注目の記事 PICK UP!

映画「ゴーン・ガール」感想・評価‐奥様は残忍な魔女でした

img_0

【サマリー】

2014年に公開された、アメリカのミステリー映画で監督はデヴィッド・フィンチャー、主演はベン・アフレック(グッド・ウィル・ハンティング、アルマゲドン、アルゴ)、ロザムンド・パイクである。

原作はギリアン・フリンによる同名小説であり、彼は脚本も担当している。この映画は第87回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされるなど、評価も高くまた興行的にも大ヒットした作品である。

現実にはあり得ない魔女のような女性が描かれており、非現実的な出来事を描くことが出来るのはやはり映画ならではである。

過去にもこんな恐ろしい女性を描いた作品、シャロン・ストーン主演の「氷の微笑」、グレン・クローズ主演の「危険な情事」などがあり、ホラーより怖く大ヒットしている。

7682_003
「氷の微笑」のシャロン・ストーン

f0002014_061850
「危険な情事」のグレン・クローズ

この作品では、最初は浮気をするダメ亭主をこらしめるために自分が亭主に殺されように偽装して家出をする妻を描くだけの作品かと思った。

しかし彼女は、それだけでは飽き足らず、殺人を犯してまで自分のプライドを守ろうとエスカレートする、そして自分をダマした夫を永久に奴隷のように従わせようとする。

ダメ亭主も氷の様に冷たい妻の本性を見抜き、毎日家に帰るのが恐怖となり、浮気に走る。

表向きは理想のカップルの様に見せ、家庭内では夫との冷戦に明け暮れる妻・・・・・観ていて恐ろしい映画である。

特にロザムンド・パイクが演じるサイコ女の演技が実に凄い・・・・・・無機質な目の表情、きれいな仮面をかぶったまさに魔女である、是非映画を観てほしい。

気に入ったら押してね。

TOP

お知らせ:新しい映画ブログ辰々のお薦め映画とベストテン始めました。見に来てね。

20150123110852223

【ストーリー】

ストーリーを少し紹介すると、ニック・ダン(ベン・アフレック)は5回目の結婚記念日に妻のエイミー(ロザムンド・パイク)が突然いなくなってしまったことに気付く。

ニックは妻を探し回るが見つからない、警察に通報しまたマスコミにも妻の捜索を訴える。ところが警察はニックの家の家宅捜索をしたところ不可解な証拠が出てくる。

家庭内で夫が暴力を振るったような痕跡、キッチンの血痕、そして床の大量の血液(妻の物と思われる)を拭った跡・・・・・・ロンダ刑事(キム・ディケンズ)はニックを疑い始める。

7386e6b4ffc7dc1d

更にニックは身に覚えのない、多額の商品(テレビ、ゴルフ道具、ロボット犬など)をクレジットカードで購入していた。

ニックは失業中で経済的にも追いつめられていた。運が悪いことにエイミーの日記が見つかる、日記には夫に殺されるかもしれない恐怖がつづられ、護身用の拳銃まで買おうとしていた。

さらにニックは女子学生と浮気をしており、彼女はマスコミにその真実を公表する。マスコミはニックを袋叩きにする。

Gone_Girl-Lisa_Banes-Emily_Ratajkowski-006

彼の唯一の支えは双子の妹マーゴ(キャリー・クーン)だけであり、解決策を相談し敏腕弁護士のタナー(タイラー・ペリー)を雇う。

タナー弁護士の案で、ニックはマスコミに対し自分は情けないダメ男である事を自己批判し、妻に一日も早く帰ってきて欲しいと訴える。

この戦略は成功しマスコミからの同情を得たが、警察についに逮捕されてしまう。果たしてニックは妻を殺したのか、それとも妻が仕組んだワナなのか映画を観て頂きたい。

【ネタバレ】

<これから先ネタバレするから映画を観てから読んでね>

ByqPvKvCUAAF3N4

エイミーは夫に殺されたように偽装し(自分の血液を床にまき散らしたり、夫のクレジットカードをこっそり使ったり、妻の保険金を増額したり、嘘の日記を書いたり・・・・)、実はモーテルの部屋に隠れていた。

そして、夫が殺人罪で死刑になるまでじっと待つ予定であった。ところがモーテルの隣の住人から、数千ドルの逃走資金を取られてしまう。

困ったエイミーは元彼のデジー(ニール・パトリック・ハリス)に電話し、かくまってくれるよう頼んだ、彼は金持ちの息子だが、過去彼女を自分の思い通りにしたがるようなストーカー男であった。

彼女はここでも偽装工作をする、デジーとの行為中に彼の喉をカッターで切る、そして彼に誘拐されレイプされたが逃げ出してきたと、血だらけで自宅に戻る。

92520e69

エイミーはニックにデジーの殺害と、ニックに対しての復讐を打ち明ける、そして決してあなたとは別れないと。

彼女は精子バンクに保管していたニックの精子で妊娠する、これを聞いた彼は逆上するが子供のためを考え自分を抑える。

【レビュー】

彼はエイミーから離れられないことを悟り、彼女と今後も暮してゆく決心をする。(エイミーの勝ちである)

エイミーの病的とも言える高い自尊心・所有欲(もうこれは病気でしょう)、そして今度は自分(ニック)が何時殺されるのか分らない恐怖・・・・・・。(でも外からは幸せな家庭に見えてしまう)

もうこれは「ホラー」映画でしょう・・・・・。

なんともやり切れない結末である、結局バカをみたのはニックだが、国中に知れ渡った自分の知名度を利用して
事業を行ってゆくのか・・・・・・そして魔女の様なエイミーが死ぬまで気を抜けない恐ろしい人生が待っている。

実際にはあり得ない物語だが、観ていてゾッとするね、やはり女性には日ごろ優しくしておかないといけないね。

ところであなたの結婚生活は、まさかこんなんじゃないよね・・・・・・おーこわ。

辰々

 

気に入ったら押してね。

TOP

ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]

ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray] [Blu-ray]

ベン・アフレック
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2015-04-03

 

氷の微笑 [Blu-ray]

マイケル・ダグラス
ジェネオン・ユニバーサル
2013-11-27

氷の微笑 [Blu-ray] [Blu-ray]

 

 

危険な情事 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]危険な情事 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD] [DVD]

マイケル・ダグラス
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
2006-11-02

危険な情事 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD] [DVD]

関連記事

  1. 映画「ボーダーライン」感想・評価‐リアル過ぎてドラマであることを忘れてしまう

  2. 映画「グッドナイト・マミー」感想・評価:目の前に現れた顔に包帯を巻いた女はいったい誰なのか

  3. 映画「インフェルノ」感想・評価‐殺人ウイルスはどこに隠されているのか

  4. 映画「殺人の追憶」感想・評価:ポン・ジュノ監督の才能が凄い

  5. 映画「誘拐の掟」感想・評価‐ハードボイルドタッチの私立探偵ドラマの秀作だ

  6. 映画「追憶の森」感想・評価‐大コケ原因は森の中の単調で退屈な二人芝居

  7. 映画「ブラック・ハッカー」感想‐トリックにこり過ぎて今一良く分からない映画だ

  8. 映画「リピーテッド」感想・評価‐朝起きると見知らぬ男がいたその男の正体とは

  9. 映画「イコライザー2」感想・評価:マッコールの敵は4人のイコライザーだ勝ち目はあるのか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

樹木希林さん追悼映画

グロイお薦め映画

最近の記事

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

特集記事:お薦め ベストテン

特集記事:ホラー特集