サスペンス

映画「捜査官X」感想・評価‐金城武ファンはもちろんそうでない人も必見

サマリー


ところで、映画のストーリーだが、抜群に面白い。始まりは、中国雲南省の小さな村で不可解な事件が起こった。両替商に押し入った強盗二人が謎の死を遂げる。

『捜査官X』予告編

捜査に来た捜査官シュウ・バイジュウ(金城武)は平凡な紙職人リュウ・ジンシー(ドニー・イェン)が何故偶然にも二人を倒すことが出来たのか。

リュウの話では、強盗が襲ってきたので、無我夢中で取っ組み合った時一人が打ち所が悪く、死んでしまった。もう一人は家の横の川に逃げた時、水中で殺されそうになったが、突然相手が溺死したとのことである。

シュウは人の言うことを信用しない、昔情けをかけた容疑者から毒を盛られ死にかけた。毒は体に残り、今でも自分を苦しめる。

捜査官シュウ・バイジュウ(金城武)

シュウは天才的な分析力を発揮し、現場の証拠集めを実施する。現場の痕跡から、強盗とリュウの動きを頭の中で再現する。(このシーンが綿密に描かれるが、まるでシャーロック・ホームズのようで面白い。)

彼は、リュウに疑いの目を向ける。「いったい、奴は何者か」・・・。リュウを観察すると、彼の体からは「気」がオーラのように出ている。ハエさえも寄せ付けない。

平凡な紙職人リュウ・ジンシー(ドニー・イェン)

「こいつの化けの皮を剥いでやる」シュウは橋からリュウを突き落す。しかしリュウは川の上に突き出た小枝に助けられ、川への転落をまぬがれた。

このワザは「軽功(自分の体を空気のように軽くするワザ)」なのかもしれない。しかし確信がない。

シュウは思い余って、リュウの背後からカマで肩を切りつける。ただ物でなければ避けるはずである。ところがリュウは避けずに大ケガを負う。

俺の思い過ごしかとシュウは考えたが、リュウのキズの治りがはやいのを不審に感じた。あれは受け身なのかもしれない。シュウはリュウに付きまとう。リュウは大昔人殺しをし、罪を償ったことを打ち明けた。しかし、シュウの疑念は解けない。

シュウは新情報を求め、町に戻る。薄暗い山道を一人下るシュウは背筋に冷たいものを感じる。「やつに殺されるのではないか」もし、やつが殺し屋であれば自分など殺すのはたやすいことだ。

転げ落ちるように急ぎ山を下るシュウ。何故リュウはシュウを殺さなかったのか。リュウは付きまとうシュウに、心の底で通じ合えるものを感じたのか。これが後に吉と出る。

レビュー

後半は前半のサスペンスからアクション主体となる。がらりと変わる展開が実に面白く、手に汗を握る。まさにカンフー爆弾が炸裂する。

リュウとはいったい何者か、善人なのか殺し屋なのか、はたまた世紀の大悪党なのか観てのお楽しみ。

金城武さんの演技が実にすばらしい。新境地を開拓したように思う。早く、また映画でお会いしたいな・・・。

TATSUTATSU

 

 

捜査官X [DVD]

 

ドニー・イェン
Happinet(SB)(D)
2012-11-02

老犬ラブラドール ファミリーマートに行く(美味しいものあげるよ)前のページ

カギ猫シロちゃん赤ちゃんがえり(甘えてばかりだと大人になれないよ)次のページ

関連記事

  1. サスペンス

    映画「レッド・ドラゴン」感想・評価‐怪優エドワード・ノートンが凄くカッコイイ

    【サマリー】2003年日本公開のアメリカ映画、監督はブレット・ラトナー…

  2. サスペンス

    映画「ザ・コンサルタント」感想・評価‐伏線が結末の感動を呼ぶ殺し屋映画だ

    サマリー2017年日本公開のアメリカ アクションサ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

最近の記事

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. サスペンス

    「オリエント急行殺人事件」映画の感想と評価:殺人犯は誰なのか或いは複数犯か詳細に…
  2. ヒューマンドラマ

    映画「最後のマイ・ウェイ」感想・評価:マイ・ウェイの作曲者クロード・フランソワの…
  3. ホラー

    映画「透明人間(2020)」感想・評価:怪人映画ではなく女性が主役のサイコ・サス…
  4. ラブラドール

    長寿ラブラドール花の匂いを嗅ぐ(秋は花が多くてうれしいね)
  5. SF

    映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」感想・評価‐ノンストップのホラーアクション…
PAGE TOP