注目の記事 PICK UP!

海外ドラマ「シャーロック・ホームズの冒険 まだらの紐」感想・評価:原作に忠実なジェレミー・ブレットのホームズは必見だ

サマリー


1984年にイギリスで放映された「シャーロック・ホームズ」ドラマ
監督 ジョン・ブルース
原作 アーサー・コナン・ドイル
出演 ●ジェレミー・ブレット(戦争と平和、マイ・フェア・レディ、シャーロック・ホームズの冒険)
●デビット・バーク(シャーロック・ホームズの冒険)
●ジェレミー・ケンプ(シャーロック・ホームズの冒険)
●ロザリン・ランドー(シャーロック・ホームズの冒険)

「シャーロック・ホームズの冒険」一挙放送<60秒> 予告編 – ミステリー専門チャンネル AXNミステリー

「まだらの紐」の予告編だ。

Sherlock Holmes : The speckled band part1 [HQ]

「まだらの紐」の予告編2だ。

Sherlock Holmes : The speckled band part4 [HQ]

 

「まだらの紐」はシャーロック・ホームズシリーズの中でも特に有名な短編だ。アーサー・コナン・ドイルによって1892年に発表されている。実に今から126年も前だ。

1984年からイギリス グラナダTVで制作・放映された「シャーロック・ホームズの冒険」の中の一つだ(今から34年も前だね、日本ではNHKで1985年から放送された)。シャーロック・ホームズに最も近い俳優と言われたジェレミー・ブレットが主演している。

物語は原作に忠実に作られている。少々古めかしいが、原作当時のヴィクトリア朝の雰囲気が伝わってきてタマラナイ魅力を放っている。このTVドラマは10年間続き41話作成された。ブレットは残念ながら1995年に61才の若さで亡くなっている。

何故、今「シャーロック・ホームズ」なのか・・・今だにホームズ人気は衰えることなく、これを参考とした作品が次から次へと作り続けられているからだ。だから「原点」となるこんな作品を眺めてみるのも面白い。

ジェレミー・ブレットの頭脳明晰な語り口、堂々とした態度、事件解決の熱意など、原作から飛び出してきたホームズ像そのものだ。確かに演出上、昨今のスピーディなドラマから比較すればややおっとりしているがそこはご愛嬌だ。

話の筋を少し紹介すると、ヘレン・ストーナー(ロザリン・ランドー)が朝早くホームズを訪ねて来る。彼女は義父のグリムズビー・ロイロット博士(ジェレミー・ケンプ)に対し得体の知れない恐怖を感じていた。

彼女の双子の姉ジュリア(デニズ・アーモン)が二年前に密室で謎の死を遂げている。彼女は2週間後に結婚する予定になっていた。彼女は夜になると「口笛の音」が聞こえると恐怖を募らせており、息を引き取る前に「まだらの紐」と言い残している。

ヘレンも近々結婚が決まっている。ところが突然ロイロットから部屋を改装するから隣のジュリアがいた部屋に移れと言われたことも話す。ホームズは一刻の猶予もないと判断し、ヘレンが住む屋敷へ行くと伝える。

暫くしてホームズのところにヘレンのあとをつけてロイロットが現われる。そして娘にかまうと大変なことになるぞと脅しをかけすぐに帰って行く。

ホームズとワトソン(デビット・バーク)はヘレンが住む屋敷を訪ねる。都合よくロイロットは留守だった。彼らは姉ジュリアが住んでいた部屋とロイロットと部屋を確認する。

不思議なことにジュリアの部屋の壁にはロイロットの部屋につながる通気口があった。しかもその通気口には紐が垂れ下がっていた。ロイロットの部屋には金庫とミルクの入った小皿、さらに先が輪になった鞭が置いてあった。

ホームズは夜になったら明かりをつけ、鎧戸を開け、隣の改装中の部屋に避難しなさいとヘレン念を押し、自分たちは遠くから部屋を監視することとした。ヘレンの寝室に明かりがつき、鎧戸が開くのを確認し、近づきヘレンを避難させ、その部屋で様子をうかがう。

その時、「口笛の音」が聞こえホームズ達は身構える・・・・果たして何が起ころうとしているのか?

ネタバレとレビュー

ホームズは通気口付近を照らし、手に持った棒で何かを叩く。暫くして隣の部屋から鋭い悲鳴が聞こえた。隣の部屋に駆け付けるとロイロットが凄い形相で亡くなっていた。そして首にはまだら模様の蛇が巻き付いていた。

ロイロットは毒蛇を口笛とミルクで手なずけ、通気口を伝わらせて隣の部屋にいるヘレンを襲わせようとしたらしい。ホームズがその毒蛇を棒で叩き、追い返すことで、逆にロイロットが襲われたようだ。蛇の毒は強力で噛まれたら10秒以内で人間を死に至らしめる(実際にはこんな毒の強い蛇はいない)。

ロイロットは妻の遺言で、結婚した娘たちに彼女の莫大な遺産が分配されるのを恐れたようだ。二人の娘が結婚してしまえば彼はほとんど文無しになってしまう。

コナン・ドイルは密室殺人を毒蛇を使うことで完成させたようだ。しかし毒蛇が人間の手によって操ることが出来るのか、はなはだ疑問が残る。それに毒蛇は見境が無いから自分もヤラレてしまう。

しかし、この小説が書かれたのが今から126年前だ。そう考えると世界にはこんな強力な毒蛇が何処かにいると考えてもおかしくない。今のように情報が誰でも簡単に入手できるとは限らない、当時の読者はインドには恐ろしい毒蛇がいると信じられていたのかな。

このドラマを見ているとホームズとワトソンがコナン・ドイルが生きた時代を鮮やかにしかも生き生きと動き回っている様を見れるなんて贅沢だね。

予告編だ。

Huluオリジナル「ミス・シャーロック」予告

2018年4月から竹内結子主演で「ミス・シャーロック」が始まる。これも面白いかもしれない、ついにシャーロックが女性になるとは・・・。ちなみに「ワトソン」は貫地谷しほりが橘和都役で舞台は東京だ。

TATSUTATSU

ホームズ映画ベストテン:シャーロック・ホームズ俳優とその魅力を全て解説

海外ドラマ「SHERLOCK/シャーロック シーズン4」感想・評価:史上最強の犯罪者ユーラスとは何者かそしてシーズン5は作られるのか?

海外ドラマ「エレメンタリー ホームズ&ワトソンin NY シーズン4」感想・評価:ホームズの親父モーランドは腹黒い男なのか?

関連記事

  1. 海外ドラマ「12モンキーズ」感想・評価:殺人ウイルスをまき散らしたのは誰か未来・現代・過去を探し回る…

  2. TVドラマ「SHERLOCK/シャーロック」感想・評価‐カンバーバッチがすこぶるいいね

  3. 海外ドラマ「MR.ROBOT/ミスター・ロボット」感想・評価‐視聴者もダマすつかみどころのないドラマ…

  4. 海外ドラマ「BULL/ブル 心を操る天才」感想・評価:天才心理学者は陪審員の心を操り裁判に勝つ事が出…

  5. 海外ドラマ「マイノリティ・リポート」感想・評価‐ガッカリな出来で打ち切られるね

  6. TVドラマ「ブラックリスト」感想・評価‐テーマは面白いがインパクト不足

  7. TVドラマ「エレメンタリー ホームズ&ワトソンinNY 第一シーズン」感想・評価‐新タイプのホームズ…

  8. 海外ドラマ「THIS IS US 36歳、これから」感想・評価:一般家庭のホームドラマが何故ヒットす…

  9. 海外ドラマ「メンタリスト シーズン6」感想・評価‐レッド・ジョンの正体が明らかになるそれは誰か

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

樹木希林さん追悼映画

最近の記事

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

特集記事:お薦め ベストテン

特集記事:ホラー特集