SF

映画「ゼロ・グラビティ」感想・評価:素晴らしい映像だけどストーリーは荒唐無稽

サマリー


2013年公開のアルフォンソ・キュアロン監督の映画です。当時、テレビでガンガン宣伝をやってたし、主たる批評家も大絶賛、ちょっと胡散臭かったが、カミさんを誘って急ぎ3Dで見に行った。

映画『ゼロ・グラビティ』予告5【HD】 2013年12月13日公開

 

スペースシャトルやデブリ(宇宙ゴミ)が目の前をヒューヒュー通る様はさすがに迫力があった。

我々が宇宙遊泳したら、きっとこんな景色が見えるだろうな。スペースシャトルに乗ったら高くつくが、安上がりで見れた点は高く評価する。

ところがだ、物語は90分で終わってしまう。まるで流しそうめんを一口二口食べたところで、はい終わりですと言われたように、あまりにもあっさりした映画だった。

ストーリー

ストーリーを紹介すると、ライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)とマット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)はハッブル宇宙望遠鏡の修理のため船外活動をしていた。

ロシアが自国の衛星を破壊したことから、多量のデブリが高速で接近してきた。このデブリを避けることが出来ず、スペースシャトルに衝突する。

宇宙に飛ばされたライアンをマットが救い、ISS(国際宇宙ステーション)に向かう。ISSも大きな被害を受けているが、ライアンはこれに必死に取りついた。

しかしマットの船外ユニットはガス欠で、取りつくことが出来ずに深い宇宙空間に遠ざかって行く。

ライアンはISSに接続されたソユーズ宇宙船を使って中国の宇宙ステーション天空に向かう。

天空に到着し、宇宙船神舟に何とか乗り込む。神舟を使い無事地球にもどれるのか観てのお楽しみである。

レビュー

宇宙業界はこの映画について、色々とコメントしている。例えば、宇宙船の乗継が出来るほど宇宙は狭くありませんとか。

宇宙船を使って宇宙ステーション(ISS)に行くのはエネルギー不足。地球から、別の宇宙船を打ち上げ直すのが常識であるとか。

スペースシャトルの飛行姿勢が間違っているとか。宇宙服の下には冷却下着が必要とか、おむつも必要とか。あんな下着はありえないとか。

きりがないが、ここは映画と割り切るしかない。ドキュメンタリー映画ではないのだから・・・・・・。サンドラの演技は一人で大変だったろーなーと思う。でも、彼女の魅力の片りんは感じとれたように思う。

原題の「グラビティー」重力とは、人間は宇宙に行っても、重力のある地球でしか生きられないのか。

邦題の「ゼロ・グラビティー」無重力とは、宇宙空間のことか、カタカナだったから違和感は感じなかったが、全く別の意味の題名とは・・・・。

この作品がアカデミー賞を七部門取るとは思わなかった。少し評価が甘いのではないか。しかも大ヒット、製作費約100億円であるが、興行収入は世界で700億円以上を稼いでいる。

映画とは良く分からない、ヒットすると思われた作品が売れずに、逆になにこれと思われたものがヒットする。暫くして売れる作品もあれば、地味だがロングランで稼ぐ作品もある。

今回一番おいしい思いをしたのは、ジョージ・クルーニーではないかと思う。ほんのちょっとの出演で、これだけヒットし、しかもガッポリ稼いだのではないか。うらやましいかぎりである。

TATSUTATSU

関連記事

  1. SF

    映画「惑星ソラリス」感想・評価:ロシアの巨匠タルコフスキーの最高傑作だ

    サマリーこの作品は1972年にロシアの巨匠アン…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

最近の記事

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. SF

    映画「リミットレス」感想・評価‐脳が100%覚醒したら大統領にもなれるよ
  2. SF

    映画「アイ・フランケンシュタイン」感想・評価‐新ヒーローのシリーズ化もコケたかな…
  3. サスペンス

    映画「白鯨との闘い」感想・評価‐巨大マッコウクジラとの死闘を描いた秀作
  4. サスペンス

    「アトミック・ブロンド」映画の感想と解説-東西冷戦陣営を手玉に取る女スパイの物語…
  5. コメディ

    映画「ルイスと不思議の時計」感想・評価:ハリー・ポッターの原点になった魔法使いド…
PAGE TOP