注目の記事 PICK UP!

映画「二ツ星の料理人」感想・評価‐料理には無限の可能性を感じさせるね


サマリー

maxresdefault

2016年日本公開アメリカ料理シェフ映画
監督 ジョン・ウェルズ(カンパニー・メン、8月の家族たち
出演 ●ブラッドリー・クーパー(ハングオーバー、リミットレスアメリカン・スナイパー、世界にひとつのプレイブック、二ツ星の料理人
●シエナ・ミラー(アメリカン・スナイパー
●オマール・シー(最強のふたり、X-MEN:フューチャー&パストジュラシック・ワールド
●ダニエル・ブリュール(黄金のアデーレ名画の帰還
●アリシア・ヴィキャンデル(エクス・マキナ、リリーのすべて、ジェイソン・ボーン

6/11公開『二ツ星の料理人』予告編
角川シネマ有楽町、新宿ピカデリー、渋谷シネパレス他全国ロードショー 公式HP 

6/11公開『二ツ星の料理人』予告編

原題の「BURNT」とは焼いた、焦げた、やけどと言う意味なんだけど、ブラッドリー・クーパー扮するアダムが実に高慢でいやな奴なんだ。

彼はミシュランの二ツ星シェフとして一流の腕を持ちながら完璧主義を求め過ぎ、周りの連中と上手くやって行けない。まさに原題にあるような、彼に接触する人間は誰しも「やけど」を負ってしまう。

news_header_burnt_201606_1

彼はフランス料理業界から追放され、3年間 酒・ドラッグ・女にまみれた生活を送っていた。

ところがそんな彼が料理業界に舞い戻ってくる。舞台はロンドンの高級レストラン、昔馴染みのホテルのオーナー トニー(ダニエル・ブリュール)を説得し店を任せてもらう。

cwpxmctviaeycbx

アダムは3年間のブランク期間に、料理業界のトレンドが変化しているのにまごつくが、三ツ星レストランを目指して奮闘する。

彼は黒澤明監督の映画「七人の侍」のように腕利きの料理人たちを集める。

news_xlarge_burnt_20160328_03

抜群のスープを作る、シングルマザーのエレーヌ(シエナ・ミラー)、パリで同僚だった副料理長のミシェル(オマール・シー)、それからマックス(リッカルド・スカマルチョ)、デヴィッド(サム・キーリー)達をスカウトする。

厨房は戦争状態だ、アダムは部下に容赦しない、次から次へと指示を出すが対応しきれない彼らに腹を立て、料理の載った皿を床にブチまける。

maxresdefault

アダムのいつもの傲慢なやり方が部下たちを険悪なムードにさせ、チームワークどころではない・・・料理はそれなりの評判を呼ぶが、彼は昔と変わらない自分が嫌になる。

そんな時、ミシュランの調査員が極秘に店に来る。アダム達チームは料理に全精力を傾ける。

cqwyosdw8agr3q9

ところが調査員に出した料理が突っ返される。味を見たところ辛すぎる。

部下のミシェルがわざと唐辛子をスープに入れ、調査を妨害していたことが分かる。彼は昔アダムに独立した店を潰された苦い過去を引きずっていた・・・ミシェルはレストランから去って行く。

o0567023313673829116

アダムはすべての責任は自分にあると自暴自棄になって自分を見失ってゆく。

ネタバレとレビュー

cqwzgfzwyae2b55

アダムはやめていた大酒を飲み、自分の最大のライバル リース(マシュー・リス)のレストランで大暴れする。

リースはそんなアダムをなだめ「お前の料理は俺より上だ」と彼を諭す。

img_4_m

トニーのレストランに戻ったアダムは意外な事実を耳にする。彼らがミシュランの調査員と思っていた2人の人物は、実は一般の客であることが分かった・・・勘違いしていたのだ。

アダムは自分を見つめ直し、もう一度やり直すことを決意する。そしてエレーヌを愛していることにも気付く。

news_xlarge_burnt_201606_2

彼は昔の彼女アンヌ(アリシア・ヴィキャンデル)に断りを入れ、エレーヌと一緒に生きてゆこうと考える・・・もの凄く不安だが、彼女の優しさが自分を変えてくれるような気がした。

そんな時に本物のミシュランの調査員がレストランにやってくる。

20160614205601

アダムは動じない、淡々と料理を作る・・・今まで三ツ星を取ることに人生をかけていたが、彼はそれ以上のものを掴んだようだ。

img_0

アダムはエレーヌや部下たちとのチームワークの大切さが今更ながら分かったようだ。ロンドンの川沿いの心地よい風に当たりながら満足げなアダムがそれを物語っている。

fc2blog_20160706215345a9a

ミシュランの一ツ星シェフがどんなに凄いものか、この映画ではスター・ウォーズのルーク・スカイウォーカーに例えている、では三ツ星シェフともなると、彼の師匠のヨーダになるとは・・・よく分かる。

cjcnyo5uoaeaxaf

食事は人間の五感をフル活動する凄いことなんだ。料理の見た目、匂い、舌触り、味、冷たいか温かいか、そして皿やグラスが触れる心地よい音、ナイフやフォークの接触する音もそうだ・・・どれが欠けても美味しい料理は味わえない。

ckk0hq3ugauvhdj

それに、周りの人々の笑顔とおしゃべりも重要だ・・・これらすべてが最低限でも整ってないとミシュランの星レストランは取れないだろーね・・・もちろん接客なんかも。

この映画を観ているとよく分かる・・・でも僕なんかの貧乏人は残念ながらこんな高級レストランへは行けない。

607x455_2f9cc2ffab6c189852280612429c2207

まあ、せいぜいファミリーレストランか回転すし、お好み屋さんぐらいだね。だからこんな場面は映画を観て満足するしかない。

こんな凄いシェフが作るスイーツを食べた少女が、シェフから「味はどう」と聞かれるシーンがある。

cmvlgdpuiaicpmy

でも少女は「お母さんの次、二番目の味だね」と、さらっと言う。

やっぱり、なんてったってお母さんの手料理が一番なんだ。

cjtado2ugaaldax

くれぐれもおなかの空いている時に見ないように、お腹が鳴っても責任は取れないから。ここんとこは自己責任でお願いします。

それにしても超一流シェフの料理作りの手際の良さを見ているとほれぼれする、塩の振り方一つをとっても様になっている・・・さすがプロだ。

TATSUTATSU

たまらなく美味しそうな料理映画ベスト15!ダイエット中の方は自己責任で

海外ドラマ「リミットレス」感想・評価‐面白いのに第一シーズンで終了だ

関連記事

  1. 「スノーデン」映画の感想と解説:国民監視システムを暴いた実話

  2. 映画[ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦]感想・評価‐残酷すぎてもう二度と見たくない

  3. 映画「完全なるチェックメイト」感想・評価‐チェスの天才は気違いと紙一重なのか

  4. 映画「僕のワンダフル・ライフ」感想・ネタバレ-犬は僕らの心を豊かにしてくれる友達

  5. 映画「パトリオット・デイ」感想・評価‐ボストンマラソン爆破事件を生々しく伝える秀作

  6. 映画「沈黙‐サイレンス-」感想・評価-キリシタン弾圧を淡々と描き心に残る秀作だね

  7. 映画「レヴェナント:蘇えりし者」感想・評価‐クマに襲われ重傷を負った男の生還実話

  8. 映画「バーニング・オーシャン」感想・評価‐メキシコ湾原油流出事故は人災だった

  9. 映画「ドリーム」感想・ネタバレ-有人宇宙船計画を成功させた3人の陰の天才

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事:ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品集

最近の記事

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

特集記事:お薦め ベストテン

特集記事:サイボーグ009の世界観

PAGE TOP