注目の記事 PICK UP!

アニメ映画「秒速5センチメートル」感想・評価‐胸が締め付けられるほど純粋な物語


サマリー

maxresdefault

2007年公開の日本恋愛アニメ
監督・脚本 新海誠(ほしのこえ雲のむこう、約束の場所秒速5センチメートル星を追う子ども言の葉の庭君の名は。
声の出演 水橋研二
近藤好美
尾上綾華
花村怜美

「秒速5センチメートル」予告編HD
監督:新海誠 音楽:天門 キャスト:水橋研二、近藤好美、尾上綾華、花村怜美 制作:コミックス・ウェーブ・フィルム (C) Makoto Shinkai/ CoMix Wave Films

「秒速5センチメートル」予告編HD

秒速5センチメートルとは桜の花びらが落ちる速度だそうだ。

新海監督は3部作の短編連作アニメと言う手法で思春期の恋人たちの淡い恋を描いている。

bicjei4ciaaqqcj

恋人との心の距離、遠く離れてゆく恋人との距離、恋人に会いに行くまでの時間と距離・・・一瞬で過ぎ去ってしまう思春期の淡い恋を時間と距離でうまくまとめたドラマだ。

中学、高校の淡い恋は成就しない、でもその恋を引きずって生きて行かねばならない。そう思うと胸が締め付けられる。

1eb5e690

63分と短いが、新海監督らしい映像美に酔いしれる。季節感をうまく作品の中に盛り込んでおり失ったものを思い出すようなときめきを感じる。

このアニメを見ていると過ぎ去って行く時間の大切さを感じさせる、やはり1日1日精一杯生きないといけない。

20150227021632

山崎まさよしの「One more time,One more chance」が主題歌にぴったりだ。

第1話 「桜花抄」

201008042257439c7

遠野貴樹(水橋研二)と篠原明里(近藤好美)は小学校の同級生だ、お互いに淡い恋を抱いている。

明里は小学校の卒業と同時に栃木に転校してしまう。でもしばらくして明里から貴樹に手紙が届く、そしてそれを機会に文通が始まる。

5-6

しかし、冬が来て貴樹は鹿児島に転校が決まってしまう。

もう、二度と逢えないと思った貴樹は明里に逢うために岩舟に行く。

1273111456_ac83948f36

途中、雪が降り始め大雪となる。電車は遅延し始め、いつまで経っても運転再開しない。

貴樹はあせるがどうしようもない・・・岩舟についたときには深夜になっていた。

20070219022309

駅の待合室では明里が弁当を作って待っていてくれた。

第2話 「コスモナウト」

maxresdefault

鹿児島県の種子島に転校した貴樹は明里との思い出を引きずっていた。

そんな貴樹に高校3年のクラスメイト澄田花苗(花村怜美)は淡い恋を抱いている。

img_1

貴樹は東京の大学に行くことが決まっている。あと少しで卒業だ・・・そして二人は離ればなれになってしまう。

花苗は自分の進路を決めかねていた。そして卒業までに貴樹に思いを打ち明けようと決心するがなかなか実行に移せない。

0sdmu1jmpbh

花苗は近くの海でサーフィンを始めたが、上達しない。波をうまく乗りこなすことが出来たら貴樹に思いを打ち明けようと誓う。

ある日、花苗はボードをうまく操り、波を乗りこなすことが出来た。

byosoku4

花苗は貴樹といつものように一緒に家に帰るのだが・・・。

第3話 「秒速5センチメートル」

photo_ba9cc5bac7d0d0c913a0313aaab5c665

貴樹は大学を卒業し就職する。彼女も出来たが今でも明里のことを引きずっている。

貴樹は3年間付き合っていた水野理紗(水野理紗)から「1000回メールをしても心は1センチほどしか近づかなかった」と別れを切り出される。

20150324231703

貴樹は仕事にのめり込んだが、自分を見失い・・・結局会社を辞めてしまう。

ある日、踏切で明里らしい女性とすれ違う。

photo_31

線路を渡り、電車が通り過ぎるのを待って後ろを振り返ったが、そこには誰もいなかった。

レビュー

貴樹は明里に理想の女性像をみてしまう。

それが彼を苦しめ、新しい恋をいつでも妨げる。

bicbtovcuaaqoox

純粋な男性の心情がよく表れたアニメとして、是非観ることをお薦めする。

このアニメを見た後、心が洗われるような爽快感に包まれると思う。

de73746fc87b3c56208a6946eb460ab5

学生時代の淡い恋は成就しないもんだが、けがれない純粋な思いを見るのもたまにはいい。

何か失ったものを取り戻してくれそうな気がする。

6e7f9ade

現実社会は厳しくて、生々しいけど「新海ワールド」に逃げ込んでみるのもいいかも・・・。

今、大ヒットしている「君の名は。」の原点はこのアニメにあるような気がする。

新海誠監督アニメ映画押さえておきたいベスト6」も見てね。

TATSUTATSU

 

関連記事

  1. アニメ映画「雲のむこう、約束の場所」感想・評価‐思春期の淡い恋を描いた秀作

  2. アニメ映画「レッドタートルある島の物語」感想・評価‐じっくり何回も見る作品かもしれない

  3. アニメ映画「この世界の片隅に」感想・評価‐戦時下の呉で懸命に生きるすずに涙

  4. アニメ映画「星を追う子ども」感想・評価‐ジブリ色の強い地底都市物語だ

  5. アニメ映画「攻殻機動隊S.A.C SOLID STATE SOCIETY」感想・評価‐孤独老人の末路…

  6. アニメ映画「CYBORG009 CALL OF JUSTICE第三章」感想・評価‐結末は良かったね

  7. アニメ映画「君の名は。」感想・評価‐実写より実写らしい映像にため息

  8. アニメ映画「言の葉の庭」感想・評価‐雨と年上の女性との淡い恋が爽やかに描かれる

  9. アニメ映画「009RE:CYBORG」感想・評価‐ジョーの疾走感が忘れられない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事:エイリアン:コヴェナントを見る前に

最近の記事

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

特集記事:新海監督作品集

特集記事:サイボーグ009の世界観

PAGE TOP