注目の記事 PICK UP!

  • SF

映画「パシフィック・リム:アップライジング」感想・評価:世界を襲う超巨大合体怪獣にイェーガーたちは果たして勝てるのか?

サマリー


2018年日本公開のアメリカ製作 超巨大怪獣対超巨大ロボット激突SF映画
監督・脚本 スティーヴン・S・デナイト(デアデビル、スパルタカス、パシフィック・リム:アップライジング
製作 ギレルモ・デル・トロ(ミミックブレイド2、ヘルボーイ、パンズ・ラビリンス、パシフィック・リム、クリムゾン・ピークシェイプ・オブ・ウォーター
出演 ●ジョン・ボイエガ(スター・ウォーズ/フォースの覚醒スター・ウォーズ/最後のジェダイデトロイトパシフィック・リム:アップライジング
●スコット・イーストウッド(インビクタス/負けざる者たちフューリースノーデンパシフィック・リム:アップライジング
●チャーリー・デイ(モンスター上司、パシフィック・リム:アップライジング
●カラン・ブラル(パシフィック・リム:アップライジング
●菊池凜子(バベル、ノルウェイの森、パシフィック・リム、パシフィック・リム:アップライジング
●ジン・ティエン(グレートウォールキングコング:髑髏島の巨神パシフィック・リム:アップライジング
●新田真剣佑(ちはやふる、パシフィック・リム:アップライジング
●マックス・チャン(グランド・マスター、イップ・マン継承、パシフィック・リム:アップライジング

『パシフィック・リム:アップライジング』日本版本予告

『パシフィック・リム:アップライジング』日本版本予告

 

この映画を一言で言ったら、ゴジラ・エヴァンゲリオン・ガンダム・トランスフォーマーをごちゃまぜにしたような感じだ。当然 超巨大怪獣オタク・超巨大ロボットオタクは必ず見なければいけない・・・マニアやオタクのバイブルとなる映画だ。

しかし、カップルで見に行く場合には「怪獣とか超巨大ロボットは好き?」と相手に聞いた方がいい、興味がなければ「なに、これ!」となる可能性もある。

「パシフィック・リム:アップライジング」とは「環太平洋地域:反乱」と言う意味になる。前作の「パシフィック・リム」はギレルモ・デル・トロ監督で2013年に公開され大ヒットを飛ばしている。今回はその続編で10年後の世界を描いている。

映画の結末を見ると第三弾に続きそうな感じだ。僕の予想では次回は合体ロボットが出て来るかもしれない。そして今回の最終決戦の舞台は東京と富士山だ。富士山にKAIJU(怪獣)が向かう姿はまるでゴジラのようだ。

3体の超巨大KAIJU(怪獣)に4体のイェーガー(人型巨大兵器)が立ちふさがる場面は涙が出そうになる。東京のビル群はなぎ倒され破壊されるがこれがすこぶる迫力があって「もっとやって」と言う感じだ。VFX(視覚効果)がここまで進化していることと日本人のアーティストが多数参加しているのもウリだ。

スティーヴン・S・デナイト監督は日本の「ウルトラマン」「マグマ大使」「ゴジラ」が大好きだそうだ。だからこれらへのオマージュがふんだんに出て来る。さらにお台場の実物大ユニコーンガンダムがちらりと映る、必見だ。日本アニメのテイストを感じさせる映像は堪えられない。

話のスジを紹介すると、環太平洋を襲ったKAIJUを撃破し、海底の裂け目を塞いだPPDC(環太平洋防衛軍)はいつ現われるか分からない脅威に備えていた。それから10年の歳月が経つ。亡くなったスタッカー司令官(イドリス・エルバ)の息子ジェイク(ジョン・ボイエガ)は優れたパイロットの腕を持ちながら堕落した生活を送っていた。

彼はイェーガーの残骸をあさり高価な部品を見つけては売りさばいていた。彼はここで少女アマーラ(ケイリー・スピーニー)と遭遇する。彼女は部品を集め小型のイェーガーを組み立てこれを動かしていた・・・これは違法である。アマーラは家族をKAIJUに殺され仇を撃とうとしていたのか。

このことがバレ、二人は捕まってしまう。PPDC施設に送られた二人はここでジェイクの義理の姉 森マコ(菊池凜子)と再会する。姉はPPDCの高官になっており、ジェイクにイェーガー乗組員の教官をするよう言いつける。そしてアマーラは生徒の一人だ。

PPDCでは無人で運転できるドローン・イェーガーの開発が行われており、それを中国系のシャオ産業に委託していた。このロボットの導入を検討する評議会がシドニーで行われていたが、国籍不明の黒いイェーガーが突如現れ会場を襲う。この黒いイェーガーをオブシディアン・フューリーと名付ける。

会場を警備していたイェーガー ジプシー・アベンジャーに乗り込んだジェイクとネイサン(スコット・イーストウッド)はオブシディアン・フューリーを撃退する。しかしオブシディアン・フューリーがジプシー・アベンジャーと同等の力を持っているのに唖然とする・・・巨大ロボットは海の中に消えてゆく。

PPDCはオブシディアン・フューリーが作られたと思われる基地を捜索し、現れたオブシディアン・フューリーをやっとの思いで破壊する。この邪悪なロボットの操縦席には肉の塊のようなものが存在し、これが操っていたのか、さらにこのロボットは人間の手で作られている・・・地球上に異種族「プリカーサー」の手下がいるのか?

多くのドローン・イェーガーの実戦配備が行われるが、このロボットは何者かにハッキングされコントロールがきかない。さらにこのロボットたちは海底に隙間を開けようとする。

シャオ産業のリーウェン社長(ジン・ティエン)は寸でのところでドローン・イェーガーの動きを止めるが、海底の裂け目から3体の超大型KAIJU(シュライクソーン、ハクジャ、ライジン)が現われる。そしてドローン・イェーガーによって多くのイェーガーが破壊され残されたのは4体だけだった。

KAIJU達は日本に向かって侵攻してゆく、富士山が目標らしい・・・・何故なのか?果たしてそれを4体(左からセイバー・アテナ、ブレーサー・フェニックス、ジプシー・アベンジャー、ガーディアン・ブラーボ)のイェーガーで阻止できるのか・・・。

その後のストーリーとネタバレ

3体のKAIJU達は東京に上陸する。イェーガーをヘリコプターで輸送していては間に合わない。ハーマン博士(バーン・ゴーマン)は長年研究してきたイェーガーにロケットを接続し飛び立たせる方法を使う。実戦では初の試みだ。

4体のイェーガーにロケットを背負わして飛ばす。この計画はうまく運びイェーガー達は東京に着陸する。そしてKAIJU達と対峙、戦いが始まる。

東京のビル群がなぎ倒される激しいバトルが展開され、イェーガーは何体か大きなダメージを受けたがKAIJU達の進軍を阻止できた。ところが多くのミニロボットが何処からともなく現れ、3体のKAIJU達を一つに合体させてしまう。

もうジプシー・アベンジャーでさえも超巨大合体KAIJUを止めることは出来ない。その時リーウェン社長が乗った輸送ヘリコプターが現われ、ここからロケットを抱えた小型のイェーガーが飛び出す。

ロケットをジプシー・アベンジャーの手に溶接し、このロケットを使って大気圏外に飛ばす。そして乗組員を救出した小型のイェーガーは安全な場所へと飛び降りる。

ジプシー・アベンジャーは大空から弾丸のように超巨大合体KAIJUに向けて落下し、その体を貫く。間一髪、KAIJUを撃破した。富士山に多量に含まれるレアアースとKAIJUの血液が反応すれば、火山活動が全世界に及び、さらに有毒ガスが発生することが予想された。

これらを画策していたのはシャオ産業のニュートン博士(チャーリー・デイ)であった。彼の脳は異種族「プリカーサー」によって操られていた。

ジェイクはニュートン博士を逮捕するとともに、彼と彼を操っている「プリカーサー」に向け、今度は我々がそちらに行って戦うつもりだと叫ぶ。

レビュー

大昔、最初にガンダム(アニメ)を見たときその質感とリアルさにくぎ付けになった記憶がある。この頃からロボットのことを「モビルスーツ」と呼ぶことが定着した。

巨大ロボット映画はリアルさが命だ。現実には有り得ないロボットをどこかの国が膨大な予算を使って実際に作ってしまう・・・こんな幻想を抱かしてくれる映像が必要だと思う。

そうでないと映画の中でアニメが動いているようになってしまう。これでは質感どころかリアル感がまるでない。マイケル・ベイ監督の「トランスフォーマー」の初期の作品はリアル感があってよかったが、「トランスフォーマー/最後の騎士王」になると映画の中でアニメが動いているような感じがしないでもない。

「パシフィック・リム:アップライジング」は前作「パシフィック・リム」と比較して、ややリアル感が薄まったように感じるのは僕だけか。沢山のロボットや怪獣が出て来るのは面白いが、あまりに奇想天外のストーリーになってしまうと興ざめだ。

次回作が作られるかもしれないが、もっと質感を高めた巨大ロボットが本当に動いているような錯覚を起こす作品にしてもらいたい。乞うご期待だね。

TATSUTATSU

  • コメント: 0

関連記事

  1. 「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」感想・評価‐スーパーマンは本当に死ぬのか

  2. 映画「アサシンクリード」感想・評価:テレビゲームの実写化だ、そしてエデンの果実とは何なのか?

  3. 映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」感想・評価‐ノンストップのホラーアクションに回帰だ

  4. 映画「シェイプ・オブ・ウォーター」感想・評価:人間と半魚人の究極の愛は許されるのか

  5. 映画「ダークタワー」感想・評価:スティーヴン・キングの名作が平凡な映画になってしまった

  6. 「ブレードランナー」映画の感想と徹底解説:デッカードはレプリカントなのか?

  7. 映画「メッセージ」感想・評価‐宇宙人が地球に来た目的とは何なのか?

  8. 映画「ドクター・ストレンジ」感想・評価‐魔法使いはハリポタでもう充分

  9. 映画「オートマタ」感想・評価‐ロボットの方が人間より人間らしいね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事:シャーロック・ホームズ特集

最近の記事

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

特集記事:お薦め ベストテン

特集記事:ホラー特集

PAGE TOP