注目の記事 PICK UP!

映画「ボーダーライン」感想・評価‐リアル過ぎてドラマであることを忘れてしまう


サマリー

sicario_movie

2016年日本公開のアメリカ アクションサスペンス映画
監督 ドゥニ・ヴィルヌーグ(灼熱の魂、複製された男、プリズナーズ、ブレードランナー2049、メッセージ
出演者 ●エミリー・ブラント(プラダを着た悪魔、オール・ユー・ニード・イズ・キルボーダーライン
●ベニチオ・デル・トロ(トラフィック、21グラム、チェ)
●ジョッシュ・ブローリン(ミミック、ノーカントリー、エベレスト3D

映画『ボーダーライン』予告編
アメリカとメキシコの国境で巻き起こる麻薬戦争の闇を、『灼熱の魂』『プリズナーズ』などのドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が衝撃的かつリアルに描いたアクション。メキシコ麻薬カルテルを撲滅すべく召集された女性FBI捜査官が、暴力や死と日常が隣り合わせの現実を目の当たりにする姿を映す。主演は、『イントゥ・ザ・ウッズ』などのエミリー・ブラント。ほかにベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリンらが出演。ヴィルヌーヴ監督による臨場感たっぷりの演出と、名優たちの緊迫した演技に注目。

映画『ボーダーライン』予告編

原題の「Sicario」とはスペイン語で「殺し屋」と言う意味だ。

まさに「殺し屋」同士がぶつかり合う生々しいドキュメンタリーのようなドラマだ。

2015_1208-photo26

悪を使って巨悪を倒す・・・善悪の境界線はどこにあるんだろうか?

善・悪は完全には割り切れない、警察官であっても敵に内通する。悪人であってもアメリカ国防省や・FBIと手を組む・・・現実はほとんどが灰色かもしれない。

S_D05_01387.NEF

主人公のケイト(エミリー・ブラント)は善を貫こうとするがきれいごとだけでは犯罪は無くならないことを思い知らされる。

先の読めない巧みなプロットとテンポのいい進行、激しい銃撃戦とリアルな現場・・・アメリカと麻薬カルテル(メキシコ)との闘いが描かれている。

けっこう残酷な映画だ、バイオレンス・アクション系が好きな人にはお薦めだ。

border-line1-e1457286433495

FBI捜査官のケイト(エミリー・ブラント)は国防総省のマット(ジョッシュ・ブローリン)率いるチームに加わる。

アリゾナ州チャンドラー誘拐殺人事件の主犯と思われるマニュエル・ディアスを捕まえることが当面の目的だ。

sicario-emily-blunt-josh-brolin

マットのチームにコロンビア人らしい不気味な男アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)が同行する。彼は何が目的なのか語らない。

マット達はマニュエル・ディアスの弟ギレルモを受け取りにメキシコの無法地帯シウダー・フアレス市の刑務所に向かう。

1c4a4fc63a9693686905f9444b24248c

ギレルモを受け取ったマット達はメキシコの国境付近で車の渋滞に巻き込まれ身動きがとれない。そこにディアスの部下たちが迫ってくる。それを察知した特殊部隊は、彼らを皆殺しにする。

その光景を目の当たりにしたケイトはこんな超法規的な活動が許されるのかと愕然とする。

cholu_0uyaafvje

アレハンドロはアメリカに連れてこられたギレルモを水攻めで拷問し、マニュエル・ディアスの居場所を聞き出す。

S_D035_09247.NEF

ここでマットとアレハンドロの真の目的が明らかにされる。その目的とは一体何か、そしてアレハンドロの正体は・・・。

ネタバレとレビュー

マットとアレハンドロの真の狙いは、マニュエル・ディアスではなく彼を操っている麻薬王ファウスト・アラルコンの殺害である。ケイトはこのことを知って驚く。

彼らはケイトをおとりにして汚職警官を捕まえ、そいつから仲間の汚職警官たちの情報を聞き出す。

S_D045_11529.NEF

さらにマットのチームは衛星写真からメキシコ・アメリカ国境沿いの麻薬の密輸トンネルを割り出す。

そしてそのトンネルに特殊部隊を送り込み、ディアスに大打撃を与えることを画策・実行する。

トンネル内での銃撃戦でのさ中、アレハンドロは単独行動を取る。

96958a88889de2e2e3e7e6ebe5e2e0e5e2e6e0e2e3e4e2e2e2e2e2e2-dsxzzo0015506027042016000000-pb1-3

麻薬の積み下ろしをしているディアスの手下、シルヴィオ(メキシコの汚職警察官)を確保したアレハンドロはディアスの後を追えと拳銃を突きつける。

そこにケイトが現われ、アレハンドロに銃を向け行き過ぎた行動を止めようとする。ところが彼に防弾ベストを撃たれ彼女は倒れる。

160424_img_03

アレハンドロはシルヴィオに運転させ、暗闇に消えてゆく。

彼らはディアスの車に追いつき彼を拘束する。そしてアレハンドロは銃をディアスに突き付け、標的の麻薬王ファウスト・アラルコンの邸宅に誘導させる。

sicario2s

彼はアラルコンの邸宅でディアスを殺害、屋敷の護衛たちも打ち殺し、食事中のアラルコンと家族の前に現れる。

アレハンドロはコロンビア政府の元検事であり、妻子をアラルコンに惨殺されていた。

アレハンドロはアラルコンとその家族を打ち殺し、かたきを取る。

csumly9ueaasibq

ある日アレハンドロはケイトの部屋に現れ、彼女に銃を突きつけて書類にサインしろと迫る。

彼女は「今までの捜査はFBI監視の元、合法的に行われた」と書かれている書類にサインせざるを得なかった。

マットの作戦は上層部の承認を得て、アレハンドロを使ってメキシコ麻薬カルテルを壊滅させることであった。

img_5_m

そしてアメリカ国内はコロンビアの麻薬カルテルに昔通り、支配させるように仕組んでいた。

麻薬カルテルをアメリカ国内から排除することが出来ないなら、メキシコ麻薬カルテルよりコントロールし易い、コロンビアを選んだわけだ。

maxresdefault

まさに、悪を使って悪を倒す作戦だ・・・しかしメキシコ麻薬カルテルがコロンビアのカルテルに置き換わるだけで根本的な解決には至っていない。

それほど麻薬戦争はいつまでたっても無くならない根深い問題なのか・・・。

S_D043_10749.NEF

超法規的な捜査が行われてしまうところなんてアメリカらしいね・・・どうなんだろう、実際にこんなことが闇で行われているのかな?。

エミリー・ブラント、ベニチオ・デル・トロ、ジョッシュ・ブローリンの3人ともいい味出してるね、結末がややすっきりしすぎているが、まあまあな作品に仕上がっているのは監督の手腕かな。

TATSUTATSU

 

関連記事

  1. 映画「ダンケルク」感想・評価‐ノーラン監督は徹底したリアリスト

  2. 映画「ガール・オン・ザ・トレイン」感想・評価‐理想夫婦の裏の顔は仮面夫婦

  3. 映画「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」感想・評価‐2段階どんでん返しとは

  4. 映画「ジャック・リーチャー」感想・評価‐二人の女性にほんろうされるトムが微笑ましい

  5. 映画「追憶の森」感想・評価‐大コケ原因は森の中の単調で退屈な二人芝居

  6. 映画「インフェルノ」感想・評価‐謎解きよりトムと昔の彼女との恋愛映画だね

  7. 映画「スパイダーマン:ホームカミング」感想・評価‐彼の学園コメディドラマだ

  8. 映画「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」感想・評価‐93才ボケ老人ホームズ現る

  9. 映画「ジェイソン・ボーン」感想・評価‐こんなに目が疲れる映画は久しぶり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事:エイリアン:コヴェナントを見る前に

最近の記事

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

特集記事:新海監督作品集

特集記事:サイボーグ009の世界観

PAGE TOP