注目の記事 PICK UP!

映画「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」感想・評価‐2段階どんでん返しとは


サマリー

320

2016年日本公開のアメリカ サスペンス映画
監督 ブラッド・アンダーソン(マシニスト)
原作 エドガー・アラン・ポー「タール博士とフェザー教授の療法」
出演 ケイト・ベッキンセール(月下の恋、アンダーワールド、ヴァン・ヘルシング、トータル・リコール)
ジム・スタージェス(クラウドアトラス、鑑定士と顔のない依頼人
ベン・キングズレー(ガンジー、シンドラーのリスト、エクソダス:神と王、ザ・ウォーク)
マイケル・ケイン(トゥモロー・ワールドインセプションインターステラーキングスマン

映画『アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち』予告編
▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶

映画『アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち』予告編

サイコパススリラーと言っているだけあって、見ている方も「いったい誰が気違いなのか」わからなくなってくる・・・実はほぼ全員気違いなんだけど。

僕は大どんでん返し映画だと予想して見ていた、やっぱり当たった、ところが更にドンデン返しが待っていたとはひどい映画だ・・・簡単に引っかかる僕も情けない。

071916_asylum_main

精神が空っぽの容器のような人間(誰にでもなりきれる)って本当にいるんだろうか・・・こっちの方が怖い。

あとでネタバレしちゃうけど、この映画はバレちゃうとぜんぜん面白くない、DVD見る人は気を付けてね。

stonehearst-asylum-2

ケイト・ベッキンセールの美貌にやや陰りが出てきた、彼女ももう40代半ばなんだ「月下の恋」の時のみずみずしい笑顔が懐かしい・・・ため息。

アサイラムとは精神病の保護施設「閉鎖病棟」ともいえる。

stonehearst-asylum-2014-03

舞台は19世紀、精神医学の治療法として部屋に閉じ込める「監禁療法」がいいのか、それとも患者に薬を投与してフリーにする「鎮静療法」が効果をあげられるのか、議論の的になっている。

オックスフォード大学の医学生エドワード(ジム・スタージェス)は雪深い山奥の丘に建つストーンハースト精神科病院を訪問する。彼の目的はこの病院で実習することだった。

DSC_7135.NEF

彼は病院のラム院長(ベン・キングズレー)に会い、実習の許可を取る。この病院での方針は「監禁」「拘束」ではなく、患者をフリーにすることである・・・そして音楽などによって精神をリラックスさせて病気を治療する。

エドワードはここで美しいイライザ・グレーブス夫人(ケイト・ベッキンセール)を見かける。院長の話では彼女はヒステリーによって夫の目をくりぬき、耳をかじり取ったとのことであった。

261606

イライザはエドワードに近づき、小声でここからすぐに逃げなさいと忠告する・・・彼はびっくりする。

エドワードは夜中に地下から物をたたく音が聞こえ、こっそり地下室に降りてゆくと、檻に閉じ込められている多くの人たちを見つける。

 

michaelcaine_asylum_727

そこには病院の医院長だと言う男ベンジャミン・ソルト(マイケル・ケイン)、看護師、管理人、医務部長など異常者とは思われない人々が監禁されていた。

ソルトが言うには元軍医であったラムは5人の兵士を殺している異常者らしい。

そして我々は彼らに麻酔薬を飲まされ、ここに監禁されたと・・・本当なのかとエドワードは驚愕する。

still10

そしてミッキー・フィン(デヴィッド・シューリス)と言う男から鍵を取ってきて解放しろと懇願する。しかしベンジャミンはここから出たら殺される、町に行って応援を呼べとエドワードに指示する。

しかしエドワードは町に行って応援を呼んだとしても、みんなラムに殺されてしまう。それより、ラムを説得してみせると返答する。

stonehearst-asylum-slide

彼は地下のことをこっそりとイライザに話したところ、ベンジャミン医院長こそ野蛮だと言う。彼らは私たちを監禁・拘束、裸にし性的暴行と思えるようなことをしてきたと反論する。

確かにサイラス・ラムの治療法は効果を出していた。うつ病、ダウン症、ヒステリー患者などは快方に向かっていた。

movie-stonehearst-asylum-thumb1

ある日、ラムは「電気療法」と称してベンジャミンを診察台に縛り付け脳に電気ショックを与えて、廃人同様にしてしまう。

このままでは地下の人々は殺されてしまうか廃人にされてしまう。何とか急がなければ。

エドワードはサイラス・ラムが監禁されていた独房を調べる、彼の弱みを見つける為だ。彼は独房の中で1枚の写真を見つける。

stonehearst-asylum-2-lb-1

新年を迎える時間が迫っていた、エドワードはイライザと一緒に逃げるため、酒に麻酔薬を注入する。

ところが乾杯の直前になって、そのことがフィンに見つかってしまい、エドワードは拘束されてしまう。そして台に縛り付けられ「電気療法」と称する最悪の状況になる。

stonehearst-asylum-05-1

果たしてエドワードはこのまま、全ての記憶を失ってしまうのか・・・。

ネタバレとレビュー

エドワードは台に縛り付けられていたが、ポケットから取り出した1枚の写真をラムに見せる。

その写真(ラムが頭を打ちぬいた少年兵の写真)を見たラムは兵士5人を殺害した時の記憶が鮮明によみがえり完全に正気を失ってしまう。

stonehearst_asylum

その時イライザがエドワードの拘束を解く、フィンが彼女を襲ったが高圧電流が流れる電極を彼に押し当て、彼は感電と同時に発火する・・・その火は建物に燃え移り病院全体がパニックになる。

そして、その後イライザとエドワードは新天地に向かって旅立つ。

しばらくしてイライザの夫が医師と一緒に病院を訪れるが、イライザは姿を消した後だった。同行してきた医師の名はエドワード・ニューゲート(ブレンダン・グリーソン)であった・・・ではあのエドワードはいったい誰なのか。

xstonehearst-asylum-2014-00-02-58-jpg-pagespeed-ic-stimkj85qq

偽のエドワードはニューゲート医師の患者であり、彼の名を語っていた。その男は二か月前までロンドンで精神病の治療を受けていた。

彼はオックスフォード大学の講義でイライザを一目見て彼女の虜になっていた。彼はニューゲート医師の持ち物と名前を盗んで逃げだした虚言症患者であった。

stonehearstasylum-poster-640

結局偽のエドワードの身元は分からず、彼は抜け殻のようで本当の感情はない・・・治療不能の患者だとニューゲートは言う。

でも結局それは間違いで彼はイライザを見つけたことによって、自分の精神を取り戻したようだ。

9317764_orig

暫くして彼はイタリアのサンタクリスティーナ精神科病院のラム医師として、イライザと幸せな生活をおくっていた。(サイラス・ラムの名を語って、あるいはラムに成り切ってしまっているのか?)

エドワード医師が精神病患者とは一杯食わされたね。ダブルどんでん返しだ。

1213357_stonehearst-asylum

でも精神病患者同士でうまく生活してゆけるのかな・・・。

結局、サイラス・ラムは戦争の犠牲者なんだね。彼は軍医として死にかけている負傷兵を楽にしようとピストルで殺してしまう。そして自分も自殺しようとする。

sto-e1436992345697

戦場のような地獄の中で、彼の精神はプッツリと切れてしまった。

また、同じようにイライザも横暴な夫によって精神に異常をきたしたようだ、まあ誰しも大きなショックで自分を見失うことがあるんだろう。

02-jim-sturgess-as-edward-newgate

でも、本当の医者らしく見えた偽エドワードに一杯食わされたのには悔しい・・・最初から見抜かないとどんでん返しマニアとしては失格だネ。

 

映画「ダンケルク」感想・評価‐ノーラン監督は徹底したリアリスト

泣く子も黙るハッカー映画ベストテン-サイバー戦争に勝ち残れ

感動して涙が溢れ元気が出て来る映画ベスト20‐これを見るまでは死ねない

恐ろしい管理社会映画ベスト20‐ディストピア世界には生きたくない

血も凍る日本のサイコパス映画ベストテン‐こんな人間が世の中にいると思うと眠れないね

お薦めSFパニック映画ベスト20‐将来人類は滅亡するかも知れない

みごとにはまるどんでん返し映画ベストテン!結末はないしょだよ

サイコミステリーお薦め探偵映画ベストテン

お薦め刑事映画ベストテン‐バイオレンス・アクション・グロさ満載

メッセージ」をアップした。

関連作品「CURE」も面白い。

TATSUTATSU

関連記事

  1. 映画「レッド・ライト」感想・評価‐本当に超能力者なんているんだろうか

  2. 映画「インフェルノ」感想・評価‐殺人ウイルスはどこに隠されているのか

  3. 映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」感想・評価‐銭を懸けた海賊ロマン映画だ

  4. 映画「追憶の森」感想・評価‐大コケ原因は森の中の単調で退屈な二人芝居

  5. 映画「ダンケルク」感想・評価‐クリストファー・ノーラン監督の戦争サスペンスドラマ

  6. 映画「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」感想・評価‐93才ボケ老人ホームズ現る

  7. 映画「ガール・オン・ザ・トレイン」感想・評価‐理想夫婦の裏の顔は仮面夫婦

  8. 映画「ジェイソン・ボーン」感想・評価‐こんなに目が疲れる映画は久しぶり

  9. 「アトミック・ブロンド」映画の感想と解説-東西冷戦陣営を手玉に取る女スパイの物語

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事:ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品集

最近の記事

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

特集記事:お薦め ベストテン

特集記事:サイボーグ009の世界観

PAGE TOP