コメディ

映画「大統領の料理人」感想・評価‐実在のフランス大統領専属女性料理人の物語だ

サマリー


映画『大統領の料理人』予告編

 

2012年製作のフランスコメディ映画、監督はクリスチャン・ヴァンサン、主演はカトリーヌ・フロである。

フランス大統領官邸(エリゼ宮殿)史上初の女性料理人ダニエル・デルプシュをモデルにして映画は作成されている。

料理映画を観るのは実に楽しい、美味しい料理がいっぱい出て来るし、料理を悪戦苦闘しながら作る過程を見るのも面白い。

官邸というと色々な決まり事があって堅苦しい世界だ、彼女はこれらを持前の行動力によって打ち破る・・・・しかし、そんな彼女への風当たりはどんどん強くなる、そして彼女を追いつめる。

彼女は、ただ単に素材を生かしたシンプルな家庭料理、つまりおふくろの味を追求していたに過ぎないのに。

 

ミッテラン大統領が夜にこっそり厨房を訪れ、トリュフを食べたいと言う・・・・・彼女はパンの上にペーストを塗りそこにスライスしたトリュフを乗せるだけのシンプルな料理をワインと一緒に出す・・・・・大統領は美味しそうに食べる。

美味しい料理が作れる人はそれだけで尊敬されるし、誰からも愛される。彼女は南極基地で一年間、料理人を務めるが全員が彼女の虜になる。

お薦め映画です、この映画を観たらお腹がグウッと鳴るので、注意して下さいね。

ストーリー

ストーリーを少し紹介すると、フランスの田舎でレストランを営んでいたオルタンス・ラボリ(カトリーヌ・フロ)は突然ジョエル・ロブションから推薦されて大統領の料理人になる。

大抜擢であるが大変な仕事である、大統領の好みを聞いても誰も答えない、料理のレシピは事前に提出すること、人数は当日にならないと分らない、料理は二時間以内に作ること・・・・・・などなど気が休まる時が無い。

ミッテラン大統領(ジャン・ドルメッソン)は手の込んだフランス料理よりも素材を生かしたシンプルな味、つまり家庭的なおふくろの味を望んでいた。

彼女は、執事のダヴィッド(イポリット・ジラルド)、助手のパティシエ ニコラ(アルチュール・デュポン)の協力を得て料理を作り始める。しばらくして大統領からお褒めの言葉を頂き、彼女の料理がお気に召したことが分かる、そして彼女もやりがいを感じる。

彼女は官邸のルールを破り、良い素材を求めて野菜、肉、魚介類を自分で買い出しに行く・・・・・しかし官邸の経理責任者から交通費がかかることや素材が高いことが指摘される、さらに大統領の栄養士からカロリーや脂を制限するよう注文がはいる。

また、エリゼ宮殿の総料理長などから反目を受ける・・・・・オルタンスは心身ともに疲れ果て二年後に大統領宛に辞表を出し、料理人の仕事を辞めてしまう。

彼女はその後南極フランス基地の料理人を一年間引き受ける、彼女の評判は抜群で基地全員の心を掴むが惜しまれて帰国する。

彼女の夢は、ニュージーランドにトリュフの畑を作り、毎朝犬と一緒に散歩しながらトリュフを見つける生活がしたいとのことであった。

レビュー

この映画のコピーは「人生の隠し味」、「美味しい記憶を引き出してみせる」である。たまにはフランス料理のような手の込んだ料理もいいが、この映画のように素材を生かした料理が一番であり、こんな料理であれば毎日食べても飽きがこないと思う。

僕は料理が出来ないので情けないが、仕事を引退したら料理を習ってみたいと思っている、果たしていつのことになるやら・・・・。

ところで僕はトリュフを食べたことが無い、本当に美味しい食材かな、是非死ぬまでに食べてみたいね。

辰々

 

映画「月下の恋」感想・評価‐ドキッとするほど怖い正統派幽霊映画だ前のページ

カギ猫シロちゃん春もお昼寝だ(僕も眠くなってくるね)次のページ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. ヒューマンドラマ

    メキシコ湾原油流出事故を描く:映画「バーニング・オーシャン」感想・評価
  2. カギ猫シロちゃんブログを書く(やっぱりそうだと思った)
  3. ベストテン

    ちびりそうな最強ホラー映画ベスト25‐映画を見る前に必ずトイレは済ましておこう
  4. ラブラドール

    老犬ラブラドール寒い朝の散歩(ネネちゃんの毛皮は暖かそうだね)
  5. サスペンス

    映画「トゥームレイダー ファースト・ミッション」感想・評価:日本の神話「卑弥呼(…
PAGE TOP