アニメ

アニメ映画「星を追う子ども」感想・評価‐ジブリ色の強い地底都市物語だ


サマリー

maxresdefault

2011年公開の日本SFアニメ
監督・脚本 新海誠(ほしのこえ、雲のむこう、約束の場所秒速5センチメートル星を追う子ども言の葉の庭君の名は。天気の子
声の出演者 金子寿子(広瀬明日菜)
入野自由(シュン、シン)
井上和彦(森崎竜司)

新海誠『星を追う子ども』予告編映像

新海監督の少し毛色の変わった意欲作だ。

地底都市「アガルタ」が舞台になっているが、ジブリ色の強い作品になってしまっている。

28205368

残念ながら、どこかで見た映像・ストーリーばかりで新鮮味がやや薄れる。

ジブリ得意の分野での勝負はもう少し先延ばしにしてもいいのかなと思う。

hoshi_013

明日菜(アスナ)は父を早くに亡くし、母と二人暮らしだ。

ある日、明日菜は山の秘密基地に行く途中、クマのような得体の知れない動物に襲われる。

ws000029

そこにシュンと言う青年が現れ、明日菜は救われる。しかし彼はしばらく後に死体で発見される。シュンは病に侵され死ぬ前に地上を一目見たい一心でここに現れたらしい。

シュンは地底都市アガルタから来たと言っていた。

754ea04c484e9f3f90b07ec28b876cc7

ある日、新任教師の森崎が学校にやってくる。森崎は授業で「死後の世界」の話をし、アガルタもその一つであると言う。そしてアガルタには死者を復活させる技術がある。

明日菜は山の秘密基地でシュンの弟シンに会う。彼は兄が持ち出した鉱石の結晶「クラヴィス」を回収しにきたのだ。

28205291

そこに森崎が現れシンの後を追ってアガルタへと向かう、そして成り行きから明日菜も猫のような小動物ミミと森崎についてゆく。

森崎はアガルタを調査してきた組織「アルカンジェリ」の一員だった。彼は亡き妻リサをアガルタで復活させることを目的にしていた。

3e26af36ed11d8a1c5c4900ae96e1bfb

アガルタには広大な世界が広がっていた、しかし行けども行けども廃墟ばかりだ。この地は幾度となく侵攻してきた地上の軍隊によって荒廃し、地下に住む人達も滅亡へと追いやられている。

空には神々が乗る船「シャクナ・ヴィマーナ」が行き交う。

2fd13ece1108d229a2833254de669244

森崎は世界の果て「フィニス・テラ」にたどり着き、断崖の底にある「生死の門」まで必死になって行こうとする。

明日菜は断崖をを見てとても底にはたどり着けないと引き返してしまう。ところが明日菜は闇の「夷族(いぞく)」に襲われ、あわやというところでシンに助けられる。

maxresdefault

明日菜はシンと一緒に「ケツァルトル」に飲み込まれ、断崖の底に到達する。

森崎は「生死の門」で亡き妻を復活させるため「クラヴィス」を使って「シャクナ・ヴィマーナ」の神ケツァルトルと契約をする。さらに神は森崎の片目までも奪う。

2012/ 4/ 4 11:13

亡き妻の魂を復活させたものの魂の入れ物(人間の肉体)を要求され、そこに現れた明日菜を生贄にしてしまう。

2012/ 4/ 4 11:59

リサは明日菜の体を使ってよみがえる。

ネタバレとレビュー

シンは明日菜を救おうと「クラヴィス」を必死で破壊する。

その時森崎の亡き妻リサは消え、明日菜が戻ってくる。そして「シャクナ・ヴィマーナ」も大空へ帰って行く。

d0jsyub9rrhldbcw1gltcm49bkd

森崎はあまりの失意に「殺してくれ」と叫ぶ・・・明日菜は森崎を抱きしめる。

明日菜は森崎とシンを残して地上に戻って行く。

sid0004225_fhds

死者復活の話は世界中に残っている。

このアニメに出て来るように日本では古事記に「黄泉の国(よみのくに:死者の国)」があり神の許しがあれば前世に戻ってこられる(イザナギとイザナミの伝説)。

%d0%ba%d0%b5%d1%82%d1%86%d0%b0%d0%bb%d1%8c%d0%ba%d0%be%d0%b0%d1%82%d0%bb%d1%8c-2

死者の復活はユダヤ教、キリスト教、インド、中国、エジプトなどなど多くの神話がある。

この物語では地下都市アガルタと死者復活をテーマにしているが、内容を少し盛り込み過ぎたように思う。

81a3e3fe29f78de78432b8c989f87d3e

でも新海監督の意欲作としてはまあまあかな・・・。

全て解説します新海誠監督代表作ベストテン:最新作「天気の子」はどんな作品になるのか

 

TATSUTATSU

 

アニメ映画「言の葉の庭」感想・評価‐雨と年上の女性との淡い恋が爽やかに描かれる前のページ

映画「ハドソン川の奇跡」感想・評価:コンピューターより人間の直観力の正しさを証明したドラマだ次のページ

関連記事

  1. アニメ

    アニメ映画「この世界の片隅に」感想・評価‐戦時下の呉で懸命に生きるすずに涙

    サマリー2016年公開の日本アニメ映画 ヒューマン…

  2. アニメ

    アニメ映画「かぐや姫の物語」感想・解説‐かぐや姫が犯した罪とは

    サマリー2013年11月公開、「竹取物語」を原作とした高畑勲監督ス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. ヒューマンドラマ

    映画「最後のマイ・ウェイ」感想・評価:マイ・ウェイの作曲者クロード・フランソワの…
  2. コメディ

    映画「ジュマンジ/ネクスト・レベル」感想・評価:次のステージは難しすぎて果たして…
  3. SF

    映画「シャットダウン」感想・評価:AIを搭載したインテリジェント・ハウスが人類に…
  4. ヒューマンドラマ

    映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」感想・評価:ベトナム戦争の劣勢を暴露…
  5. 海外ドラマ

    TVドラマ「SHERLOCK/シャーロック3-3 最後の誓い」感想・評価‐シャー…
PAGE TOP