベイビー」感想・評価:突然現れたおっさんのようなボス・ベイビーその正体と目的は

  6. アニメ映画「この世界の片隅に」感想・評価‐戦時下の呉で懸命に生きるすずに涙

  7. アニメ映画「CYBORG009 CALL OF JUSTICE第一章」感想・評価‐30年前の作品みた…

  8. アニメ映画「君の名は。」感想・評価:瀧が三葉を救う赤い糸とタイムスリップを徹底解説

  9. アニメ映画「攻殻機動隊S.A.C 笑い男事件」感想・評価‐プロットが魅力のどんでん返しドラマだ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事:ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品集

最近の記事

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

特集記事:お薦め ベストテン

特集記事:ホラー特集

PAGE TOP