注目の記事 PICK UP!

映画「死霊館 エンフィールド事件」感想・評価‐ちびりそうなくらい怖いドラマだね


サマリー

13687277_1736091003305893_195047111_n

2016年7月日本公開のアメリカ ホラー映画
監督・原案・脚本 ジェイムズ・ワン(ソウシリーズ、インシディアス、死霊館、ワイルド・スピード SKY MISSION)
出演 ●ベラ・ファーミガ(ミッション:8ミニッツ、死霊館、マイレージ、マイライフ)
●パトリック・ウィルソン(パッセンジャーズプロメテウス
●フランシス・オコナー
●マディソン・ウルフ
●サイモン・マクバーニー

映画『死霊館 エンフィールド事件』コメント付き本編映像
▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶

映画『死霊館 エンフィールド事件』コメント付き本編映像

昨日、娘と一緒に観てまいりました。

ナニが縮み上がるほど(失礼)怖い映画で、絶対に一人で見に行かないことをアドバイスしておくね。

ところがうちの娘は毎晩ホラーゲームをやってることもあって「まあ並みのホラーだね」とぬかしておりました。

fb30a445
ベラ・ファーミガ

なるほど、免疫をつけておかないとこの映画は気楽に見られないことが分かった・・・今後気を付けよう。

物語の背景は1977年イギリス・ロンドンのエンフィールド地区で起こった実話をモデルにしているんだ。

2bf67661
ジェイムズ・ワン監督

エンドロールで実際の屋敷の写真、登場人物、ポルターガイスト写真なんかが出てきて・・・こりゃ本物だと、こっちの方がもっと怖かった。

家族が住んでいた古い屋敷には悪霊が取り付いていて、革張りの一人掛けソファーにいつもいるらしい。そして悪霊になった住人はソファーで死んだようだ、ところが40年後このソファーでまた人が死ぬ・・・これは事実らしい、ゾクッと来る。

sZM10LSRBPxk19Qoq12vpUqUjO9sZvLP

ジェイムズ・ワン監督は怖さのツボをしっかり押さえている。出来るだけCGを使わないように俳優だけで怖さを演出しているところに非凡な才能を感じる。

前作の「死霊館」も大ヒットさせているんだ。ホラー現象をすべて映画に盛り込み、しかも実話を題材にしているところが観客に受けるのかな。

1442321916-3623623339_n
実際の写真

imgf51feca6k084dc
実際の写真

あらすじ

超常現象研究家のエド・ウォーレン(パトリック・ウィルソン)と妻のロレイン(ベラ・ファーミガ)は教会から依頼されてエンフィールド事件の真相を調査するためにイギリス・ロンドンに飛ぶ。

ロレインは今回の調査に乗り気ではなかった、前回の「アミティヴィル事件」の後遺症を引きずっているからだ。しかも彼女は透視能力を持っているのだが、実は夫エドが悪霊に殺される映像を見てしまう。

29789702_61105

しかし、困っている人たちを放って置くわけにはいかない。

夫妻はモリス・グロス(サイモン・マクバーニー)らの協力のもと古いアパートに住むホジソン家のもとを訪ねる。

the-conjuring-2

ホジソン家はシングルマザーのペギー(フランシス・オコナー)と4人の子供達で古い屋敷に住んでいた。

すでに次女のジャネット(マディソン・ウルフ)には72才で亡くなったビルと言う亡霊が取り付いている。

r_20000315045_1200_630

そしてホジソン一家や夫妻達は次々に起こるポルターガイスト現象に襲われる。

悪霊ビルを除霊するためには、どうすればよいのか、何故ビルはこの屋敷に留まろーとするのか・・・。

233368

ところがジャネットの口を通して出てきたビルの言葉から何者かに操られていることが分かってくる。

それは、修道女の姿をした悪魔「ヴァラク」の仕業だったのだ。

20160621141411

亡霊と違って悪魔「ヴァラク」の力は強力だ、果たしてウォーレン夫妻は悪魔に打ち勝つことが出来るのか。

7d7434abd5c8f695eb87b99eae2fad91
悪魔「ヴァラク」

そしてロレインの透視に出てきた胸を突き刺されて死んでしまうエドの映像は現実のものになってしまうのか・・・。

228826

レビュー

エンフィールド事件のポルターガイスト現象は2年2か月にも及んでいる。そしてピタッと止んだらしい。

一説には、次女ジャネットの自作自演であるもと言われている。

pic-500x336

しかし、目の前でイスや家具が動いたり、誰かがいるような音が出たり、ものが飛び散ったりとこれらの現象に遭遇した人々も少なくはない。

英国心霊調査協会のモリス・グロスらの調査によると彼らが経験し記録した怪現象だけでも1500回を超えるらしい。

conjuring-2-premiere

実際、その場にいないと信じられないが、全てがでっち上げと言い切れない。

まだまだ世の中には分からないことがけっこうある。

HI330005
ポルターガイスト現象

まあ僕としては「君子危うきに近寄らず」だ。

映画「アナベル死霊人形の誕生」感想・評価‐人形には何が憑りついているのか

この夏涼しく過ごせるお薦めホラー映画ベスト15

あまりにもグロいエクソシスト映画ベストテン

トラウマになるほとグロいお薦め映画ベスト80!悪夢で眠れないよ!

 

バイオレンス、アクション、グロい刑事映画おすすめ」もよろしく。

懐かしい日本の怪奇空想科学映画ベストテン」も見てね。

tatsutatsu

関連記事

  1. 映画「哭声/コクソン」感想・評価-得体の知れない背筋の寒くなるドラマだ

  2. 映画「プリースト 悪魔を葬る者」感想・評価-韓国版エクソシストドラマはあなどれない

  3. 「ジェーン・ドウの解剖」映画の感想・評価‐解剖した美しい女性の恐るべき正体

  4. 「IT/イット”それ”が見えたら、終わり。」の感想と解説-子供にしか見えない人食いピエロの正体は

  5. 映画「アナベル死霊人形の誕生」感想・評価‐人形には何が憑りついているのか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事:ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品集

最近の記事

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

特集記事:お薦め ベストテン

特集記事:サイボーグ009の世界観

PAGE TOP