注目の記事 PICK UP!

映画「シン・ゴジラ」感想・評価-日本の日本人による日本人の為のゴジラ映画だ


サマリー

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b4%e3%82%b8%e3%83%a9

2016年公開の日本製作SF映画
総監督 庵野秀明(新世紀エヴァンゲリオン)
監督・特技監督 樋口真嗣(ローレライ、進撃の巨人)
脚本 庵野秀明
音楽 鷺巣詩郎、伊福部昭
出演 長谷川博己(進撃の巨人、MOZU)
竹野内豊(冷静と情熱のあいだ、謝罪の王様)
石原さとみ(わたしのグランパ、北の零年)

『シン・ゴジラ』予告
2016年7月29日(金)全国東宝系超拡大ロードショー 公式サイト:

『シン・ゴジラ』予告

遅ればせながら娘と一緒に一昨日見に行ってきました。

途中やや間延びしたところがあり、アブなく寝落ちするところでした。

f79fff80e43344bf

でも全体的にはまあまあな作品だと思う・・・僕はお薦めする。

僕の斜め後ろのじじいは大いびきをかいて寝ておりました。まあ賛否両論あるかもしれない。

庵野さんが総監督と言うことで、やっぱりエヴァンゲリオン タッチはしょうがない。

csc4yb9uaaiiykq

ゴジラがまるで意志のない「使徒」のように見えた・・・でも今回のゴジラが最強だ。

ハリウッド版ゴジラを除いて今までゴジラは「ぬいぐるみ」だったけど、今回は完全CGだ。

いかに「リアル」さを追及するかだが、今回は成功したように思う。

640

東京都心にゴジラが進撃しビルをなぎ倒す場面は凄く「リアル」っぽくって拍手をおくりたい。

またゴジラの形態が刻々と変化してゆく案は考えつかなかった、斬新だった(ぬいぐるみでは考えられない)。

20160802173433

それに映画が観客に媚びていない、庵野総監督が考えたシナリオ通りに作られているのは恐れ入った。

怪獣映画でありながら首相官邸周辺、東京都知事周辺、自衛隊周辺などなど、日本国家の中枢があたふたするのがもの凄く面白い、でも誰も逃げようとしない。

cqhhvczvuaayaxf

サル知恵を合わせてゴジラに立ち向かってゆくところがこの映画の「キモ」だ。

主役の長谷川さんは背のひょろ長いヤサオトコだけど、官僚っぽくて頼もしく見える・・・このキャストの起用も大ヒットにつながったと思う。

20160730224335

あらすじ

東京湾の羽田沖で噴煙があがる。海底火山の噴火か?

ところが矢口内閣官房副長官(長谷川博己)はネットの情報などから、それが巨大生物によるものと推測する。

image-3-413x300

案の定巨大生物が蒲田に上陸した。巨大生物は後ろ足を使いながら蛇行して街を破壊しながら進んでゆく。

官邸では緊急災害対策本部が設置され、巨大生物の駆除が話し合われた。

蛇のように地面を這いずり回っていた巨大説物は、起き上がり腕を形成させ第3形体に進化する。

godz-1

大河内内閣総理大臣(大杉漣)、東官房長官(柄本明)、赤坂内閣総理大臣補佐官(竹野内豊)らは協議し、自衛隊の出動を要請する。

img_4_m

財前統合幕僚長(國村隼)は攻撃命令の許可を大河内に求めたが、避難住民がいることから許可がおりなかった。

ゴジラは京浜運河から東京湾へと戻って行った。

maxresdefault

相模湾から巨大化したゴジラ第4形体が再上陸する。このままでは3時間以内に首都に到達してしまう。

大河内総理は自衛隊の攻撃命令を許可する。この作戦名はB‐2号「タバ作戦」となる。

対戦車ヘリによる機関砲が発射が発射されるもゴジラに効果が無い、大河内総理は武器の無制限使用を許可するしかもう手立てが無い。

cnt4iiivyaazqy_

あらゆる破壊兵器を投入したが、ゴジラの進行を防ぐことは出来なかった。

大河内総理は在日米軍にゴジラの駆除を要請したことを国民にアナウンスする。それに伴って都民の大規模な避難が始まった。

tumblr_inline_oc5fn2frdm1tus890_1280

米軍B-2爆撃機が地中貫通爆弾MOPⅡをゴジラに投下する。ゴジラに命中し体液が飛び散る。

ところが、ゴジラの反撃はすさまじく、熱線を体中から放射する。

20160802173433

米軍のB-2爆撃機はこの熱線によって撃ち落とされる。それどころか首相官邸から避難しようとしたヘリまでもが撃ち落とされる。

日本は大河内総理を始め主な閣僚を失う。

ゴジラは発光にエネルギーを使い果たしたのか活動を停止する。

20160814193341

米国大統領特使カヨコ・アン・パタースン(石原さとみ)が来日し、ゴジラの海外への拡散を懸念している旨を報告する。

そして米国を中心とした多国籍軍が組織され、熱核攻撃のプランが決定される。

946a2b1318714b42c60aa22ab68aa6a3

新しく立ち上がった臨時内閣に、里見農林水産大臣(平泉成)が代理の総理を務める。この内閣も熱核攻撃の決定を容認せざるを得なかった。

354182_009

果たして日本の首都 東京に3度目の核が投下されるのだろうか・・・もう残り時間が無い。

ネタバレとレビュー

この映画では、60年前に核廃棄物が多量に海洋投棄された。そして太古から生き残っていた海洋生物が放射能に耐性を持ち、これを体内に取り込み、生体原子炉を形成させる。

これが巨大化しゴジラとなったと仮説を提唱している。(海洋生物である証拠は第2形体でエラが見える。

98a0a7b6a89e65db71924686290bcc62

したがって生体原子炉を冷却し、核分裂を停止させれば一時しのぎではあるが、ゴジラの活動を停止させることが出来る。

研究の結果、血液凝固促進剤をゴジラの口から経口投与する「ヤシオリ作戦」が矢口主導のもとで決定される。

e9ab98e6a98be4b880e7949fe38080e5ae98e5839a

この作戦には米国も同調し、日米協力してゴジラを止める作戦が動き出す。

dsdsdadsdsdsd

ゴジラを米軍の無人攻撃機や爆弾を積んだ新幹線・列車群をゴジラに体当たりさせゴジラが倒れたスキに薬剤を積んだタンクローリーによってゴジラの口から薬剤を体内に流しいれる。

この作戦は成功しゴジラの動きは止まる。

img_10_m

この映画の強烈なメッセージとして「自国の防衛は自国でしなければならない」・・・を感じる。

結局ゴジラは首都に留まったままだ、矢口は「これから日本はゴジラと共存してゆかなければならない」と結んで物語は終わる。

20160713-00000032-flix-000-view

ゴジラを首都圏に近い原子炉と見立てた、これも2つ目の強力なメッセージだ。

cnt0054ukaatbpb

これだけこの映画は大ヒットしているから当然続編も作られると思う。続編はほとんどがコケルけど、このシリーズはなんとか踏ん張って欲しい。

【作業用BGM】怪獣大戦争マーチ、宇宙大戦争マーチ集【Monster Zero March】
怪獣大戦争マーチ、宇宙大戦争マーチ、フリゲートマーチ他類似曲を集めてみた…動画が諸般の事情でアレされかけたので、とりあえず対処したのを暫定版として再うp 一部楽曲が諸般の事情で事実上使えなくなったので、あの曲がねーぞ!とか思った際はお察しください 画像は陸海空各自衛隊公式より、ゴジラ出演経験のある自衛隊の装備を中心に構成 00:00 1.怪獣大戦争メインタイトル 01:44 2.怪獣大戦争マーチ 04:49 3.怪獣大戦争マーチ(OSTINATO) 07:53 4.宇宙大戦争マーチ 12:50 5.宇宙大戦争マーチ(ショートver) 15:24 6.宇宙大戦争マーチ(OSTINATO) 20:13 7.宇宙大戦争マーチ(百年紀) 25:07 8.フリゲートマーチ 25:46 9.フリゲートマーチⅡ 26:04 10.フリゲートマーチ(ゴジラ組曲 -1954-) 26:39 11.フリゲートマーチ(第2回伊福部昭音楽祭) 27:16 12.フリゲートマーチ(第1回百年紀) 28:12 13.フリゲートマーチ(第3回百年紀) 29:07 14.バラン対哨戒艇うらなみ 31:30 15.バラン対迎撃機ネプチューン 33:26 16.特車隊マーチ 34:43 17.バラン対哨戒艇うらなみ(A)(百年紀) 35:30 18.バラン対迎撃機ネプチューン(百年紀) 35:53 19.特車隊出動(百年紀) 36:08 20.爆雷攻撃開始(百年紀) 36:53 21.バラン対哨戒艇うらなみ(B)(百年紀) 37:39 22.特車隊出動(百年紀) 37:56 23.吉志舞 42:44 24.兵士の序曲 51:04 25.闘志天翔(ショートver) 53:39 26.宇宙大戦争マーチ(日立TVCM版) 55:15 27.怪獣大戦争マーチ(第2回伊福部昭音楽祭アンコール)

【作業用BGM】怪獣大戦争マーチ、宇宙大戦争マーチ集【Monster Zero March】

それにしても、伊福部昭さんのゴジラ音楽を聴くと涙が出そうになる。

TATSUTATSU

アニメ映画「君の名は。」感想・評価‐実写より実写らしい映像にため息

懐かしい日本の怪奇空想科学映画ベストテン!今見ても怖いよ

 

関連記事

  1. 「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」映画の感想と解説‐天皇の料理番山形と幻のレシピとは

  2. 映画「秘密THE TOP SECRET」感想・評価‐殺人者の脳の中は恐怖の世界だ

  3. 映画「クリーピー偽りの隣人」感想・評価‐子が親を殺す極限の世界は現実にもあり得るか

  4. 映画「CURE(キュア)」感想・評価‐見てる本人も頭がおかしくなりそうだ

  5. 「三度目の殺人」映画の感想と解説-誰が真犯人なのか徹底解説する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事:ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品集

最近の記事

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

特集記事:お薦め ベストテン

特集記事:サイボーグ009の世界観

PAGE TOP