注目の記事 PICK UP!

映画「ハドソン川の奇跡」感想・評価:コンピューターより人間の直観力の正しさを証明したドラマだ

サマリー

24c7ca36-l


2016年公開のアメリカ ヒューマン映画
監督 クリント・イーストウッド(硫黄島からの手紙、アメリカン・スナイパー、ハドソン川の奇跡、15時17分、パリ行き)
出演 トム・ハンクス(プライベート・ライアングリーン・マイルブリッジ・オブ・スパイ
アーロン・エッカート(アイ・フランケンシュタイン
ローラ・リニー(真実の行方、エミリー・ローズ

映画『ハドソン川の奇跡』予告編

映画『ハドソン川の奇跡』予告編

 

導入部分は記録映画かと思うほど地味な出だしで少々退屈したけど、ドラマが進んでゆくにしたがって感動がじわじわこみ上げてくる・・・そんな映画だ。

Daily News Out - New York, NY - 9/6/16 - Warner Bros. Pictures Presents In Association With Village Roadshow Pictures Presented In IMAX The New York Premiere of "SULLY" the film stars Tom Hanks and was directed by Clint Eastwood . - Pictured: Aaron Eckhart ,Chesley "Sully" Sullenberger ,Clint Eastwood and Tom Hanks -Photo by: Dave Allocca/Starpix

結末がもっとも盛り上がる、涙が出るほど心にジーンと来る。昨今のCG全盛の時代に、ほとんどCGは使わず、しかも派手な演出もしない、クリント・イーストウッド監督一流の憎い映画作りだ・・・お薦めだネ。

sly_rl05_v10.6_grdfinal_rec709legal.00435111.tiff

この手法は大ヒットした「アメリカン・スナイパー」でも発揮された。物語は誰でもみんな知っている、2009年にニューヨーク上空で起こった飛行機事故なんだ。

00

離陸したジェット旅客機がバードストライクによって両エンジンを停止させてしまう。「近くの空港に着陸しろ」との管制官の指示を、機長の独断で無視して、真冬のハドソン川にみごとに着水する。

January 15, 2009: Video stills of news coverage of US Airways Flight Number 1549 en route to Charlotte, North Carolina from LaGuardia Airport that has crashed in the Hudson River in New York City. N/C Ref.: infusny-03 IMPORTANT NOTICE: The attached image is a high-resolution video-still, supplied by Insight News & Features, Inc. (INF). INF does not own, nor does it claim to own, the copyright or any license to the image. Any fees charged by INF for the image are for the supply of the material and do not, and are not intended to, convey to the user any copyright or license rights. By accepting submission of the image, the end-user accepts the full responsibility of obtaining copyright clearance from the copyright holder prior to publication. Also, the end-user agrees to fully indemnify INF from any and all legal claims, demands or causes of action arising out of, or connected with, the user's use or publication of the image. If the end-user does not, or cannot, comply with all of the above restrictions, the image should not be used or published by that end-user.

そして乗組員・乗客合わせて155人全員の生還を果たす・・・機長は一躍「英雄」となる。事故から着水まで208秒とあっと言う間の出来事だ。この5分も無い時間内に状況判断・決断・行動をしなければならない機長の精神的重圧は想像を絶する。

a95a04f7113f823d

この208秒がこの映画の「キモ」になっている。ところが国家運輸安全委員会(NTSB)は航空機などのデーターをもとに、「本当に両エンジンが停止したのか?」「近くの空港に不時着する方がより安全ではないのか?」と機長を追及してくる。

160919_hudson1549_05-640

しかも、NTSBはコンピューターによる飛行シュミレーションを何回も繰り返し、また操縦者も代えて実施している。そこから解析されたデーター上は、近くの空港に無事着陸できることを確認している。NTSBの委員達は人間よりもコンピューターを信用してしまう。

s1-reutersmedia

サリー機長(トム・ハンクス)もあの時の自分の判断は「間違いではないのか」と自問自答する。そして頭の中で何回もあの場面をなぞる。

139108869726153

しかし、何回考えても彼の結論は変わらない。彼はあの状況下では「あの判断しかない」と確信をもっている。自分を信じられなければこのパイロットと言う仕事は出来ない。果たして彼の判断は本当に正しかったのか・・・。

ネタバレとレビュー

「英雄」であっても世間の風評によっては犯罪者になってしまう・・・恐ろしい。155名誰一人として死なせなかったサリー機長でさえも世間やマスコミの攻撃に追い詰められてゆく。

gallery013516_2

孤立無援のチェースリー・”サリー”・サイレンバーガー(トム・ハンクス)を支えるのは妻のローリー・サイレンバーガー(ローラ・リニー)と副操縦士のジェフ・スカイルズ(アーロン・エッカート)だけである。

23a856fcd13ba68fb48d0fabdaad79ee_content

NTSB委員はサリーがミスを犯したと言わんばかりに彼を突き上げる。ところがNTSB委員達も決定的なミスを犯していることをサリーは指摘する。

0674ca3e84ec0dd8fb6c7e038c68037b

コンピューターによる飛行シュミレーションには「空港管制官と通信する時間」「人間が状況を把握・判断する時間」「どの行動を取るか決断する時間」が抜けていた。

サリーの指摘通りこれらの時間を35秒と想定(あまりにも短すぎる時間ではあるが)し、飛行シュミレーションをやり直してみた。

b95eb373

その結果 旅客機がバードストライクから35秒後に別の飛行場に行くように行動すると、全てのシュミレーションで墜落となってしまう。

cov9ignvyamkiic

やっとサリー機長の判断の正しさが証明された。そして川の中に落下したエンジンを調べてみると、当初一つのエンジンは生きていたと思われていたことも間違いであることが分かった・・・両エンジンともに死んでいた。

バードストライクの直後は2基のエンジンともに死んでいたことも実証された。サリーはたかだか数十秒で状況判断し、決断を下している。彼はこの決断が出来たのは「42年間の飛行経験」のおかげだと言っている。

8c22f115b54ccbe69c1bdbbfc524619f

コンピューターの方が人間より正確でミスをしないとついつい考える。しかしコンピューターはそれを操作する人々のあくまで「補助」である。操作する人間が間違った数値を入力すれば、間違った結論しか出て来ない。

こんな出来事、つまり過度にコンピューターを信用してしまうことは現実社会にけっこうあるのではないか。そういう意味では人間の直感・経験からくる判断力の正確さ・重要さが再認識された事件だと思う。クリント・イーストウッド監督はこのことが言いたかったのかな・・・。

もの凄く地味で記録映画のようだが、この映画は見終った後から感動がよみがえる不思議な魅力をもっている。ハリウッドの派手な映画の中で「きらりと渋く輝く真珠のような作品」だ・・・こういう映画は近年まれだな。

TATSUTATSU

地味だけど心が癒される映画ベスト20-コーヒーを片手に鑑賞すれば心も体も暖かくなる

 

 

関連記事

  1. 映画「ドリーム」感想・ネタバレ-有人宇宙船計画を成功させた3人の陰の天才

  2. 映画[ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦]感想・評価‐残酷すぎてもう二度と見たくない

  3. 映画「パトリオット・デイ」感想・評価‐ボストンマラソン爆破事件を生々しく伝える秀作

  4. メキシコ湾原油流出事故を描く:映画「バーニング・オーシャン」感想・評価

  5. 映画「沈黙‐サイレンス-」感想・評価-キリシタン弾圧を淡々と描き心に残る秀作だね

  6. 「完全なるチェックメイト」感想・評価‐チェスの天才ボビー・フィッシャーは気違いと紙一重なのか

  7. 映画「レヴェナント:蘇えりし者」感想・評価‐クマに襲われ重傷を負った男の生還実話

  8. 映画「15時17分、パリ行き」感想・評価:3人の英雄がテロを未然に防止した行動とは

  9. 「スノーデン」映画の感想と解説:一般市民の監視を暴露した彼は英雄か犯罪者か

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事:ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品集

最近の記事

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

特集記事:お薦め ベストテン

特集記事:ホラー特集

PAGE TOP